ガチで危険な窒息オナニーのお話

S女王様・M男性コラム

最高に過激なオナニーテクニックの一つとして、窒息オナニーという物がある。
その名の通り、窒息した状態にエクスタシーを感じ、より感度の高いオーガズムを得られるとして愛好家も多いです。
方法としてはロープで首を吊ったり、ビニール袋を頭から被って密封したりが基本。
脳が酸欠状態となり、ブラックアウト寸前で射精すると、まさに天国に昇るほど気持ちいいとも言われています。

しかしそのクレイジーな手法ゆえに「一歩間違えれば危険」という言葉では足りないほど危険度のある行為。
米国では窒息オナニーを好むマニアたちが年間で500人以上、主に首吊りオナニーで死んでいると言われています。
ガチのマニアの場合、窒息オナニーでイキながら死ねるのなら本望とする人もいて、自分の命を懸けるほど味わいたい快楽があるそうですが、常人には理解しがたいですよね。

▼ PR ▼
女王様と僕

快楽と死

デメリットがあまりにも多く、負うリスクがデカ過ぎるこの窒息オナニー。
一回でも失敗が許されない方法ですが、仮に「セーフ」だったとしても、その代償は大きすぎます。
人間はブラックアウトになってから8分ほど経ってしまうと脳が損傷し、後遺症が残ってしまいます。
手足のしびれや麻痺などの身体障碍によって、死ぬほど求めた窒息オナニーも出来なくなり、
そんな身体では死にたくても死ねないと言った生き地獄を味わうハメに。

さらに脳に酸素が十分に行き渡っていない酸欠の状態では、判断力も鈍り危機管理能力は著しく低下します。
首吊りによる窒息オナニーでは、ロープが首の頸動脈を締め上げはじめてから30秒後ぐらいには判断力が低下していくそうです。

大脳からマヒしていき、アルコールで酔っている感覚に陥るのでこの時点から気分が良くなっていくらしいのです。
さらに時間が経過すると脳が理性を保てなくなっていき、快楽中枢と言われる脳の一部が誤作動を起こし始めて全身が超絶敏感な性感帯となっていく。
その感度は風が肌を撫でるだけで喘ぎ声が出るほどの快感だと言われていますが、そんなバカな。
そんなウソみたいな快楽を得られると言われている窒息オナニーですが、米国で年に500人もミスって死ぬ人が居るのだから、すべてが嘘というワケでは無さそうですね。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました