M男の特徴って一つのフェチを追求する人が多い

M調教プレイ

フェチの数は性格と同じようにたくさんあリます。

そして、その一つのフェチに対してみんな同じではなく人によってこだわりがあり癖がありとても面白いのです。

例えば、脚フェチ。生足好き、パンスト好き、パンストならベージュ派、黒派、ペディキュアはしてほしい、ナチュラルな爪がいい、小さい足が好き、大きい足が好き、肉付きの良い太い脚に押しつぶされたい、細くてスラッとした脚で踏んでほしいetc.好きなものへのこだわりは留まるところを知らずどんどん深い世界へと向かっていきます。

M女の場合はこだわりの調教・プレイがあるというよりご主人様と過ごす時間そのものを味わいたい人が多いですが、M男の場合そのフェチプレイ自体を深めていきたい、そこに女王様との愛を感じる人が多い気がします。

男性はひとつのことを掘り下げて極めていく性質があるので、SMプレイの中でも一つのフェチをいろんな角度で掘り下げて極めていこうとする。

その発想やひらめきが素晴らしく、調教をする側は飽きることがない。

SM女王として生きていくと、そういった人たちを毎日見ることができるのでワクワクが尽きません。

浣腸好きな赤ちゃんプレイの体験談

浣腸器を見るだけでも興奮してしまうM男ちゃん。何を想像してアソコを大きくしているんだろうとついついツッコミたくなるほど浣腸が大好き。

浣腸器が大きければ大きいほど興奮してしまう。浣腸器のメモリを見ながらニタニタする変態っぷり。ブシャーと汚物を勢いよく噴射している時の顔がものすごく良い表情で感じているのがわかります。

調教日はおむつで一日を過ごしおむつが重くなって温かさを感じると気持ちが悪くなって気持ちよくなるのです。

感情が複雑で、でもわかりやすくて面白いM男ちゃん。

そしてお尻に付いたウンチを見て興奮。

反応としてはまだウンチが汚いものとわからない赤ちゃん(という設定)

おむつをして、かわいいおむつカバーをかぶせて、ロンパースを着る。

ヨダレかけにおしゃぶり、靴下や手袋をはめて赤ちゃんの丸い感じを出す。

寝返りはまだできないので、あやしながら四つん這いにさせてアナルをチェックする。

仰向けならベビーポーズを取らせて足を開かせる。

アナルやおちんちんをおむつごしに触ってあげると感じちゃってキャッキャ言い出すところも可愛い。

歳を重ねていけば体型も赤ちゃんみたいなずんぐりむっくりになるので本当に赤ちゃんみたい。

浣腸はたくさんできないから一日一回が限度。大好きな浣腸を堪能したら赤ちゃんとしてママ女王様に甘えたり、おむつ交換をしたりといった具合で普通の赤ちゃんと同じようにあやす。

M男としてではなく赤ちゃんとして調教されたい変態赤ちゃんです。

お尻ぺんぺんされたい悪戯っ子の赤ちゃんプレイ体験談

悪い事をしたらお仕置きをされるのがわかっているのについつい悪戯しちゃう子っていますよね?そんな悪戯好きな赤ちゃんは構ってほしくて悪い事をしてしまうのです。

ママ女王様のスカートの中を覗いたり、匂いを嗅ぎたくてだたをこねたり、言いつけを守らなかったり、可愛らしい悪戯をします。

ママ女王様は優しいけれど、サドなので言うことを聞けない赤ちゃんにはちゃんとわからせるためにキツイお仕置きをします。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました