非現実感が味わえるペットプレイとは?意味から楽しむコツまで解説

M調教プレイ

SM好きの方なら、ペットプレイという言葉を一度は耳にした事があるかもしれません。
SMが流行するにつれて、この言葉も段々と知れ渡るようになってきました。
飼い主として動物を躾ける、またペットとして飼い主に仕えたりとプレイの幅は様々です。
今回はそんなペットプレイについてより深く理解して頂く為に、ペットプレイの意味から様々な情報についてご紹介したいと思います。

ペットプレイとは?

・SMの一種でパートナーを動物(ペット)として扱いプレイをする事
・または、パートナーに動物(ペット)として扱ってもらいプレイをする事

呼び方は、ご主人様・飼い主様⇔奴隷犬・雌(雄)犬である事が多いです。

「ペットを飼っている人」と、そして「飼われているペット」
このような関係性だと考えれば、分かりやすいかもしれません。

ペットプレイのやり方について

SMプレイには、それぞれ【このプレイならコレ】といった代表的なものがいくつか存在します。
例を挙げると緊縛プレイなら「縄」「ロープ」
スパンキングなら「鞭」「パドル」といったものです。
ペットプレイでの代表例で言えば「首輪」「リード」になります。

ですが、首輪とリードがなければプレイが出来ないわけではありません。
アレンジを加えてもよし、相手と二人だけのペットプレイの世界を作り上げる事だって可能です。
しかし、初めての人からしたらそんな事言われても難しいですよね。
そこでペットプレイ経験者はどのような感じでプレイをしているのか、その一例をあげさせて頂きます。

・首輪を装着させそのまま生活させる
・四つんばいで生活させる
こちらの二つはペットプレイの中でも簡単に出来る部類です。
相手にペットとしての環境に慣れさせるのが目的です。

・家の中をリードをつけてお散歩
リードに繋いで家の中をお散歩する事で、相手にペットとしての実感をより沸かせる事が出来ます。
行く方向を命令したり、時にリードをグイッと引っ張ってみたりするのも面白いです。
こういった行動をする事で相手に自分の事を主だと分からせる事が出来て、徐々に主従関係が芽生えてくるでしょう。

・外をリードをつけてお散歩
相手がペットとしてより慣れてきたと感じた頃に、野外や露出にも慣れさせる為に外でリードをつけてお散歩をする人もいます。
第三者の人に迷惑にならないように、夜間や人目につかない場所で行うなどの配慮が必要不可欠です。

・ペットとしての食事、排泄をさせる
犬や猫は基本皿に盛られた餌を食べたり、ペットシーツやペットトイレに排泄を行います。
相手にもペットとして同じような対応で犬食いをさせたり、トイレを使うのを禁じてペットシーツやペットトイレで排泄をさせます。

・尻尾付きアナルプラグを付ける
ペットプレイ愛好家にとって、アナルグッズの尻尾付きアナルプラグは外せません。
身に着けさせる事によって見た目がよりペットに近づくので、オススメのアナルグッズです。
事前に相手のアナルを拡張しておく事と、浣腸が必要になります。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました