【体験談】まさかの美人女王様から人生初の貞操帯射精管理をされた話

M奴隷初心者向け情報

お恥ずかしい話なんですが、僕は「セルフ射精管理」が好きです。最初は、オナ禁がきっかけだったと思います。100日オナニーを我慢し続けると、やる気がみなぎって、すごいことになると友達に聞いたので、やってみたのです。

確かにオナ禁をすると、体調がよくなったような気もします。

しかし、1番の変化は、オナ禁後の射精の感度の高さです。

久しぶりにする射精が、とてつもなく気持ちがいいのです。

律動も激しく、精子の量が大量でした。しかも、精子の粘度が高く、一回の律動のたびに快感が走ったのです。

そして、現在では期間を短くして射精管理を楽しんでいます。

一週間我慢するのも、一か月我慢するのもあまり変わらないことに気付きました。

確かに1番快感が強くなるのが、オナ禁1週間くらいのような気がします。

でも、それはそれで1週間も我慢しなければならないので、あまりハッピーではないのです。

一体どんな我慢をするのが1番いいのか自分でもわからなくなっていたのです。

確かに毎日1人エッチを楽しみたかったのでしょう。

本当に恥ずかしいお話ですが…

こんな感じですから、女性にその状況を知られたくはなかったですし、知られたら確実に嫌われることだと信じていました。

そもそも彼女がいて、セックスをしていたとしてもこんな性癖を知られたら、別れを切り出されてしまうでしょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました