強制搾精プレイのすゝめ!奴隷の精子を何度も搾り取るためのコツ

M調教プレイ

強制搾精…つまり本人の意思とは関係なく強制的に精子を搾り取る事です。
手コキ、足コキ、フェラチオである程度の精子を搾取する事は可能でしょう。
しかし、それにも限界があります。
そんな時に役立つのが搾精機と呼ばれるものです。搾精機とは、その名の通りペニスから精液を吸い上げる機械の事です。
別名:搾精マシン、オナホマシン
搾乳機のペニス版と考えて頂ければ分かり易いでしょうか。
円形の透明な吸引具を勃起したペニスに取り付けて稼働させると、ペニスが空気圧で前後に動かされて、強制射精を誘発させる。
(※吸引具を取り付ける際は、陰毛を処理してパイパン化する必要があったりする。そうしないと吸引具が上手く密着できない)
…だが、「電マとコンドーム」があれば精液をより低コストで簡単に強制回収できる為、現実において、コストのかかる搾精機を使用する意味は、ほとんど無い。
一応、家畜業のように「射精を自動化」してあるのなら、全くもって需要がないわけでもないのだが…オナニーで精液を回収できる人にとっては、無価値の可能性が高い。
(乳首から母乳を回収する搾乳器は、多少の有用性があるが……搾精器にはメリットがさほどないので、あまり販売されていない)

しかし、この機具は、エロ要素がとても強い。そのため、Hな魅せプレイとして使う分には大変有用である。
エロ要素の説明の説明をすると、

◇ 精液を搾り取ることに特化している
搾乳機らしきものが見えた途端、対象者に何が行われるのかがすぐわかる。
また、ペニス責めをハッキリと強調する性質があるので、見ていてエロティックである。

◇ 強制回収
これを取り付けられたら、ほぼ確実に、精液を無理矢理奪われてしまう。抵抗の権利はない。
「強制」というのは、性欲をそそらせる一因となっている。

◇ 精液をしっかり回収できる
そのまま精飲させたり、精子を強制受精などに利用したりする。使い道は色々。

◇ オートメーション化
搾精機にペニスを突っ込めば、射精は、ほぼ確定である。
その為、自動化しやすい。機械姦や施設の調教とかに向いている。
(ちなみに余談ではあるがAV男優によると筋トレを行って、精液の元になる栄養を十分に取っていれば、3~4時間に一度は射精できるらしい)
(もう一つ余談だが、人間のペニスは、勃起を1時間以上続けさせることが望ましくないため、搾精機による調教であっても、適度な休憩時間が必要だったりする)

◇ メディカル的な要素を含んでいる
病院で使われそうな要素……例えば、搾精を義務にしたり、恋愛要素を排除して業務的に搾精を行ったり、恥ずかしい気持ちにさせたり……といったプレイが行える。

◇ 快感に特化
ポンプ型ではなく、オナホ型の搾精機であれば、快感はトップクラスであろう。
極上の快楽を覚えながら強制搾精される様子は、大分エロいと思われる。

◇ ペニスの性開発
ペニスにたっぷりと快感を与えたり、焦らしプレイで射精しないようにしたり、縛り上げて射精できないようにしたり、強制的に早漏化させたりする。

搾精機は、オナホール的な要素も含むことができるので、創作系の搾精機にはオナホールとしての機能が採用されていることもよくある。

精液の吸収を目的としているのであれば「搾精機」として扱うこともできるだろう。
(精液の回収そのものは目的とせず、精液の放出訓練を行ったり、強制射精させて快感を強引に与える場合にも、搾精機が使える)
(…つまるところ、ペニスを包み込むような物や穴があって、機械の動作によってペニスから精液を搾り取れるのなら、それは搾精機である)

◆ 搾精機の種類について
♢吸引具
大型の透明な管。搾精機の基本型。
けれど、快感はさほど強くないので、エロ画像とかではオナホ型の搾精機が採用されやすい。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました