本当は深いアナル責め用語の世界

M調教プレイ

実は古代から長い歴史を持つアナルセックスは、その歴史に見合う分の多種多様な関連用語を世に生み出しています。

たとえば「逆アナル」や「おかまを掘る」などといった言葉は、一般の人にとっては意味が分からなかったり、意味を誤解してしまう危険性のある言葉と言うことが出来るでしょう。

そこでここではアナル責めやアナルプレイに関わる用語を多数ご紹介し、トレビア感覚で新しい言葉を覚えてもらいながら、アナルセックスについてさらに知識を深めてもらおうと思います。

アナルセックスを表す言葉のいろいろ

いわゆるアナル、正しく厳密にいえばアヌス、つまり肛門に性器を挿入するプレイのことをアナルプレイ、アナルセックスと呼びます。
そしてこの性交方法についての呼び名はとても種類が多く、現代であれば「肛門性交」などのほかに、「おかまを掘る」「けつ取り」「鶏姦」とも呼ばれます。

「おかまを掘る」は関西では自動車が自動車に後ろから追突した場合などにも用いられる言葉で、これは今でも十分通用する呼び方です。
一方「けつ取り」は江戸時代などによく使われていた言葉で、現在はあまり用いられない言葉となっているようです。

最後に挙げた「鶏姦」は、鳥類が総排出腔と呼ばれる排泄も担う器官で交尾を行うことから来る言葉です。
以上のように由来がそれぞれ違っても、シンプルにアナルセックスを意味するだけの言葉は多数あるのです。

立場によって変わる呼び方

アナル責めをする側とされる側によって変わる言葉も多数あります。
たとえばアヌスに挿入する側は「タチ」や「バックタチ」、される側は「受け」や「バック受け」と呼ばれます。

また、男性が女性に対して行うアナル責めはそのままアナル責めと呼ばれますが、女性から受けるアナル責めは逆アナルと呼ばれます。
このようにアナルセックスは通常のセックスに比べて、それを行う者の立場や優先度が重要な意味を持ち、それに伴って言葉も変化するのです。

アナルプレイに深く関わる同性愛文化

ここ数年はLGBTに関する情報が広く世間に浸透し、今ではすっかり偏見や差別も少なくなってきました。
ただ実のところ日本は元々同性愛、特にゲイ文化に対しては寛容な文化を長く保っており、その影響もあってかアナルセックスに関わる国内の用語には、ゲイ文化と深く関わるものが多数残されています。

たとえば日本では年が明けたあとの初めてのセックスのことを姫始めと呼びますが、その相手が女性ではなく男性である場合は「殿始め」と呼びます。
また同じように女性が持っている具合の良いアソコは名器と呼ばれますが、男性の場合は「名門」と呼ばれます。

そのほかにもアナルプレイを行う際に用いる潤滑剤として、今はワセリンやローションなどが用いられますが、江戸時代には「通和散」や「練木」といったものを用いる場合が多かったようです。
このように同性愛に深く関わる言葉がアナルプレイに関する用語には多いため、たとえゲイでもバイでもジェンダーでもないストレートの人でも、アナルセックスについて深く知りたければ、こういった知識については貪欲に吸収していく必要があると言えるでしょう。

アブノーマルからノーマルへ?

ここまでに見てきたように、アナルプレイに関する数々の言葉、用語はアブノーマルな響きを多分に含んでいる印象です。
そのため今もなおアナルセックスが特殊なプレイとして受け入れられているように、これらの言葉はまだまだ一般の男女に広く知られることはないと思います。

しかし途中触れたように近頃はLGBTに対する差別意識も世間で薄れてきていますし、さまざまな価値観の存在を認めるのが当たり前のような時代になってきています。
そういったことを考えてみると、時間はまだまだかかるものの、今後は次第に今回ご紹介したような用語が広く使われるようになっていくかもしれません。

どちらにしてもアナルプレイ全般は特にマゾ男性に長く愛されていますし、近頃は若い男性のマゾ化が広く進んでいるようですから、今回ご紹介した用語はよく覚えておいて損はないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました