上手な言葉責めのやり方を調べてみた

M調教プレイ

セックスやSMプレイの際になんだか盛り上がらない…、プレイに集中できないな…となった覚えはないですか?

体調や相手とのフィーリングのせいもありなかなか盛り上がるのが難しい時ってありますよね。

盛り上げたい…でも女性が主体となって盛り上げるのって難しいですしどうしていいか分からない…

そんな時にお勧めなのが言葉責めです。

言葉責めを行うことよってプレイに集中できたり、プレイ中の会話が増えて2人の中が急接近することだってあります。

言葉で巧みに奴隷の気持ちを弄び、興奮させ、もっとご主人様を求めるようになってた姿には大変興奮しませんか?

でもSMプレイに留まらず、言葉責めというのはかなり難しいですよね?

かなりテクニックやセンスが必要になりますし、何より言葉を発するこちらまで少し恥ずかしくなってしまいます。

言葉責めが上手な人はとても魅力的ですしそういう人たちがどんな言葉責めを普段から行なっているのか気になったので調べてみることにしました

言葉責めで注意すること

まず言葉責めで注意することが自分のパートナーが言葉責めをされることに抵抗がないことです。

というのも言葉責めというのは受け取り方によって様々な受け取り方がありまして、セックスやプレイに集中したい!と、言葉責め自体を毛嫌いする人だっています。

そういう人にはあまり言葉責めはしない方がいいかもしれませんがそれではセックスやプレイが白ける一方です。

だからそういう方に向けての言葉責めは「軽く優しい言葉責め」でいきましょう!

軽く優しい言葉責め

愛を伝える系

「好きだよ」「○○は今日もかっこいいね?」「愛してる」「私だけの○○だからね?」

相手に愛を伝えたり相手が嬉しくなることを伝えることだけでも全然大丈夫なんです。

それで相手が興奮してきっといつもと違ったセックスやプレイができるはずです。

大事なことは入り込むことです。相手が張り込みやすいように自分が入り込みましょう。

行動をねだる言葉

「こっち見てよ」「もっとこうして?」「声出してもいいんだよ?」

行為をねだることは普通のセックスでもよくあることだと思います。

ここから徐々にSMでおける言葉責めの準備をして行くことがおすすめです。

もしこれで男性が喜んでいるようならどんどんキツイ言葉責めにしていってもいいのではないでしょうか?

もしここでちょっと嫌そうだなという態度だったらその人は言葉責めには向いていないかもしれません…他を探してみましょう。

こういった軽い言葉責めは言葉責め自体が苦手な方にも入りやすい言葉責めですし、お互いの反応を見合うのにはちょうどいい言葉責めだと思います。

だけどやっぱりもっとキツイ言葉責めをしたいと思うのが女王様の気持ちだと思います。

次からは実際にSMプレイで使える言葉責めについて紹介していきたいと思います。

SMプレイで使える言葉責め

状況を相手に伝えてみる

「もうこんなに勃起してるの?」「お汁が垂れてきたけどどうしたのかな?」「乳首もビンビンだけど?」「こういうのが好きなんだ」

相手の反応を見て今こんな状況だよと伝えてあげるとマゾ男性は自分が恥ずかしいと思っていることを女王様に言われるとバレてるんだという気持ちから必ず興奮します。

この辺りの言葉責めなら初心者のマゾ奴隷だとしても入りやすい言葉責めだと思います。

ただここで注意するべきはあまり言いすぎないことです。

状況を1つ1つ実況のように口にしてしまうとマゾ奴隷も「わかってますよ」と思ってしまうでしょうし大きな出来事をピックアップして伝えることが大切です。

あくまでも言葉責めの始まりとして言ってみるのがいいでしょう。

どうされたいかを聞いてみる

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました