鞭の種類とその効果

M調教プレイ

SMと言ったら女王様、女王様と言ったら…鞭!スパンキング!っという具合に勢いよく連想してしまうそこの貴方、その気持ちとっても良く分かります。
手練れの女王様に打たれたい!という心の声がここまで聞こえてくるようです。
しかしそんな貴方にあえて問いたい。
女王様の使用する鞭って実際どれだけの種類があってどんな特徴があるのか?と。
ご存じでしたか?

案外、ここを知っているM男性ってそうそう居なかったり。
勿論熟練のM男性や、スパンキングへ並々ならぬ熱意を持っているM男性は除外しますが…
Mデビューしたての男性、またはSMに憧れを抱いてて勉強中というM男性にとっては全くもって未知の領域ではないでしょうか?
そこで考えてみて下さい。
鞭って、振るわれるその瞬間、S側とM側が鞭を通して繋がるわけじゃないですか。S側の「いう事訊きなさい」という意志だけじゃなくて、愛とか、様々な気持ちがその一振りに籠ってるわけです。
そう考えると、鞭って奥深くないですか?
そして、お互いを繋ぐツールとしての鞭に興味が湧いてくるものではないでしょうか。
一体どんなモノがあって、それぞれどんな特徴があって、いざ自分が使われるとなるとどんな感じなのか…と。
むしろ、それを知っておく事は鞭をふるうS側に対しての礼儀とも言えますよね。

その上、ご主人様とのふとした会話で「ふぅん、この奴隷、ちゃんと勉強して来てるのね。」なんて思われたりするかもしれません。
周囲のただ漠然と鞭を受けているだけの奴隷達と差をつけ、よりご主人様からの寵愛を受けるためにも、よくよく鞭について学んでみましょう。

▼ PR ▼
女王様と僕

①バラ鞭

まずはバラ鞭。これは初心者向けです。
先端がフリンジ状のようになっており、数本の細かい革が持ち手の部分で纏まっている。そんな鞭をイメージしてださい。
打たれても力が分散され、他の鞭と比較すると痛みはそこまででもありません。ですので、痕が残りにくく初心者でも扱いやすい鞭と言えるでしょう。
かと言って、音は随分派手ですし、他の鞭と比較すると痛みはそこまででも、というだけで、十分痛みは感じられます。

また、長さや素材、先端がどれだけ分かれているかによって痛みも違ってきます。
先端も編み込まれている形状のモノもあり、その場合は普通のバラ鞭よりも威力が増します。
ですので、普通のバラ鞭と同じように打たないようにS側は配慮する必要があります。

ただ雰囲気を楽しみたい場合なら布製のバラ鞭を、しっかり楽しみたいのならば革製のものをチョイスしましょう。
また、長さは短ければ短い程打たれる側の痛みは減少します。
SM初心者の方々は、短いものからトライする事が多いです。
逆に、玄人の方々は長めの鞭を好みます。
先端のフリンジの数、素材、長さによって痛みの強さも違ってきますので、最初の内は色々試してみるのがオススメです。

②乗馬鞭

名前の通り、本来は馬用の馬具です。
バラ鞭に慣れた人向けです、バラ鞭よりも痛みが強いと言われています。というのも、打った際の打撃が一点に集中するのでバラ鞭よりも強い痛みを感じやすいのです。
細長いスティックの先には、先端にヘラのようなものがついており
ここでM男性を打つ事になります。
あくまで打つのはスティックではなく先端部分ですから、使う側にとってはコントロールし易い部類の鞭です。
持ちやすく、他の鞭よりも軽いので扱いやすいです。
そういう点では、非力な女性にも扱いやすくお手軽と言えますね。
かといってしっかり痛みを与えられるのでご安心を♪
スティック状の部分をシャフト、ヘラのような部分をフラップと呼びます。

短鞭を長鞭に分かれていて、短鞭がソフト、長鞭がハードとなります。
短鞭は60cm~90cmほど、長鞭は90~130cmほどの長さになります。
ソフト、ハードといえども、先に書いたようにしっかりM男性を叫ばせる程度の威力はあるんです。

思い出してください、そう、これは元々は馬用。
そして馬は、人間より遥かに分厚い皮膚を持っている。
そんな頑丈な馬用の鞭を、人間に使えばどうなるか?
思いっきり使ったならば、悲鳴を上げて転げまわる程度の痛みを感じる事は確実♪

③一本鞭

完全に上級者向けの鞭です。
とってもしなるため、反動をつけて打つ事も可能。
本来は拷問で使用されていた為、まさに相手を痛めつける為に生まれてきた鞭と言えるでしょう。
種類はラバー鞭と編み上げ鞭の2種類があり、ラバーは重みがあり、一撃一撃が重いです。
編み上げは軽いですが、両方ともバラ鞭と違って力が分散しない上に絡めつくように打撃を受けるため、痕が残ったり凄まじい痛みを味わう事になります。
凄まじいどころか、打つ側の経験が足りないとM側の肉を裂いたりしてしまう可能性もあるのです。
必ず事前にお互いの同意を得ておきましょう。
打つスピードを変えても同じ、大きな痛みが襲います。
勿論音も鳴り物入り、他の鞭をしのぐ重量感のある音です。
なお、基本は鞭先で叩くようにします。

最近では持ち手にラインストーンのついたもの、先端がかすかに分かれているもの(痛みが多少和らぐ)や、
先端にハートのついているものなど、多種多様に展開されています。
先端が分かれていたりフリンジ状になっているものについては、見た目こそ一本鞭ですが、先端だけはバラ鞭ですので、一本鞭の雰囲気はそのままに気軽にスワッピングを楽しめるライトな一本鞭として楽しめるでしょう。

④パドル

叩く部分が平らになっています、かと言って乗馬鞭程痛みを感じるわけではないのです。
かつては外国で体罰の為に使用されていたもので、それ故に鞭程の威力はありません。
悪さをした児童を、同級生の前で尻打ちするために使われていたのが元になっています。
ところでこのパドル、叩く部分が平らかつ大きいため、非常に大きな音が出ます。
パドルの利点としては、本当に痛みが少ないため、鞭だと不安な部分(皮膚の薄い部分)へ使用しても安心出来るという点です。
ただし顔は控えておきましょう。
本当に初心者の内は、パドルから挑戦してみるのもありですね。
木製と皮製の2種類があり、皮製のものは軟らかく、しなりやすいため威力もそれほどではなく初心者向けです。
威力の弱さ故、プレイするなら言葉責めや、他部位への責めとセットにすると良いでしょう。

なお、亜種として打つ面に鋲がついているものが販売されていますが、経験者ならまだしも慣れてない内は飾っておく位に留めておきましょう。

⑤おわりに

一言で鞭と言っても様々な種類があるなぁ…と目からウロコだったのではないでしょうか?
M側をペチペチ叩いて痛めつけるだけが鞭ではなく、目的や熟練度に合わせて臨機応変に使い分ける事が出来るんです。奥深いですよね。
威力が強いモノもあり気を付けなければならない点もあれど、最初はバラ鞭から慣らしていき経験値を積んでから徐々に乗馬鞭、一本鞭を受けれるようになって行きましょう。
なお、非常に志の高いM男性ですと、鞭打ちが初めてであるにも関わらず、バラ鞭から始まり一本鞭までも転がる事なく受け切れたりします。(叫び声こそ挙げますが…)

滅多にいるものではないですけれど、コツを訊いたところ「毎日何をしている時でも鞭打たれるところをイメージしていた、それとイメトレに加えて自分自身でも鞭をイメージした痛みを自分に与える訓練をしていた。なので、実際打たれても大丈夫だった。」
という回答が返ってきて感動しましたね。
鞭は怖いなぁ、と思っているM男性の方々にも、是非鞭を味わってみてほしいです。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M調教プレイ
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました