女王様にとってのSMプレイ論

S女王様・M男性コラム

本物の女王様にとってSMプレイとは何か、現役のSMクラブで働く女王様に聞く事が出来た。
世の中には個人の趣味として女王様をしている人も多くいますが、今回は職業としての女王様に関しての情報をまとめたので紹介します。

SM職人・女王様

よく勘違いされるのは、SMの女王様とは黒いボンテージ姿にピンヒールを履いて、鞭やロウソクで偉そうにしたりM男を虐めたりする人、という事。
質の低いお店では、そういうイメージ通りの女王様が居るかもしれませんが、本来はSMの職人としてお店に在籍しており、全ての女王様がそうであるべきだと言います。
SMクラブでは、そのお店がどんなプレイに特化しているかにもよりますが、
話を聞けた女王様のお店では緊縛プレイをメインにサービスを展開しており、新しく在籍してきた女王様にはそれなりに研修期間と見習い期間があるそうです。
技術や演技などの指導から始まって、試験をこなしていってやっとレギュラーの女王様になれる。
その間はノーギャラまたはレギュラー女王様の半分以下のギャラしかもらえず、昇格の試験も厳しいため相当の努力が必要になります。
全てはサービスのため、お客としてやってくるM男性を満足させるためにまずは一流のSM職人にならなければならない。
そんな厳しい世界で生きているのが女王様なのです。

SMプレイは心理学

相手が次に何をしてほしいのか、今何をされたいのかを読んで最高の技術を一番いいタイミングで提供する。
そういったサービス業である事がホンモノの女王様だと語ります。
さらに初歩的な心理学によって相手の気分や感情、行動などをコントロールする事が可能で、
お客さんに対して充足したプレイが出来たと感じさせる事も最高のサービスを提供する上で重要なのだそうです。
読心術や催眠術、マインドコントロールなどといった大それた物ではありませんが、
こういったテクニックを相手に気付かれない場所から行う事。
ある意味SMプレイとは心理学なのだと方っていました。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました