【不倫SM】人妻や熟女にエッチに責められたい!M男性の熱き願望を叶える方法

S女王様との出会い方
▼ PR ▼
リサ女王様

M男性が憧れる人妻の魅力

なぜM男性は人妻や熟女の魅力に取りつかれる人が多いのだろうか。
既婚女性と不倫をすることは、すなわちリスクもあるということになるというのに・・・
たまたま魅力を感じた女性が既婚者だったというケースはありますが、人妻と聞いただけで容姿関係なく興奮してしまう人も少なからずいるんです。
他人のものだから、自分のものにはならないという敗北感がM心をくすぐるのでしょうか。
はたまた、母性溢れていて甘えられそうだから。という固定概念からなのでしょうか。
いずれにせよ、人妻には言葉ではいいつくせないほどの妖美な魅力があるということです。

M男性は人妻と出会いたい。人妻はセックスをしたい。

もうすでに人妻と出会ってみたい。あわよくば人妻に焦らされたり言葉責めされたり誘惑されながらエッチしたいという願望に憑りつかれている方もいるのではないでしょうか。

でも問題なのはその出会い方です。
M男性の傾向としては職場では何かあった時のリスクを先に考えてしまうので同じ職場での既婚女性には手を出すようなことはしないでしょう。
意外と慎重なのがMのいいところでもあります。

ましてや合コン、街コン、相席居酒屋、出会い喫茶。そういったものはあまり積極的に参加したいと考えていないことでしょう。
そうすると絞られてくるのがスマホやPCでじっくり相手と出会えるという手段になります。

M男性が人妻と出会うには?

既婚女性で不倫したい、セックスだけでもいいからしたい。そういう衝動にかられている女性は、一昔前であれば雑誌の広告に紹介されている出会い系サイトを利用することが多かったのですが、
最近では雑誌を買う人妻はは減り、雑誌への広告の露出も激減。
M男性と同様にスマホやPC、タブレットを用いてSNSで探そうという手段をとります。

かといって知り合いが利用しているようなサービスではおっぴろげに不倫相手を募集したりしません。
大体は日常生活のことを投稿しています。

ちなみにここで質問です。

人妻女性はGoogle、yahooを開いたときにセフレを募集しようと検索するときはなんという言葉を入力すると思いますか?

  • 人妻 出会い系
  • 人妻 無料出会い
  • 無料 人妻向けサイト
  • 不倫人妻 出会い
  • 淫乱人妻 出会い

おそらく上に挙げた物はどれも不正解です。
これらは全て男性目線のワードですね。

実際にマッチングサイトを利用していた既婚女性の方10人にどういうワードで検索をするのか聞いてみました。

最も多かったワードがこちら。

  • 無料 メル友募集
  • 30代主婦におすすめの出会いサイト
  • 年下の男の子と遊びたい
  • 浮気願望
  • 夫婦生活マンネリ お悩み相談

人妻というワードを意外と使わないようです。さらに結婚していることを隠したいのかメル友募集や年下の子と遊びたいといったようにあえて自分のステータスを含まない検索をしているようですね。

で、実際それでマッチングサイトにたどりついたのか?
その答えはノーです。
一般の出会い系サイトをみつけたりはしたがやはり普通の出会いでは満足できないという状況に陥ったようで違うサイトを探すことにしたようです。
あとは、罪悪感があるのでメル友だけ欲しかったけど結局自分の本当の気持ちはメールがしたいんじゃないって気づいて大胆な行動をとることにしたと明かす人も。

つまり、M男性が人妻と出会いたいのであればマッチングサイトを使うのも一つの手段として候補にいれてよさそうです。

出会いサイトを利用する人妻が求めている事を知る

まずマッチング目的でサイトを探した人妻達は何を思ってサイトに登録するのか。
やはり「安全」「安心」「秘密厳守」の3つは勿論最低限必要なことですが、
紳士的かつ、自分が優位でいられる相手を探すことにあります。

自分が主導権を握る事で夫婦生活ではできない、あんなことやこんなことを実現させようと考えているわけなんですね。

もちろん、中にはリードされたいし虐められてみたい。という願望の人妻もいるため、全員が優位に立ちたいわけではありません。

そこでM男性には、徹底して女性の意見を尊重する。あわよくば完全にM男に徹してデートしてみることをオススメします。
それと奉仕をするという気持ちをセックス以外でも発揮できると尚いいでしょう。
初日のうちに気に入られる確率がぐんと上がりますよ!

責め好きな人妻が多く利用されているサイト

S女性とM男性の人妻プレイ
⇒まずは無料体験

人妻出会い
【次⇒】【痴女人妻の魅惑のテクニック】奥様…最高でございます!!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました