女王様に喜ばれる舐め犬になるには?~クンニの方法~

S女王様・M男性コラム

女王様へのご奉仕としてアソコやアナルを舐めて綺麗にすることもあるだろう。

女王様のアソコの匂いや味を感じながら幸せを感じる瞬間ですが、ただ単に舐めていればいいと言うわけではありません。

とりあえず舐めまわしておけばいいだろうという考えの輩がいますがそれでは不十分です。

何のために舐めるのか?

一番は女王様に気持ち良くなってもらうため。

わざと匂いや味をキツクしている場合はそれを受け入れて舐めてご奉仕ること。です。

気持ちが良いクンニをしよう

ここでのクンニは女王様をイかせてセックスまで導くためのものではなく、ご奉仕として女王様に気持ち良くなってもらうのが目的のクンニです。

クリトリス

女性器の中で一番強く刺激を感じるところはクリトリスです。

ここは優しく舐めていきます。

皮を剥き、舌先で転がすように優しく優しく舌を使っていきます。

甘噛みであっても強い刺激を受けるほど神経が集中しています。強く引っ張る、舐める、噛むなどは絶対にやめましょう。

膣口

膣口は感覚的には鈍感な部分ですがGスポットも近いことから気持ちよく感じる女性もいます。クンニと聞くとよく手マンで激しく刺激するAVの影響受けまくりの方法か、舌でクリトリスをひたすら舐める責め方をするかのパターンに陥りがちですが、激しいよりも優しく、優しく責めたらたまに少しだけ激しくというような行動が好ましいです。

もちろんここではセックスを前提としていませんので手は使いません。舌だけでご奉仕していきます。

性器全体

クリトリスや中だけではなく全体的を舐めるのを忘れてはいけません。

クンニは小陰唇から内側だけを舐めるのではなく、大陰唇、脚の付け根を舐めるのも気持ちがよくなるには効果的です。

口の使い方

舌の動きはゆっくりや早くなど動きにメリハリをつける。

たまに唇を尖らせて優しく包み込むようにして吸い付く。

歯は優しい甘噛み程度で力を入れない、舐めている最中は歯が当たらないように心がける。

唾液を枯らさないように舌は常に濡らして置く。濡らしすぎて流れ滴るのは避ける。

この4点を組み合わせ、力の入り抜きやスピードの強弱をつけていきましょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました