鞭打ちで重視するべきは音?痛み?それとも…?女王様の鞭打ち論

M調教プレイ

鞭打ちはただ単純に打てば良い?

答えはNOです。

鞭打ちが相手のことを何も考えず、ビシッビシッと叩くものだとしたら相手は単に鞭で打たれた痛みと鞭の跡だけが残ってしまいます。

まず鞭打ちプレイはどう楽しむものか考えてみましょう。

鞭打ちプレイはSMの中でも痛みを伴う『痛み系プレイ』の内の一つです。

痛み系プレイで一番重要になってくるのが、痛み系プレイは、痛みの後の快感を増す為に有るのです。

そこで重要になってくるのが痛いけれどもそれと同時に気持ち良いと感じる状態作りです。

例えば、ベルトの様なモノで自分の太ももやお尻を数発叩いてみてください。その後、叩いた部分をそっと撫でたり、軽く爪で触ってみて下さい。

敏感になっているのが分かったりピクッと反応してしまいませんか?ヒリヒリと敏感になったり熱を持つから「皮膚感度が高まっている」のです。

鞭打ち等の痛み系プレイは全てこの原理から成り立っています。

その原理を踏まえた上で鞭打ちについて考えていきましょう。

まず、最初に鞭打ちについての考え方です。

『自分が打ちたいからしてる』というのは全く持って論外です。

ひたすら強く鞭打ちをする人、ずっと同じ調子(単調)に打つ人、これらのパターンの鞭打ちでは、元々余程の感度の良い身体か激しいM性を持って居ないと、痛みの先にある快感の世界を閉ざしてしまいMの世界を小さくさせてしまったり、プレイのバリエーションを乏しいモノにしてしまうので注意が必要です。

鞭は痛みを与えるモノで、尚かつスパンキングとは違い、肌の接触が無い部分、Mの気持ちや反応(声・表情・皮膚の赤みや汗をかいているかどうかまで)を注意深く見て、「感じる事と痛みと気持ち良さを混合」させる配慮が必要なのです。

こういった配慮をしないと単に痛みのみが残る為、M男を満足させることが出来ません。

私が考えるM男を満足させられる鞭打ち

具体的な鞭打ちの例を挙げる前に、どんな鞭を選べば良いか、という質問に応えたいと思います。

まず初めはバラ鞭が良いでしょう(あくまで個人的意見です。)

アダルト、SM用品店で1万円前後くらいで売っている持ち手が25cm以上、バラの部分が8~12本に分かれている位で、トータルの長さが1m20cmくらいまでの鞭をおすすめします。

材質はもちろん皮ですが、実際に触ってみて手触りが柔らかいモノを使用して下さい。

硬い材質の場合、思いっきり振り下ろすと裸の場合はダメージがきつく切れてしまう可能性が有るのです。痛みは素材ではなく、鞭打ちのテクニックで与えましょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました