女王様に選ぶならどういうタイプの女性?

S女王様との出会い方

S女性と一言で言ってもそのタイプは様々。それだけにM男が選ぶ女王様の好みも千差万別です。

また、S女性はそのタイプによってある程度プレイ嗜好に差があるので、M男としては嗜好の合いそうなタイプのS女性を女王様に選ぶ事も大切。

という事で今回はM男が女王様に選びやすい女性のタイプと、そのタイプの特徴について詳しくまとめてみました!

▼ PR ▼
女王様と僕

いかにも女王様系S女の特徴と相性ぴったりなM男のタイプ

女王様らしい女王様というと華やかな容姿で、全身からサディスティックな雰囲気が漂っている。女優で言えば菜々緒さんや杉本彩さんといったところでしょうか。
こういったいかにも女王様系のS女性が嫌いなM男なんて皆無だと言っても過言ではないと思います。

このタイプのS女性はオールマイティなSM嗜好の持ち主。
どんなM男にも合わせてSMプレイを行う事が可能なのでM男なら誰でも相性が合う、と言いたいところですがこのタイプのS女性はM男に合わせてSMプレイをしたいと考えてくれる人はほぼいないと言ってもいいでしょう。

もちろんSM倶楽部やバーなどで調教料を支払う形であれば応じてくれますが、プライベートでは自分好みのSMプレイに徹する事がほとんど。

では、どんなタイプのM男と本当に相性ぴったりなのかというと、

・本格的な緊縛や吊りが好きな経験豊富なM男
・生涯奴隷となる覚悟のあるM男
・鞭責めや針責めなどの苦痛責めで歓ぶM男

です。

いかにも女王様系なS女性はSMプレイに対する向上心が高く、高度な調教テクニックを磨く事が好き。
それだけに吊りや緊縛の練習として使えそうなM男は重宝がられます。

また、このタイプのS女性は生活までSMで染めたいと考えている人が多いので、生涯奴隷の覚悟があるM男も好まれます。ただその場合、口先だけの志願では認めてもらえず何らかのテストや命令で本気度を示す事になるでしょう。

さらに、SMプに対する向上心が高い事から、ハードなSMプレイを好む傾向にあるのもこのタイプ。鞭打ちやニードルプレイで歓びを感じられるM男くらいでなければ相手が務まらない事も。

このように、いかにも女王様系なS女性を女王様に選ぶ場合は、自分自身もSMの世界に骨を埋めるくらいの覚悟を持つ必要があるでしょう。
そこまでの覚悟はすぐには持てそうにないけれどいかにも女王様系なS女性に調教されたい、という場合はSM倶楽部で調教してもらうのが最も手っ取り早い方法と言えそうです。

ギャル系S女の特徴と相性ぴったりなM男のタイプ

10代から20代前半のとにかく若いS女性が好みというM男性にはギャル系のS女性が人気です。

ギャル系S女性と言えば、自分の意見や主張をしっかりと持っており、よく言えば主体性がある、悪く言えば我が強くワガママ。そして何より、性に奔放でエロい事が大好きというもの。

M男性は基本的に受け身な性格なので、自分を引っ張ってくれる性格、もっといえばエッチなプレイでもリードしてくれるギャルの性格に魅力を感じる人も多いのかもしれません。

そんなギャル系S女性と相性がいいM男は、

・25歳以上のM男
・言葉責めが好きなM男
・匂いフェチなM男

です。

ギャル系S女性の一番の特徴は若いという点。こんな小娘の玩具にされるなんて…という屈辱の快感を得るにはもってこいです。同年代のM男ではこの感覚はなかなか味わえないため、最低でも25歳以上の年齢のM男性がギャル系S女性との関係性を最も楽しめると言えます。

また、ギャル系のS女性は自分の意見をしっかり持っているので思った事をズバズバ言う傾向にあります。「キモい」や「変態」など、普通なら面と向かって言葉にするのは申し訳ないかなと思うような事でも平然と言い放ちます。
それだけに、言葉で詰られたり蔑まれる事に歓びを感じるM男にはぴったりな相手と言えるでしょう。

そしてこれは全員に当てはまるわけではありませんが、ギャル系S女性にはズボラなタイプも多く、数日間風呂に入らなくても平気という人も珍しくありません。
それに加え若いので代謝がよく、足や性器の匂いも強くなる傾向に。
なんて聞いたら匂いフェチな男性としてはその足や性器を顔面に押しつけて欲しい…!という思いに駆られますよね。
このように、ギャル系のS女性は匂いフェチな男性にとっても魅力的な存在なのです。

ヤンキー系S女の特徴と相性ぴったりなM男のタイプ

ちょっと怖そうなやんちゃ系のお姉さんは普通の男性には敬遠されがちですがM男からは意外と人気があります。
その理由としてはやはり、怖そうな雰囲気にサディスティックな一面を感じやすいという点が挙げられるでしょう。

そんなヤンキー系S女性と相性がいいM男のタイプがコチラ。

・罵声を浴びると歓ぶM男
・強い女性が好きなM男
・複数の女性に虐められたいM男

ヤンキー系のS女性は基本的に言葉遣いが乱暴です。オラオラ系の言葉で罵倒を浴びせられる事に快感を感じるM男には堪らない存在となるはずです。

また、ヤンキー系のS女性は怒りの表現方法としてつい手が出てしまうタイプが多いのも特徴。いかにも女王様タイプのS女性のように鞭など何かしらの道具を使っての苦痛責めではなく、ビンタや金蹴りといった格闘責めのような自らの肉体を使っての苦痛責めを行う事が多いので、格闘プレイや強い女性に憧れを抱くM男にはぴったりの存在と言えるでしょう。

さらにヤンキー系のS女は仲間同士の繋がりが強く、同じような嗜好を持つ仲間と群れたいという欲求を人一倍もっています。なのでM男を調教する時は仲間のS女を誘ったり、S女の奴隷と合同で調教を行ったりという事も珍しくありません。
それだけに複数の女性に虐められたい願望をもつM男にとの相性もバッチリです。

ちなみにヤンキー系のS女性は一見怖そうに見えながらも一度打ち解けた相手には情に厚いという一面も持ち合わせています。相手の懐に上手く入る事が出来ればそう簡単に捨てられる事はないでしょう。

清楚系S女の特徴と相性ぴったりなM男のタイプ

男性からの人気が最も高い女性のタイプと言えば清楚系。M男の中にも清楚系S女を好む人は多数存在します。
やはり所作や言葉遣いに品があり、清潔感に溢れた女性らしい女性女性には心惹かれるものがありますよね。

そんな清楚系S女と相性がいいM男性は以下の通り。

・容姿重視なM男
・容姿に自信のないM男
・ギャップ萌えしたいM男

清楚系S女といえば、清潔感を感じさせる雰囲気だけでなく、髪や肌が綺麗で顔が整っているといったように実際に美形な人が多いもの。それだけにSM経験や嗜好の相性よりも見た目重視でお付き合いしたいというM男性にはピッタリです。

でも美人な清楚系S女とお付き合いするとなると自分もイケメンでなければ釣り合わないのではないかと考える男性も多いと思います。中には自分はブサメンだから…と諦めがちになる男性もいるのではないでしょうか。
しかし、SM関係として付き合うならその逆で容姿に自信のないM男こそ相性がいいのです。

というのもSM関係の場合、互いに立場の差があればある程主従関係を築きやすくなります。
本当は彼氏として付き合ってみたいけれど、自分はブサメンだから奴隷にしかなれない…という惨めさや情けなさをより実感できるのです。
美女と野獣ならぬ美女と珍獣として蔑まれる被虐も味わえるでしょう。

また、清楚系のS女は普段は上品な言葉遣いや所作を意識しています。
ところがSMプレイになった途端、

“みすぼらしいチンポをぶら下げて恥ずかしいわね”
“汚いケツ穴見せておねだりなんて浅ましい”

といった具合に、卑猥な言葉でM男を辱める人も少なくありません。
このように、普段はおしとやかで品のある女性がSMプレイ時には下品な言動で男を貶めるギャップに、堪らなく興奮するM男とも相性が合う事間違いありません。

高学歴S女の特徴と相性ぴったりなM男のタイプ

高学歴のS女もM男から人気の高い女性のタイプ。高学歴の女性と言えば大人らしく知性がある、といったイメージがあるのでM男からすると頼りがいのあるお姉さんという印象を持つのかもしれません。

また、高学歴のS女は社会的立場や地位の高い職業に就いている事も多く、権威ある女性に被支配欲を掻き立てられやすいとも言えるでしょう。

そんな高学歴S女との相性ぴったりなM男がコチラ。

・財力に自信のないM男
・肉体開発されたいM男
・飼育管理されたいM男

清楚で美形なS女が容姿に自信のないM男と相性がいいのと同じで、高学歴で社会的立場や地位の高いS女と財力に自信がなくうだつが上がらないタイプのM男はSM的に言えば相性バッチリ。
男なのに社会的地位も収入も負けているという惨めさを味わいながらS女の言いなりになる事でより強い屈辱感を得られるでしょう。

また、高学歴S女は知的好奇心が旺盛で一つの物事にのめり込むという特徴を持っている人が多いとされています。それゆえにSMの世界ではアナル開発や乳首開発などじっくりと時間をかけて任意の肉体に開発していくようなプレイにハマリやすい傾向にあるのです。
淫乱な体に開発されたいというM男は是非高学歴なS女を狙いましょう。

さらに高学歴なS女は自分の言動は絶対的に正しく、他人が自分の思い通りに動けば万事上手くいくという思考を持ちがち。
SMプレイの中でもその思考は顕著で、M男の行動を全て把握しておきたい、自分の監視下に置いておきたいという願望を秘めています。特に経済力のあるS女であればM男を飼育するという形でその支配欲を満たす事も珍しくないのです。
そのため飼育管理されたい願望のあるM男は重宝がられる事間違いナシ。生活の面倒も見てもらえるため、飼い殺しにされたい、ペットにされたいというM男には嬉しい限りと言えるのではないでしょうか。

人妻S女の特徴と相性ぴったりなM男のタイプ

hand of the bride with a wedding ring of two types of precious metals touches the walls, close-up

好きな女性のタイプで外せないのが人妻。王道ではないものの根強い人気があり、人妻S女を女王様に選びたいというM男も少なくありません。

そんな人妻S女はどんなタイプのM男と相性がいいのかというと、

・熟女が好きなM男
・痴女責めされたいM男
・割り切りで付き合いたいM男

です。

人妻というとなんとなく30歳以上のイメージがありますよね。これは年々進んでいる晩婚化が影響していると考えられます。
もちろん10代20代の若い人妻もいますが、若い内は旦那に夢中だったり子育てが大変だったりでSMを楽しむ余裕はありません。
どちらにしても旦那とはマンネリを感じ、子育てが落ち着いて旦那以外の男性に興味をもちやすくなるのは30歳以上と言えるのです。
それだけに熟女なS女が好みというM男性には人妻S女がぴったりなのです。

そして人妻S女は旦那との性生活にマンネリを感じている場合も多い事から他のタイプのS女よりも断然性欲が旺盛というのも特徴の一つ。M男を調教したい、というよりもM男で性欲を満たしたいという願望が強いので好みのプレイも痴女責めが中心です。
痛いのは苦手だけどエッチにいやらしくイジメられたい、責められたいというM男との相性が抜群です。

ただ、人妻S女の多くは家庭を壊してまでM男と関係を持ちたいとは思っているわけではなく、基本的には割り切りの関係となる事がほとんどでしょう。
それだけに一生奴隷として傍に置いて欲しいという考えのM男との相性はあまりよくありません。
むしろ、自分にも家族がある、あるいは彼女がいるけれど奧さんや彼女にはM性癖を明かしていないので、秘密裏にSMプレイを楽しみたいM男性にこそお似合いの関係となり得るでしょう。

相性のいい女王様のタイプを知りより良い出会いに繋げよう!

M男が女王様に選びやすい女性のタイプと、そのタイプの特徴について詳しく紹介させていただきました。
貴方の好みの女性タイプと嗜好の相性は合致したでしょうか?

“いかにも女王様なタイプのS女が好きだけど本格的な調教は苦手”
“高学歴なS女が好きだけど自分も社会的立場のある方なのでプライドがぶつかり合いそう”

といったように、好みのS女のタイプと嗜好の相性が合致しない場合は折角いい出会いがあっても長続きしない事もしばしば。
それだけに理想女王様のタイプと自分の嗜好や置かれている状況を出来るだけ合致させた方がより良い出会いに繋がりやすくなります。

もし、なかなかいい出会いに恵まれないという場合は自分の嗜好や状況を見つめ直し、相性のいい女王様のタイプにアプローチしてみてはいかがでしょうか。
そうする事で本当に理想的な女王様と巡り会えるチャンスも一気にアップするはずです!

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
S女王様との出会い方
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました