謎多きSMグッズ「ハンブラー」の使い方と楽しみ方

M調教プレイ

見た目は何かの部品、たとえば車両パーツの一部か何かにしか見えないSMグッズがあります。
その名はハンブラーと呼び、マゾ男性やサド女性の一部がよくSMプレイで用いる特殊なSM調教アイテムです。

長年SMプレイに関わってきた人でも、何らかの縁やきっかけがなければ、その存在自体を知らないままに終わってしまう場合があるアイテムでもあります。
そんなある意味貴重なアイテムであるハンブラーですが、その具体的な使い方を商品画像を見ただけで理解できる人はどのくらい居るでしょうか?

今回はそんな見た目だけでは何の意味もないものに見えるハンブラーについて、その具体的な使い方と楽しみ方についてじっくり解説していこうと思います。

あっと驚く単純な構造

一体どこをどのように動かして使うのか?素人であれば全く思いもよらないと思いますが、たとえSM慣れした人でもこのアイテムの使い方はなかなか思いつかないかもしれません。
実はこのアイテムの見た目で特に重要な部位は二点あり、一つは中心に空いた穴、そしてもう一つは左右にあるネジが付いたハンドルのような部分です。

まず第一に穴の部分には何が入るのかといえば、ここはピンと来る人が多いのではないでしょうか?もちろんそれはペニスです。
しかしより具体的、厳密に言えば、それはペニスの中でも睾丸と呼ばれる部位に当たります。つまりここに空いている穴は睾丸を拘束するためにあるのです。

そしてその後注目したいのが左右のハンドル部分です。これは睾丸を穴に通せばわかりますが、ちょうど太ももの裏に配置され、その場で固定される部分です。
ここまで状況が理解できたなら、ハンブラーの使い方とその効果が分かるのではないかと思います。

つまりハンブラーとは、男性の睾丸のみならず、下半身全てを拘束して曝け出し、恥辱を与えるためのSM調教アイテムなのです。
しかも左右のハンドルに付いているネジを動かすとまた別の効果が表れます。実はこのネジを回すと睾丸の締まり具合と、左右のハンドルが太ももを圧迫する力が変化するのです。

よってネジを回せば回すほどに、睾丸は引っ張られ両足は身動きがとれず、危機感と痛みにさらに苛まれることになるのです。
言葉だけではその過激な刺激を表現しきれないのですが、単に睾丸を拘束するだけの驚くような単純構造にも関わらず、これほどの影響を与えるという点こそが、ハンブラーの凄さと言うことができるでしょう。

アナルプレイと併せるとより過激に

ハンブラーによって睾丸と下半身を拘束、固定された状態だと、マゾ男性はそれだけでマゾヒストとして被虐の快楽を味わえることでしょう。
しかしただそれだけでは拷問器具を使った放置プレイに過ぎませんから、ここにさらにもう一つ強い刺激を与えてやるのも一興です。

その一興にはいろいろな手法が考えられますが、特にハンブラーと相性の良いプレイと言えば、なんと言ってもアナルプレイではないかと考えられます。
ハンブラーによって固定される両足は、なにも閉じたままではなくて大きく拡げた状態で固定することも可能です。

ですから大股を開いた状態でハンブラーにより下半身を固定されると、睾丸とペニスを隠すことができないばかりか、アヌスも強制的に露出されてしまいます。
その時点で露出プレイのような強い快楽を得られる人も居るかと思いますが、さらにそこにアナル責めを追加すれば、ハンブラーはより大きな貢献をしてくれることでしょう。

強制的に性器と肛門を晒されたまま、女王様などから激しいアナル責め等を受けると、どのようなマゾ男性も一発でハンブラープレイの虜になってしまうかもしれません。

意外と安価でしかも丈夫

アダルトグッズの中にはピンキリと言って良いくらいに品質に差がある物が溢れていますが、ハンドラーはどちらかというと安価な部類に入るアイテムとして知られています。
他の本格的なハードSM調教用アイテムとなると、たとえば吊り緊縛のための設備ともなると数十万の施行費が必要になったりもするものです。

それらに比べるとたったの数千円で手に入るわりには、調教効果も高いハンドラーはとてもコストパフォーマンスの高いSMアイテムだと言うことができるでしょう。
また、ハンブラーはそれを販売するメーカーや製品によってその材質が変わりますが、たとえそれが木材であっても十分に丈夫な造りをしている場合が多いため、初心者でもプレイに導入しやすいアイテムと言うことができます。

それにそもそも睾丸を拘束されている状態では驚くほど男性の身体は力が出ないようになるため、本気で力を込めてもハンブラーは一度装着されたら自力で外すのはほぼ不可能ではないかと思います。
このようなことを知っているとなおさらにハンブラーというSM調教道具の恐ろしさが実感できるかと思いますが、その恐怖感に得も言われぬ興奮や魅力を感じてしまう人こそ、真剣に自分が受けるSM調教にこのアイテムの導入を検討してみる価値があるように思います。

あらゆる被虐を耐え抜いた人に

ハンブラーで味わえる被虐の快楽は、たとえこれまでに様々な緊縛や拷問道具に耐え抜いてきた人でも、それを受ければ新鮮な感覚が味わえるほどの個性的な魅力を持っています。
そのため、長年SM調教を実際に経験してきた玄人マゾ男子や、多くのマゾ男性を調教してきたSM女王様のニューアイテムとしてぜひ採用を検討してみてほしいところです。

SMプレイに詳しい人たちの間でもその存在を知らない人が少なからず居るハンブラーの使い方と楽しみ方は、SMに熱心なマゾ男性であればぜひとも一度深く研究してみてほしいところです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました