尿道拡張、アナル拡張、とにかく穴広げが好き!

S女王様・M男性コラム

2020年で都内のSMクラブに在籍12年目を迎えられたR女王様。自他ともに認める拡張プレイ好き。R女王様に調教してほしくて関東以外からやってくるM男性も多いという。今回はそんなR女王様から女王様になったきっかけや拡張プレイにはまったきっかけ、女王様としてM男性にどのように接しているかなどを質問してきました。

◇R女王様プロフィール
都内在住。SM経験12年。身長169cm、スリーサイズB88W65H103.好きなプレイは拡張プレイ。NGプレイは黄金と流血。趣味は散歩、SMショップ巡り。

「SMクラブに入店したきっかけ」

記者>ズバリ入店したきっかけは何だったんでしょうか。

R女王様>私は道でのスカウト。結構いるよ?スカウトされて女王様になったっていう人。面白そうだなって思って入店したら想像以上に自分に合ってたみたいでもう他の仕事に就こうなんて気はなくなっちゃった。

記者>ではお仕事はSM一本で来られたと?

R女王様>ううん。実は女王様をやる前は普通の会社員をやってました。意外って思われるかもしれないけどね。これでもPCや電卓叩いて電話応対してたのよ。ほんと普通のOLさんだったの。
でもよく考えたら私、昔からM男っぽい男性に声を掛けられることが多かったんだよね。それこそナンパみたいに道端で突然声かけられるの。一番やばかったのは普通の大人しそうなサラリーマンに「SMに興味ありませんか?お金を払いますからボンテージを着ているところを見せてくれませんか?」って言われたやつかな(笑)
もしかしたら自分が気づいていないだけで生まれついての女王様だったのかもね。スカウトの人はそれを見極めたってだけで。面接のときにSMは未経験ですって言ったらびっくりされちゃったわ。そんなに貫禄があったのかしら。

「初めて拡張プレイをしたときの感想は?」

記者>入店するまではSMには縁がなかったR女王様ですが、今では自他ともに認める拡張プレイ好きですよね。初めて拡張プレイをしたときはどんな気持ちでしたか?

R女王様>もうね、驚きの連続よ!(笑)拡張プレイって話では聞いてたけど本当にあるんだー!って!!
もちろん何も知識がないままプレイするのは危険だってわかっていたから事前にいっぱい勉強したわ。でも百聞は一見に如かずなのよ。私が調べた知識なんて実際のプレイの前では意味なかったわ。専門用語がわかるくらいね。

記者>じゃあ戸惑いの連続だったんでしょうか?

R女王様>戸惑いとは違うかなぁ。さっきも言ったけど本当に驚くことばっかり!って感じ。
ただ楽しかった反面悩んだこともあって。私は何も知らないままこの世界に入ったけど何をどうしたら私に体をゆだねてくれるM男に満足させられるかなって。拡張プレイだって先輩方に教わるままに実行して、私はすごく楽しんだんだけど相手のM男はどうだったんだろう?って。
そう思ったらプレイの途中からはずっととにかくコイツを悦ばせてやろう、なにがなんでも射精させてやろうってそればっかり考えてたなぁ。あのプレイがなかったら私は拡張プレイにはまってなかったしそもそもSMを続けてなかったかもしれないわ。

「拡張プレイの魅力について」

記者>拡張プレイにはまったきっかけはそういうことだったんですね。ではR女王様にとって拡張プレイの魅力とはどんなものなのでしょう。

R女王様>拡張プレイの一番の魅力はやっぱり「全部自分に委ねられている感覚」かな。あと私にとって大事なのが「やればやるほど目に見えて成果がわかる」こと。例えば精神的なものってさ、目に見えないでしょ。でもアナルや尿道を拡張すると目に見えるっていうか結果がわかりやすいのよ(笑)

記者>やりがいがあるということでしょうか。

R女王様>そういうことね。あと自分がスキルを身に着ければ身に着けるほどそれがM男に反映されていくところも好きね。それは物理的なものももちろんだし私がスキルを上げればその分M男も興奮して感じてくれるのよね。ちなみに私はM女も調教するけど拡張プレイをするならM男のほうが断然好きなの。だって男ってさ、興奮すると勃起してくれるでしょ?見える成果が欲しい私にはめちゃくちゃ相性がいいんだよね(笑)

「R女王様のM男への向き合い方」

記者>12年も女王様をされていると色んなM男性と会ってきたと思うんですが、R女王様はM男にはどのように向き合っていますか?

R女王様>常に自分もM男たちに成長させてもらってると意識をすること。M男の数だけプレイってあるのよ。全員にまったく同じプレイをしてもM男は喜ばないでしょ。だから私はM男と向き合った時、こいつはどうやったら悦ぶかな?っていうことだけ考えるの。そして目の前のM男にあわせてプレイをして、そのスキルを磨いていくの。
あと長期戦で見ることもあるかなぁ。例えばこのM男は今は乗り気じゃないだろうけど一度アナルプレイをしたらこいつは絶対好きになるだろうな…なんて相手だったら相手のほうから「アナルを調教してください」って言わせるところまでがプレイってね。

「女王様として12年も続けられた理由」

記者>R女王様は12年も今のSMクラブに在籍されていますが、女王様として「継続につながった」理由や常にご自身に心がけていることはありますか?

R女王様>一言で言えば「無理はしないこと」かな。私は一人のM男に執着しないようにしているの。もちろんこのM男をもっとより変態にしたい、と思うことは何度もあったけど、M男だって一人の男性だし他の女王様とプレイをしたいと思うことだってあると思うのよね。だからもしもM男が私から離れようとしていても無理に引き留めようとはしないし、無理に関係を続けようとはしなかったな。そういうのってきっとお互いが疲れると思うんだよね。

記者>なるほど。

R女王様>あとお店の相性もよかったんだと思うわ。私が入った当時の先輩方は「見て覚える」を大事にしていたの。手取り足取りのプレイだとその教えた人の癖が移っちゃうんだけどね、先輩方は見て覚えて自分のものにしなさいって教えだったの。おかげで常に考えることを意識するようになったわ。
さっきも言ったけど全員が全員同じプレイじゃだめだからね。長時間調教するにはどうしたらいいのか、怪我をしている人もいるんだけどそういう人にはどうしたらいいのか、とか。そういう経験は確実に私を成長させてくれたわ。

記者>M男性に求められれば求められるほどR女王様は成長していくんですね。

R女王様>そういうことね。だから色んな人のプレイを見て盗もうと思って結構ハプニングバーに出かけたりもしてたのよ。

「来年に向けての抱負は?」

記者>もう2020年も終わりますが来年に向けた抱負を聞いてもよろしいでしょうか。

R女王様>今まで通り無理せずのんびりやりましょう。かな?(笑)好きでやっていることだからこそ、無理はし過ぎないこと。

記者>それはM男性にも言えることですね。

R女王様>そうね。

「SMに踏み出せないM男性に一言」

記者>それでは最後にSMに興味があるけど勇気が出ない、そんなM男性に一言お願いします。

R女王様>自分に正直に生きてね。なかなか難しいと思うけど、人生は一度きりだしそれこそ明日は何が起こるかわからない。やらずの後悔よりやっての後悔。後悔をしないように勇気を出してSMの世界に飛び込んでみて。

記者>ありがとうございました。

R女王様>こちらこそありがとうございました。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました