レザーフェチ必見レザー素材の詳細・魅力紹介

M調教プレイ

器具やコスチュームなどSMグッズで多用されるレザー素材。
耐久性と見た目のアダルト感からレザーフェチになるSMプレイヤーも多いことと思いますが、
一口にレザーと言っても本革や合皮などによって使用感や耐久度も変わってくるため奥が深い世界になっています。
今回はその魅力と特徴について紹介していきましょう。

素材

レザーの材質によって強度やお手入れのしやすさ、見た目などかなり細分化されているので大きく3つに分けて、それぞれの特徴をまとめてみました。

合成繊維

ナイロンやポリウレタン、ポリエステル、アクリルなど、一度は聞いたことのある合成繊維で作られたレザー素材。
コストが低く大量生産も可能なため、一般に広く普及しています。
素材が軽い分、取り扱いも楽に出来て初心者でも簡単に扱う事が出来ます。
見た目が皮っぽくない質感をしていますが、その分本革では作れない複雑な形状のグッズや様々な色合いを楽しめます。
デメリットとしては、やはり安っぽさが出てしまう事。
初心者が入門的に安価のバンドや手枷には向いていますが、より雰囲気を重視したプレイではちょっと浮いてしまいますね。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました