プロから学ぶ初心者の女王様が気を付ける事

S女王様・M男性コラム

どんな威厳のある女王様でも、SMの世界の事なんて右も左も分からなかった初心者時代は在ります。
多くのM男を従えている女王様も当時は素人同然の初心者で、ここまで来るのに練習台になったM男や先輩女王様など多くの人との出会いや協力、もちろん本人の絶え間ない努力もありました。
そんなSMの世界に生きる女王様が学んできた事、女王様になるうえで気を付けるべき事など、今回はこれから女王様になろうと思っている女性にぜひ知って欲しい情報を、プロの女王様よりアドバイスを聞けたので紹介します。
また、普段何気なく調教してくれている女王様が、どんな道のりを経て今に至るのか、といった裏話もあるのでM男性も是非楽しんで読んでください。

▼ PR ▼
女王様と僕

どれぐらい稼げるのか

SMクラブや風俗店などで働く女王様の稼ぎとしては、人によって全く違うので平均を出しづらい部分があります。
バブルの時代には月に100万円ほどは稼いでいる人気女王様も居たそうですが、現在ではある程度指名が入る女王様であればOLさんの月収に近い20~30はあるだろうとの事でした。
お店の指名№1の女王様であればバブル時代の月100万を稼いでいる人もいるそうですが、そのほとんどが衣装やグッズ、ヘアセットなどの費用に消えていくそうです。

意外にかかる経費

所属するお店にもよりますが、衣装やアイテム・グッズなどは貸出してくれる店舗もあるので、まだ用具が揃えられていない新人女王様はよく利用します。
ですが、お客としてくるM男性はそれぞれプレイが違い、同じ鞭打ちでも素材や長さ、種類などにこだわるのでその都度切り替えなければサービスとして質が低くなります。
さらに衣装へのこだわりもM男性によって変わるので、極力それぞれのお客さんに合わせて準備をしておかないとファンは付き辛く指名も取れない。
そのため様々なタイプのアイテムを用意するためにその月の給料は全てアイテム代、グッズ代に消えていく事も良くあるそうです。
本当にSMの世界に興味があり、SMプレイが好きならばそのぐらいの出費はへでも無かった、とプロの女王様は笑いながら言っていました。
酷い時では毎月10万以上もSMプレイのために消えていき、新人時代はM男性の前で見せる華やかでクレイジーな女王様とは正反対の質素なプライベートだったそうです。

女王様研修

多くのSMクラブや風俗店では、新人女王様は入店してから先輩女王様が一人ついて研修を行います。
男性のスタッフを相手に接客中と同様のプレイを行い、やり方と女王様としてのあり方を学んでいきます。
お客であるM男性の中には新人女王様好きなマニアもいるので、そういった人向けに練習台のモルモットという設定で、実際にお店のコースとして募集する事もあります。
ほとんどが新人女王様に覚えさせるためのプレイを行うため、M男性の行いたいプレイを注文する事は出来ません。
その分割安にはなりますが、指導役としてベテラン女王様も付いているので、割安で2人の女王様から攻められると考えればお得、と思える人も多いそうです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました