睾丸プレイを経験するとどうなるか?

M調教プレイ

SMプレイで検索すると、チンポやアナルをどうのこうのするとかそういうのばかり出てくるじゃないですか。
だから皆SMプレイ=チンポやアナルを虐めるプレイっていう風に思い込みがちなんですけど…違うんです。
それらを虐める事だけがSMじゃないんです、股の間を見てみて下さい…チンポの陰に隠れるようにひっそりとキンタマこと【睾丸】があるじゃないですか。
この睾丸ですが、これを虐めるのもSMプレイのうちの一つなんです。
「でもそれってどんなプレイなの?」って思ったそこの貴方、興味を持ったその時がチャレンジのし時です。
それにこの睾丸プレイ…チンポやアナルとはまた違う快楽を味わう事が出来るのですよ。
というわけで、今回は知る人ぞ知る睾丸…もといキンタマプレイの魅力を発信しちゃいますね♪

▼ PR ▼
女王様と僕

①金蹴り

キンタマに机の角とかぶつけた事ありますか?僕はあります。
学生時代で、それはそれは痛くて…悶絶したものです。
机の角にちょっとぶつけただけでそうなってしまうんですから、蹴られるといったらどれ程の痛みなのか?
想像するだけでキンタマがヒュッ…と縮む方も少なくはないでしょう。
だがしかし。ここで思い出して頂きたいのです。
普段のSMプレイのどういうところに魅力を感じるのか…そう、「見下される」という点に魅力を感じるはずですよね。

体格、力において女性より圧倒的優位であるはずの男性が、女性に金蹴りされただけで「ウッ!」と、いとも簡単に膝から崩れ落ちてしまう。
そしてS女性に「やだぁ、この程度でうずくまっちゃうの?情けないな~」と嘲笑される。
M男性は、男性の象徴でもあるキンタマを手で抑えて、ダンゴムシのように丸まってプルプルするのみ…。
とても情けない姿をS女性の前にさらけ出す事になりますし、カッコつけようもありません。
強制的に自尊心を剝ぎ取られてしまうんですね。

そんな金蹴りですが、まずM男性を立たせて縄で上半身を縛り、反射的に手でキンタマを抑えられない状態にした上で連続で蹴り上げたり。
壁に押し付けながら蹴り上げ続けたり。
ご褒美のキスをする…と顔を近付けて油断させたところで、キンタマを蹴り上げたり。
M男性の性癖に合わせて様々な責め方が出来るんです。

共通して言えるのは、どれも激しい苦痛を伴いますが、その分得られる快楽も尋常ではないという事。
男のシンボルであるキンタマを、本来自分より非力である女性に責められ、屈服している。
その凄まじい屈辱感がクセになる…という人もどんどん出てきてます。

シャワーを浴びている最中のM男性の後ろから、そ~っと近付き金蹴りを食らわすのが最高の楽しみというS女性がいるのですが、話を聞かせて貰うと、キンタマを蹴られたM男性は涙を流して悦びながら感謝するとのこと。
男性の象徴であるシンボルに直にダメージを与えられ、精子が全て死滅するのではないかと思う程に蹴りを入れられまくり。
徹底的にオスとしての尊厳を踏みにじられる。
表面的ではなく、本能レベルで支配されていると感じる事が出来る…いつもこんな気持ち良く、尊い事をしてくださってありがとうございます、と。
そう感謝するそうです。

そのS女性としては、感謝してくれるのは嬉しいけれど、キンタマを蹴り上げた時にM男性が思わず膝から崩れ落ちる事があるそうなので、もうちょっと足に力を入れて耐えて欲しい(耐えているところも徹底的に甚振りたいから♪)との事でした。
難しいところですが、彼にはキンタマ奴隷として頑張って頂きたいものですね。

②電気あんま

実際電気を使うわけじゃないですよ。念のため…。
S女性がM男性の足を抱えた状態で、股間をグイグイ足で踏みつぶしたり揺らしたりするプレイの事です。
電気マッサージ機のように揺らす、刺激を与える様子から電気あんまという名前が付けられました。
金蹴りのようにガツッとした衝撃は得られないものの、足でぐりぐりとジワジワ継続的に痛みを受ける事が出来るので、じわじわと広がる痛みを長~く深く感じる事が出来ます。
また、素足やハイヒール等S女性の履いている靴によって刺激も変わってくるんです。
ハイヒールと素足では重心が違うので、ハイヒールの場合はより一点に刺激を受け続ける事になります。
ですので、S女性側はうっかり体重をかけ過ぎないように、慎重に刺激を与え続けていく必要があります。
うっかり体重かけると踏み潰しかねないですからね。

ところで電気あんまって、昔の子供達の間には結構浸透してる言葉だったんですよね。
僕、中学生の時、オドオドしててイジメの恰好の的だったんですけど…ある日の放課後、女子軍団に囲まれて代わる代わる電気あんまされた事があります。
素足じゃなくて、上履き越しでしたが。
それでも凄く気持ち良かったですし、それまで感じた事のない未知の快楽にヒィヒィ喘いでしまいましたね。
その後も色々されてましたが、全ての始まりになったのはこの電気あんまでした…。
あの時の女子軍団の嘲笑と、電気あんまをかける際に見えていたパンツ、ほのかに見えた陰毛、今でも思い出す度に勃起しちゃうんですよねえ。

電気あんまは上記に挙げたようなジワジワ広がる痛みを味わう事が出来るのは勿論、S女性側の嘲笑、そしてスカートから見えるパンツや美脚を存分に堪能出来るというのもオイシイポイントです。

③玉握り

その名の通り、M男性のキンタマを握って弄びます。
玉を握ってググっと徐々に力を込めて握って行ったり、最初から思いっきり力を加えて握ったり。
M男性の反応を見ながら、加える力を調整していきます。
事前にキンタマを温めたり冷やしたりしても感じ方が違って面白いですよ。
玉握りも電気あんまと同じくじわじわ~と痛みと気持ち良さが広がっていく感じですが、電気あんまに比べS女性側の力のコントロールがしやすいのと、指を使うので細かい刺激が与えやすいのがポイントです。

S女性からしたらただのお手玉遊び(笑)でも、M男性側からしてみたら、女王様の手加減(言葉のままですね)次第でキンタマの命運が決まる、キンタマを完全に掌握されている、支配されている…という感覚に陥るので、より一層感じてしまうんです。

あまり強く握り過ぎると内出血を起こす事がありますが、むしろ内出血を起こす位強く握ってくれなければ嫌だ!むしろ握り潰してくれ!と熱望するM男性もいる位、魅力に溢れたプレイです。

④玉踏み付け

キンタマを踏み付けます。
電気あんまと違うのは、じっくりじわじわ衝撃を与えていくのではなく、キンタマ蹴りのように一発毎が重いという点であんまとは異なります。
踏み付け方も単にぎゅうぎゅう踏むのではなく、どこの方向からどの角度で踏み付ければ気持ち良いかがよりシビアに問われてくるプレイです。
電気あんまなら、まだ振動を与えたりしてごまかしが利くのですが…踏み付け単体ですと、ごまかしが利かないのです。

キンタマの踏み付けを上手く出来るS女性って正直決して多くはないのですが、上手く出来るS女性は2時間でも3時間でも延々と玉を踏み付け、気持ち良さをM男性に提供します。
ちなみに。その間、他のプレイも平行して行い快楽責めにする事を忘れないのがこの手の手練れS女性の特徴でもあります。

⑤睾丸への針刺し

キンタマへ針を刺していくプレイです。
乳首に針を刺すプレイと通じるものがありますが、大きく異なるのは「加減してしまうと、皮に刺さってるだけの状態になる」という事です。
キンタマの皮膚って、割と分厚いので。
ですので貫通させるような気持ちで思いっきり突き刺しましょう。

昔女王様に飼われてた時、女王様が編み物をなさるというのでまち針やぬい針を刺すクッション代わりになってた事があります。
その時差し出したのが、僕自身のキンタマでした。
女王様は裁縫セットの中からありったけの針を取り出すと、編み物そっちのけでルンルン鼻歌を歌いながら、僕のキンタマに針をぷす、ぷす、と刺して行きました。

ぷすぷす刺されるたびに体がビクンッと跳ねてしまって、女王様に「うるさいな」と、女王様の華道道具の剣山をブッ刺された事もあります。
女王様の崇高な趣味である華道、その剣山に花の代わりに刺されている…つまりこれは、僕のキンタマは女王様にとって花のようなもの?!と嬉しがっていたら思いっきり頬をはたかれました。
調子に乗ってはいけませんね。

結局30本くらい刺されたかと思います。
その後は楽しそうに編み物をなさってましたよ。
勿論引き続き、僕のキンタマを縫い針枕として使いながら。

⑥睾丸を火で炙る

キンタマを火でじっくりと炙ります。
実際焦がすわけではなく、じわじわと熱して行って、熱い~と身を捩って苦しませるのが目的のプレイです。
あと、その気になればいつでも焼いてやるという恐怖心をM男性に植えつける事が出来ます。
S女性からキンタマの火責めを受けた事がありますが、全身を拘束された&口枷をつけられて一切抵抗不可、そして
「もしかしたら焼かれるかも…」という恐怖で全く動けませんでしたが、凄く気持ち良かったです。
「うわ、キンタマのイカくさい焼ける匂いが漂ってくるわ。どうにかしなさいよ、ほら。」と、抵抗出来ない状態でさんざん甚振って貰って昇天しそうでしたよ。
発情し過ぎてひたすら腰を振ってしまいましたが、S女性の気に障ったらしく(無理もないですね)バツとして髪の毛を焼かれてしまいました。

⑦総括~さぁ、睾丸プレイの魅力に目覚めよう~

いかがでしたか?
キンタマプレイっていうと相当マニアックな響きがあるとは思いますし中にはキンタマじゃあまり感じないんだけど…という方もいるかと思います。
そういう時は、他のプレイの中でより性癖を刺激されるもの(言葉責め、乳首責め等…)と組み合わせて楽しむのが一押しです。
これを機に是非チャレンジしてみて下さい。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M調教プレイ
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました