SM女王様とお散歩デート・店外デートの実態

S女王様との出会い方

何時も良くしてくれる女王様であれば、室内でのSMプレイだけでなく、首輪をつけられて野外露出も含めたお散歩したいと思う事もあるでしょう。
しかしSM風俗店の女王様ではそれは叶わない事が多く、どれだけ時間やお金を書けても店外に連れだすことは難しいと言えます。
今回はお店と女王様とお客の間にある、店外デートの取り決めや実態について見ていきましょう。

性風俗店は基本的に店外NG

キャバクラなどでは店外のデート後に同伴で来店するサービスがあります。
これはお客さんと嬢が店外デートで食事をし、そのままお店に行くまでが同伴の流れなので確実にそのお客さんから売上を上げれるためメリットとなります。
お客さん側は恋人感覚でデートを楽しめる他、嬢を独り占めしている優越感や距離を縮めれるため、お気に入りの嬢に対して良く利用していますが、SMを含む性風俗店ではNGである事が多いです。
中にはサービス料を取って店外デートや同伴をOKしているお店もありますが、なぜ基本的に店外NGなのか、調べてみました。

NGの理由

店外デートや同伴をしたいと言うお客さんの本心がどうであれ、タダでプレイやセックスする事を求めたり、交際など個人的な関係を求められる可能性があるため、どのお店でも基本的にNGとなっています。
お店側としては、所属しているSM嬢に店外でそんなことをされるとまったく利益にならないばかりか、性病や妊娠させられて働き手が一人減ってしまう危険性があります。
また、女王様としても性病の不安や稼ぎにならないなどもありますが、お店外で誰かと一緒にいる所を他のお客さんに見られたりすると、こぞって自分も店外を求め出してキリがなくなります。
さらにルールを破ったり、利益につながらない女王様はお店側も在籍させておくのはリスクと判断し、辞めさせられる危険もあるので店外デートをやりたがらない女王様も多いです。

女王様のイメージとして

SM風俗やSMクラブでは、奴隷と女王様と言う主従関係を重視し、それを楽しむことが本来の目的です。
女王様もプロ意識を持ってサービスを提供している人も多く、慕ってくれるM男たちの前では高貴な女王様でありたいと思っています。
それを日常的なデートという行為をする事で女王様というイメージが崩れてしまい、仕事に支障が出てしまうため、ホンモノの女王様ほど店外での交流はあまりしたがりません。
その分、お店で過ごせるプレイ時間の間はこの上ないサービスを提供してくれるのです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました