アナル未経験の僕が開発された結果→「もうダメ…イクゥゥゥ…!!」

M男調教体験談・告白

「あっ…あぁ…イク…イク…!イクッ…!!」

体を支える足がガクガク震え、体の奥から溢れてくる甘い疼きに身を委ねました。

「ねぇ、もう4回目だよ?本当にいやらしいアナルになったね」

そんな僕の様子を見て呆れるユカリさん。

そう、僕はとあるきっかけからアナルに興味をもち、開発され、今ではアナルで何度もドライオーガズムを迎えてしまう程、アナルの虜となってしまったのです。

僕がアナルに興味を持ったきっかけは元カノが持っていた漫画です。
いつものように元カノの家へ遊びに行くと、棚の上に無造作に数冊の本が積まれていました。

「コレ、何の本?」
「えっ?あっ…いや、見ないで!」

何気に手に取ると彼女は急に慌て始めます。そんな反応をされたら見たくなるのが人間の心理。パラパラと捲るとそれは男性同士のセックスシーンが満載のエロ漫画でした。いわゆるBL漫画というやつです。

「こういうの、好きなの?」
「…嫌いじゃないけど。でもそれは友達が貸してくれたやつで…」

彼女は言い訳をしながらばつが悪そうにします。そして気まずそうに訊ねてきました。

「引いた…?」
「いや、別に」

彼女に気を遣ったわけではなく本心でした。
僕だってエッチな動画を見るしレズものだって嫌いじゃないです。こういうのが好きなのはちょっと意外で驚いたけれど、これで幻滅するとかはありませんでした。

「読んでいい?」
「まあ…嫌じゃないなら…」

どっちかというとむしろちょっと中身が気になった僕。元カノもバレてしまったものを隠すつもりはないようで、嫌がる素振りは見せませんでした。

最初から読み進めていくと、ストーリーはともかくエロシーンが結構過激で男の僕でもちょっと興奮してしまいます。特に挿入シーンは入れられる側の男が終始アヘ顔でイキまくっていて、アナルってこんなに気持ちいいものなのか…と興味を抱いたのが全ての始まりです。

この日は彼女の家に泊まりいつものようにエッチするもアナルでよがりまくる男のシーンが頭から離れませんでした。翌日には“アナル 気持ちいい”とネットで検索するまでに。そしてここで僕は数々のアナル実体験談を目にする事になり、ますますアナルへの興味を募らせていくのです。

アナルに興味を持ってからの数日で分かった事は、別にホモやゲイじゃなくてもアナル好きな男は少なくないという事。それに伴いアナル責めをするのが好きな女性も存在するという事。
別に僕は男が好きなわけではないのでこの事実にホッとしました。
けれど実際にアナルを経験してみたいと思ってもハードルが高い事に気付きます。協力してくれる相手の存在です。
最も手短な相手と言えば彼女でした。なので次に会った時にそれとなく聞いてみたのです。

「あのさぁ、彼女ちゃんはこの前の漫画みたいな事、俺にしてみたいって思った事ある?」
「それはないない!だって漫画だし!」

即答でした。彼女にお願いするのは無理だと悟りました。
となると自分でするしかない、けれど僕にそこまでの思い切りはありません。
そこで僕はネットでの出会いに懸けました。体験談でもネットで知り合った女性に相手をしてもらったというものが数多くあったからです。

彼女に対する罪悪感がなかったわけではないですが、バレなければいいかなというクズな気持ちがありました。それにネットで募集したって相手が見つかるかどうか分からないという考えもありました。

“23歳アナル未経験・BL漫画を見て興味を持ちました。アナル開発お願いします”

アナル好きが集まるというサイトに募集の投稿をします。結果としては2人の女性からメッセージをもらいました。もしかしたら誰も相手にしてくれないのではと思っていた僕としてはビックリです。
一人は40歳の女性、もう一人は28歳の女性。やっぱり年齢が近い方がいいので、28歳の女性に決めました。
返事を送るとすぐにまた返信が届いて会話が始まります。
僕にメッセージをくれたのはBL漫画を見て興味を持った僕に興味を抱いてくれたからとの事。この女性も彼女と同じような趣味を持っているようで、そういう漫画を見て男性のアナルに関心を持ち始めたとの事。まさかの境遇が一致したのです。
それだけに話はスムーズに進み、簡単に自己紹介をしたら早速会う流れへ。知り合った日の週末に会う事になりました。

約束の日、やってきたのは綺麗なお姉さん。落ち着いた茶髪で巻き髪の似合う女性でした。

「ナオトくんだよね?ユカリです」
「はじめまして…」
「じゃあ行こうか」

年上のお姉さんだけあってリードが上手なのか、会ってすぐにラブホへ直行です。

ホテルに着くとユカリさんはバッグから何かを取り出します。

「早速だけどまずはコレで腸内を綺麗にしておいてくれる?」

手渡されたのは浣腸とポンプが付いた細いチューブのようなもの。

「まずはイチジク浣腸でウンチを出してから、こっちの浣腸器で腸内を綺麗にするのよ」

こんな工程は漫画にはありませんでした。戸惑っていると見かねたユカリさんが手を貸してくれました。

「ほら、ズボンとパンツを脱いで。そこの壁に手をついて」

僕は言われた通りにします。手を付いてお尻を突き出す格好は恥ずかしかったですが、ここで躊躇うわけにはいきません。
冷たい液体が腸内へ入っていくのを感じます。そして数十秒後にはお腹がグルグルと動き始め、強烈な便意を催しました。

「しばらく我慢してから出すのよ」

言われた通り、肛門を締め付け耐えます。3分ほど経つともう出していいよ、と言われトイレへ駆込みました。

「全部出た?」
「多分出ました…」

トイレから出てくると次は風呂場です。ユカリさんの手によって洗面器にお湯が溜められていきます。

「じゃあ次はコレを使うから」

さっきのポンプが付いた細いチューブのようなものでした。中腰で座らされるとチューブの先端が肛門に挿入されます。痛みはありませんが、あまり気持ちのいいものではありません。

「ほら、自分で持って」

チューブを手で固定するように促されます。チューブの反対側はお湯を溜めた洗面器に浸けられています。

「じゃあポンプを握って」

空いた方の手でポンプを握るように指示されます。強く握り潰すと洗面器のお湯が腸内へ流れ込んでいきます。ますます変な感覚です。

「中にお湯入った?入ったらチューブを抜いて中のお湯を気張って出して」

言われた通りにすると少し濁った液体が勢いよく出てきます。水状の下痢便を出しているような感じです。

「全部出したら水が濁らなくなるまで2,3回繰り返してね」

そう言うとユカリさんは風呂場を後にしました。指示通り3回繰り返して僕も風呂場を後にしました。

「終わった?」
「はい」
「じゃあ次はアナル開発していこうか」

ベッドへ促されると、四つん這いの体勢を指示されます。今から始まるんだ…と思うと、緊張で胸の鼓動が高鳴ります。お尻の穴にぬるっとしたものが塗られました。多分ローションです。

「じゃあまずはコレを挿入するからね」

目の前に差し出されたのは小さな玉が連なっている道具。ネットで見た事のある僕は、ああアナル用の玩具だと分かりました。

「ほら、ゆっくり息を吸って…吐いて…」

ユカリさんの指示通り、ゆっくりと呼吸を繰り返す僕。それが挿入されたのは息を吐く瞬間でした。

「んんっ…」

ヌルリと硬い物が侵入し、アナルを押し広げます。痛くはないもののすごく違和感があって、漫画から連想されるような気持ちよさは全くありません。

「痛くない?」
「はい…」
「でも変な感じだよね?最初はみんなそうだから大丈夫」

ユカリさんは的確にこちらの心情をくみ取り安心させてくれます。この人に任せればきっと大丈夫…そんな気持ちになりました。

「じゃあゆっくり動かすから、力を抜いてね」
「お願いします…」

玩具を動かされると、玉が出たり入ったりを繰り返します。そのたびにアナルの入り口が広がったり締まったりして今まで味わった事のないような感覚に見舞われます。
そのうち段々と体が熱くなり、入り口がクパクパしてきました。まるで酸素不足で水面から顔を出し、口をパクパクさせている魚のようです。

けれどこの辺で少し感覚が変わるのが分かりました。入り口がジンジンするような疼きを覚え始めたのです。

ああ、なんか気持ちいい…

そう感じると徐々にチンコも立ってきました。自然と腰も揺れてしまいます。

「段々気持ちよくなってきた?」

そんな僕の変化にユカリさんも早速気付いたようです。ここで玩具を激しくピストンされるのだろうか、それでイッてしまうのだろうか、僕はそんな期待を抱きました。
けれど、予想に反してユカリさんは玩具を抜いてしまったのです。
もっと気持ちよくしてもらえると思ったのにこれで終わりなのかと拍子抜けでした。
でもそれは僕の早とちりだったようです。

今度は膝を曲げた状態で仰向けに寝かされました。

「じゃあ次はコレを挿入するよ」

最初の玩具よりも少し太く、そして独特の形をした器具でした。これも僕はネットで見て知っています。エネマグラです。でも本物とはちょっと違うようで玩具用にアレンジされたもののようです。

再び玩具が挿入されます。最初に挿入されたものよりも太かったけれど最初の玩具で慣らされていたのか痛みはありません。けれど存在感があって、何だか太くて硬いウンコが肛門に挟まっているような感覚です。

「スイッチを入れるからリラックスしてね」

その瞬間、アナルの中が震えました。バイブレーションの刺激です。ウンコが漏れてしまいそうな変な感覚で思わず力が入ってしまいます。

「何か漏れそうです…」
「大丈夫、漏れないから。むしろ漏らしちゃっても構わないくらいの気持ちでいた方がリラックスできるわよ」

漏らしちゃってもいい…ユカリさんのアドバイスに肛門の力を緩めると振動が強くなったように感じ、足に力が入らなくなってきます。

「こっちも弄っちゃおうかな」

ユカリさんはローターを手にすると、乳首に押し当てます。

「んぁっ…!」

気持ちいいというよりくすぐった感覚に体を捩らせてしまいます。

「くすぐったいよね。でも我慢して受け入れて。力抜いてね」

いきなり難しい注文をされます。くすぐったいのを我慢するにしてもどうしても力が入ってしまいます。

「声は我慢しないで、くすぐったいならどんどん声に出していいから」
「くすぐったいです…あっ…やんっ…もう…だめ…やめて…」

言われた通り口から漏れる言葉は躊躇わず口にしました。すると不思議な事にくすぐったいのがジンジンと疼くような感覚に変わります。
自然と体の力も抜けてきました。

「気持ちよくなってきた…?」

僕は頷きました。

「じゃあ引き続き感じるままに声を出してね」
「はい…んっ…はぁ…あぁん…」

恥ずかしいけれど自身でもいやらしいと感じる声で喘いでいるうちに、何だか自分が段々と淫乱になってくるような気持ちになりました。
そうしているうちにアナルの奥がウズウズし始めてきます。

あ…何コレ…気持ちいいかも…

最初の玩具を挿入された時の入り口が気持ちいい感覚とはまた別の気持ちよさです。その感覚はごく僅かですが、もっと気持ちよさを引き出したい…そんな思いになります。
けれどそういう気持ちになると快感が遠のいてしまいもどかしさでいっぱいになりました。

アナルにエネマグラ様の玩具を挿入されてから30分。結局この日はイク事が出来ませんでした。

「まあ、一日でイケる事の方が珍しいから」

焦らないでゆっくりいきましょ、とユカリさんに励まされます。

この日から僕は週一くらいの頻度でユカリさんと会い、アナルトレーニングを受ける事になりました。
そして1ヶ月ほど経った頃、僕は本当の意味でアナルの快感を味わうに至ったのです。

「はぁ…んっ…乳首気持ちいいです…」
「たった一ヶ月でこんなに乳首で感じるようになるなんていやらしい体ね」

この頃の僕は乳首が完全に性感帯となっていました。そして乳首を弄られるとすぐにアナルが疼くようになるまで進展していました。
アナルの快感も最初の時よりもはっきりしたものとなり、より感度も上がっていました。けれどまだイクまでには至らなくて、それがまたもどかしくもあったのです。

「そろそろイケそうだから今日はコレを使おうと思ってるの」

と言って見せられたのは電気マッサージ器でした。ユカリさんはそれを金玉と肛門の間、会陰と呼ばれる部分に押し当てます。
エネマグラ様の玩具が挿入されているのでその上から押し当てる形になりました。
そしてスイッチが入ります。途端に強烈な振動の刺激に襲われました。会陰からアナルの奥を突き動かすような刺激。振動が玩具を伝って中まで響きます。

「ああぁぁあぁぁぁぁっ…!!!」

あまりの強烈な刺激に全身の穴という穴が開くような感覚を覚えました。けれどその刺激はすぐに蕩けるような快感に変わります。

「やぁ…もう…めちゃめちゃ気持ちいい…」

今までの快感よりもさらに一歩進んだように感じました。そして同時に何度も何度も快感の波が押し寄せてくるような、そしてそれが積もり積もっていくような気持ちよさが生まれました。

あ…コレ…イキそうかも…

直感的にそう感じました。そのすぐ後です。
自然と涙が溢れてきて、腰がガクガクと震えて、何か大きな快感が弾けそうな、そんな感覚でした。

「あぁっ…イク…イキそう…イク…イク…イクッ…!」

体が跳ねます。乳首がピンと尖ります。全身がビクビクと震えて…ようやく僕はアナルでイクに至ったのです。

「やっとイケたみたいだね」

ユカリさんも嬉しそうに笑ってくれます。僕はその笑顔を見ながら、ドライオーガズムの余韻に浸るのでした。

ドライオーガズムを体感できて目的は達成した、けれどそれでおしまい、というわけにはいきませんでした。
一度ドライオーガズムを経験すると今まで以上にアナル性感への執着が生まれてきます。
ユカリさんとはアナルでイケるようになるまでの関係という暗黙の了解みたいなものがありましたが、僕は引き続き関係を望みました。ユカリさんも今は特定の相手はいないからという事で了承してくれました。

アナルを犯されて、イカされて、ちょっとした拡張までされて…僕はますますアナルの沼へハマっていきます。
ユカリさんとはセックスなしの関係を条件に相手をしてもらっていたので、普通のセックスは彼女としていたのですが、ドライオーガズムを覚えてからは徐々にノーマルなセックスでは満たされないようになっていきました。
射精の快感よりもアナルの快感の方が気持ちいいのです。

彼女とセックスしていても考えるのはユカリさんからのアナル責めの事ばかりで…僕はドライオーガズムを知ってから3ヶ月後には彼女と別れてしまいました。
そしてさらに半年ほど経ったのが今の僕です。

アナルに興味を持って僅か一年足らずでアナル性感なしでは生きられない体になってしまうなんて…アナルで何度もイキ狂う体になってしまうなんて…自分でも驚きですが決して後悔はしていません。

僕はこれからもますますアナル快感の深みへとハマっていくでしょう。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M男調教体験談・告白
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました