射精管理という辛く苦しい沼にはまった僕が発射できない歓びと快感を女王様に植え付けられた射精管理調教体験談

M調教プレイ

射精管理という言葉を初めて知ったのはいつだっただろうか。

昔から女性にリードされるセックスに憧れてはいたものの、現実にはそんな女の子と出会えるわけがないと諦めていた。
一応彼女がいたこともあったのだが、満足のいくセックスをしたことは一度もなかった。

何度かマッチングアプリも利用してみたけれど女の子は圧倒的にMのコが多かった。そもそもSっぽい女性というのは貴重なのだ。

とはいえ、まったくSMの経験がない自分にはSMパートナー探しのサイトはどうも敷居が高い…悶々としていた時に見かけたのが、【HAJAKAN】だった。



射精管理…
エロ漫画なんかではよく見るなぁ。
以前読んだエロ漫画、年上の彼女にさんざんエッチなことされて焦らされて寸止めされた挙げ句、最後まで結局イカせてもらえず貞操帯つけられてそのままオワリだったんだよな…あれでめちゃくちゃ抜いたな…
あああんな風にされてみたい、と思いつつ気付いたら登録していた。

サイトを眺めていると、美人そうな女性が沢山いる。しかも全員Sっぽい痴女だ。
射精管理をしたいS女が集まるサイトなので当たり前なのだが驚いた。

数人と何度かやり取りを重ね、その中で一番気の合いそうなナナさんという女性に射精管理をしてもらうこととなった。
同じ20代後半で、住んでる場所も近い。
写真を見ると、大きな目で童顔の可愛らしい女性だった。少し明るい色でウェーブのかかった長い髪。Sっぽい感じはあまりしないが慣れているようだ。
普段はふつうのOLで彼氏もいるらしい。

「今の彼氏はノーマルで蛋白だから、こういうこと出来ないんだよね。童貞のM男をイジメるのが好きなの」

自分は童貞ではないけど、経験は少ないし射精管理も初めてだと伝えたら喜ばれた。普通の出会い系ではこんな痴女はそうそう見つからない。

「じゃあ、私が初めての女王様だね。嬉しいなー。私のことは、女王様とかナナ様って呼んでね」

ナナ様も初めは敬語だったが、すぐにくだけてタメ口になっていた。いっぽう自分は敬語のままで「はい、ナナ様。よろしくお願いします」と返事をしていた。

そして射精管理が始まった。まずは、勝手にオナニーをしないこと、勃起した時は報告することを約束させられた。

「〇〇君はどんな身体してるのかな?見たいなぁ。ちょっと下着姿になって撮ってみてくれる?」

そう言われ、服を脱いでパンツ一枚になり自分の首から下を撮って送った。貧相なので恥ずかしいですと添えて。

「いいじゃんその方が、M男っぽくて。女の子にイジメられたいんでしょ?」
「ほんと細いね。背も低そう。オチンチンも小さいのかなー?」

すぐにそう返事があり、立て続けに写真が送られてきた。そこには下着姿のナナ様が写っていた。
ベッドの上でパジャマをはだけさせ、紫色のレースのセクシーなブラとショーツ。胸はCカップくらいだろうか。
生活感のある室内が生々しくて勃起してしまった。

「◯◯のも見せて?」

どんな角度で撮れば良いんだろう、と思いつつ自分のチンコを撮って送った。

「なんで勃起してるの?仮性包茎かな。かわいいオチンチンだね」

「ナナ様の下着姿を見て勃起してしまいました。すごく綺麗です」

「ほんと?嬉しいなぁ。ねぇ、違う角度からも撮って」

今度はさっきとは反対側から、タマも写るようにして撮ってみた。女の子に自分のチンコを撮って送るなんて初めてで興奮していた。

「ほんとかわいい。陰毛さわさわして、オチンチンにフーって息吹きかけてあげたーい笑」

もちろんそんな事を言ってもらったのも初めてだった。もうチンポはギンギンで、今すぐ触りたくなってしまった。
「もうオナニーしたくなっちゃった?」
「はい…」
「どうしよっかなぁ。我慢できる?」
「オナニーしたいです…」
「んー。じゃあちょっと触っていいよ。ガマン汁出たら手を止めて、先っぽの写真撮って」

言われた通りに少しシゴいて、ガマン汁が出たところを撮って送った。

「おいしそう。舐めてあげたいなぁ。また触って、いきそうになったら止めて我慢して」

出そうになるのをこらえるのは辛かったけれど、キレイな女性にオモチャにされているような感覚がたまらなく、全身がゾクゾクして息が荒くなった。

「どうしても射精したかったら、お願いしてごらん?」
何度か寸止めを繰り返したあとナナ様にそう言われた。

「ナナ様、射精させてください、お願いします」

「我慢できない悪い子ね。仕方ないなぁ、いいよ。精子出したあとも見せなさい」

何度も我慢させられてからの射精はものすごい快感だった。ティッシュに出した大量の精子と萎んだチンコを写して送った。

「たくさん出たね。気持ちよかった?もう◯◯のオチンチンは私のものだから、勝手に触ったらダメだからね。明日からはしばらく我慢だよ」

寸止めを繰り返してからの射精がこんなに気持ちいいとは知らなかった。
俺はすっかりナナ様に骨抜きにされてしまった。

翌日から我慢の日々が始まった。

ナナ様とは毎日メッセージのやり取りをしながら。

好きな音楽や映画など他愛もない話をするときもあったが、たいていすぐにエッチな話になった。

「私とセックスする時はどんな体位でしたい?」
「今まで、女の子にどんな風にイジメられる妄想してたの?」

ナナ様はそうやって次から次へと質問してきて、これまでしまい込まれていた俺の願望をどんどん引き出してきた。

「縛られて乳首やアナルを責められてみたいです…。セックスの時は顔面騎乗とか騎乗位で、言葉責めしてほしいです」

こんな会話をしているとオナニーしたくなる。
更にナナ様は時折、セクシーな自撮り写真を送ってきたり、「こうやってイジメてあげたい」と拾い物のSMの画像を送ってきたりした。
全裸で拘束され「淫乱奴隷」と身体に落書きされた男や、首輪をつけられてアナルにバイブを突っ込まれている男の画像…

自分が女王様にそうされるところを想像するとすぐに勃起してしまった。勃起したら報告しなければいけない。
大きくなってしまいました、と伝えたり、写真を撮って送ると
「いやらしいオチンポだね」
「私に見られて恥ずかしい?見てくださってありがとうございます、って言って?」
などと辱められ、ますますチンコは固くなった。

我慢し始めて2週間が過ぎた頃。どうしてもオナニーしたくなりナナ様にお願いしてみた。
「射精したいです。オナニーさせてください…」

「えー、もう我慢できないの?まだダメだよ。うーん…じゃあさ、一回電話しよっか?」

いきなりの発言に驚いた。心の準備ができていないまま、突然電話をすることになった。

「もしもし?」

電話口から聞こえてきた声は、知的で落ち着いた雰囲気だった。そして色っぽい。

「あのね、私◯◯のこと結構気に入ってるの。一生懸命我慢してるの見てるともっとイジメたくなっちゃう」

「あ…ありがとうございます。ナナ様に射精管理していただいて嬉しいです…」

「ふふ。だんだん奴隷らしくなってきたね。ねぇ、もう少し我慢できる?そしたら…直接会って調教してあげる」

背中にゾクッと電流が走るような感じがした。俺は考えるより先に、できます、と返事をしていた。そしてあと2週間我慢したら会ってくれると約束をしてもらい、電話を切った。

それからの2週間は不思議とあっという間に過ぎていった。
会える日を指折り数えていたのだが、いつの間にか我慢させられていること自体が快感になっていた。

女王様に支配され、言いなりになっていると思うと、射精は出来なくても全身に快感が走った。それは自分で手軽にするオナニーとは比べ物にならないくらい気持ちがいい。



そして、射精管理が始まって一ヶ月以上が過ぎ、ついにナナ様に会える約束の日を迎えた。

あの日のことは一生忘れないと思う。会ってからも何時間も焦らされ辱められ、そして最後には何度も強制射精させられて搾り取られた。
俺は人生で初めて最高に満たされるセックスをした。

ナナ様には今も調教を続けてもらっている。
が、童貞や慣れていない男が好きだという彼女のことだから、そのうち飽きられてしまうのかもしれない。

その時に備えて新しい女王様を探そうかと考えている。
管理される快感を知ってしまった今、女王様のいない生活には戻れそうにないから…。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました