男の潮吹き体験!M男快感の向こう側へ…

M男調教体験談・告白
▼ PR ▼
リサ女王様

男の潮吹きって結局なんなのか?

・潮吹きのメカニズム

男性の潮吹きと女性の潮吹きとはまったく異なるものという研究もあるようですので、ここでは男性の潮吹きを考えてみようと思います。

男性の潮吹きに関しては、2018年の日本性機能学会総会にて川崎医科大学泌尿器科の研究チームによって発表された研究があります。その研究によると、噴出される液体は成分が尿とほとんど一緒という結果になりました。

また、潮を吹くときに最初に尿も混ざってしまうため尿と同じ成分という結果になることもあるそうです。
さらに実は尿とは異なるものだという意見もあり、所説あります。要は潮吹きするときに噴出する水分の正体ははっきりわかっていないというのが結論です。(たしかにそれを大学の医学部の研究チームが真剣に研究していると思ったら、少し微笑ましいですね)

現象としては前立腺および骨盤底筋(PC筋…おしっこを我慢したり、切ったりするときに使う筋肉です)の繰り返し行われる収縮と弛緩が、そのきっかけとなっているようです。あの律動(ドクンドクン)が気持ちいい時に現れるようです。

潮吹きをする方法

潮吹きをするには、次の2つがあると言われています。

1.射精直後亀頭刺激法

これはAVなどでよく見られるまさに「男の潮吹き」です。最近聞くようになったお掃除フェラの時に、少ししぼみはじめたペニス(とくに尿道口付近)を円を描くようにグルグルと若干強めに刺激を与えると、潮を吹かされてしまうといった感じです。
腰が引けてしまう感じのかなり強い刺激なので、なかなか自分で達成するのは困難かと思います。パートナーがいれば達成しやすいと思います。

2.前立腺刺激法

こちらは少し上級者向けの技かもしれません。
エネマグラやディルドなどの器具をアナルに挿入し、おなか側の腸壁を通して前立腺を刺激することで潮を吹くという手法です。
そもそもアナルに挿入する時点でかなりのハードルです。何かを挿入する器官ではありませんので、相当のリスクを伴います。それさえ納得して行えば、究極の性的嗜好とさえ言えるかもしれません。

潮を吹くことよりも前立腺、その奥の精嚢、射精管、更に奥のS字結腸の快感を求めるようになっていく可能性があります。

もうセックスなんかいらない!という猛者もいますので、覚悟を持って挑戦したらいいと思います!

・潮吹きをする際の注意点

射精後亀頭刺激法の場合は、敏感な亀頭をかなり強く刺激しますので清潔にしておくことをお勧めします。(野外でする人はいないと思いますが…)傷つきやすい場所ですので。

亀頭刺激の場合は、激しい男性で1mほど吹き上げてしまうこともありますので汚れてもいい環境を整えましょう。
ビニールシートを敷いておくとかお風呂で楽しむのがお勧めです。

前立腺刺激の場合は、とくに注意が必要です。
一番ケアが必要な臓器は直腸です。腸壁の向こう側にある前立腺を刺激しますので、激しくやりすぎると傷がついてしまいます。
また潮吹きが目的ではなくなってしまうほどの強烈な快感に襲われることがありますので、覚悟を持って遊んで欲しいと思います。

【体験談】風俗以上の興奮!ネットで出会ったエロ女性!

出会い系サイトで気になる女性とマッチング

私は出会い系サイトをずっと利用していましたが、その女性(千草さん)との出会いは「刺激的な出会い」という掲示板でした。
普通の出会いを求めていたのですが、やり取りの中で「私とってもHなんです…」との発言があり、私もテンション上げて対応していました。
しかも彼女は私とほとんど同年代の40代でした。

メールのやり取りの中で、なんと彼女は「アナルを責めるのが好きなんです」と言ってきたんです。以前、指で責められた経験はあったもののまったく自信はありませんでした。
でも、非常に積極的な彼女に乗せられっぱなしでした。

まさかの即ホテル!?〜出会い当日

出会い系サイトでは、なかなか会えないことも多いのでいつもすっぽかされることも考えますし、冷やかしも覚悟していました。
ところが千草さんは「良かったら今から会えませんか?」という嬉しいメッセージをくれたのです。
私は、ふたつ返事で会うことにしました。
待ち合わせ場所と車種を伝え、行ってみるとそこにはきちんと彼女が待っているではありませんか。とても質素な感じの女性で「私Hなんです」という言葉が、信じられない雰囲気でした。

千草さんは痴女に豹変!

すぐに私の車に乗ってきてくれたのですが、車中ではうつむき加減であんまりしゃべってくれませんでした。
ホテルの部屋に入って一服したあとも笑顔を見せてはくれるのですが、ずっと黙ったままだったんです。
シャワーをそれぞれ浴びた後もベッドに入るまでは、ずっと静かな感じでした。

しかしベッドに入るなり豹変したのです。激しく舌を挿れてくる…そして乳首をはじきながら、段々下がってくる細い指先…本当に驚きました!
さらに爪の先で敏感なところを優しく責めてきたのです。

必要以上の亀頭マッサージで刺激を与えられ悶絶!

彼女のペニスに対しての執着が本当に凄いものだったんです。
玉から責めてきてなかなか上に上がってこない…根元をキュッと締めたりしながら徐々に上がってきて、ついに裏筋、先っぽへ…気を失いそうでした。

その後は、柔らかくした唇に包まれたかと思うと、一気に喉奥まで…いったいどのくらいの時間責められたかわからなくなってしまい、気を失いそうになったのははじめてでした。
裏筋と先っぽへの責めは本当に悶絶でしたし、足ピン状態になってしまい時々足が震えてどうしようもない状態だったのです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました