男なら誰もが知りたい女性がS女に目覚めたきっかけを本邦初公開!これを読めばS女との付き合い方や会話も間違い無し!

S女王様との出会い方

女王様はなぜ女王様なのか。

考えた事がある人は少ないかもしれないですが、言われてみれば気になりますよね。

かといってM男性が女王様に直接聞いてみても、

『なるべくしてそうなったの』

と、優しい女王様なら答えてくれるかもしれません。ですが、大抵は、

『お前に関係ある?』
『くだらない事聞かないでさっさと奉仕なさい!』

と叱られ鞭で引っぱたかれるのがオチ。

そうはいっても一度胸に引っかかると気になってしまうものですし、女王様が女王様となったきっかけ、Sに目覚めたきっかけを知る事で、女王様との関係性も深くなれそうな気がしますよね。

そこで今回は現役の女王様やS女性に、『貴女がSに目覚めたきっかけ』というテーマで話を伺ってみました。

世の女王様やS女性はなぜ嗜虐の世界に惹かれたのか。中には興味深いエピソードを持った方もいたので、厳選して紹介させていただきたいと思います。

女王様に聞いてみた!Sに目覚めたきっかけは?

女王様やS女性はどういったきっかけでSに目覚めるのか。伺ってみたところ、大きく下記のような理由に分かれたのが特徴的でした。
早速それぞれのエピソードを紹介させていただきたいと思います。

元彼の影響

『私がSに目覚めたきっかけは昔付き合っていた恋人の影響です。その頃の私はまだ自分がSだとかMだとか考えた事もない普通のどこにでもいる20代前半の女子。数回目のデートを重ねて、付き合って、初めてのセックスをして月に何度かデートやセックスをして…といった、ごく一般的な男女の付き合いをしていたつもりだったのですが、数回目のセックスから“乳首を抓ってほしい”“チンコを指で思いっきり弾いてほしい”といった要望を受けるようになりました。自分がされるわけじゃないし、彼がそれで気持ちよくなるならいいかと軽い気持ちで承諾。すると、それまでの彼はスマートに淡々とセックスをしていたのに、乳首やチンコを苛めた途端、聞いた事もないようなエッチな声で悶え始めました。女性によっては、その姿を気持ち悪いと感じる人もいるかもしれないですが、私はその時“面白い”と感じました。私が男性を苛める楽しさを見出した瞬間です。これをきっかけに彼の要求はさらにエスカレートしていき、私も積極的に応じるようになり、最終的にはアナルを犯すまでに。その後色々あって彼とは別れる事になったのですが、男性を苛める事に楽しみを見出した私は、付き合う対象をM男性に絞るようになりました。今では既に10人近くのM男性とSMプレイに興じてきた立派なS女です』(R美さん・30代)

『元カレが変態ドMだった。付き合って早々、縛って欲しいとか用意した鞭で叩いて欲しいとか言われてドン引き。でも見た目はタイプだったし、私の事はお姫様扱いで尽くしてくれるような人で、変態ドMって部分以外は申し分なかったから彼の希望に応える事にした。最初は嫌々だったし、マジでキモいと思ったけれど、それを伝えたらもっと言ってと言われた。でも私もそのうち変態プレイにも慣れてきた。というか、楽しくなってきた。最初は嫌々だったのが、私の方から新しいプレイを提案したり変態プレイに使えそうな道具を用意して使ってみたりした。ただ、元カレはSMに興味のない女の子にドン引きされながら責められるのが好きだったみたいで、趣向が合わなくなって別れてしまった。その後、他の人とも付き合ってみたけれど、何か物足りない。元カレとの変態プレイが忘れられない事に気付いてから、SM系の出会いサイトでM男を探すように。今のカレもサイトで出会ったM男だけど、元カレと違って私が主体になって変態プレイを行う事を楽しんでくれるタイプなので、今のところ上手くいっている』(Y奈さん・20代)

物心ついた時から

『私は小さい頃から好きな子はイジメたくなるタイプ。困っている様子をひとしきり楽しんでから、手を差し伸べた時の喜ぶ様に快感(といっても性的なものではなかったけれど)を覚えていた。例えば小学生の頃、こっそり好きな子の靴を隠して困ってる姿を楽しんでから、私が見つけたフリをして返してあげる、なんて事をしていた。きっかけというのは特になくて、私の性格が元々からSだったとしか考えられない』(M季さん・20代)

『私が思い出せる限りの最古のSMプレイは幼稚園に入るか入らないかくらいの頃。家には庭があって、夏になるとそこでビニールプールを出して水遊びをする事がよくありました。近所には同年代の幼なじみも数人いて、プールを出すと自然と誰かしらがやってくる。そんな感じで、遊ぶのが夏の日の日常の風景でした。ある夏の日も親に出してもらったプールで遊んでいたところ、やってきたのは同い年の男の子。いつものように一緒に遊んでいると、私はオシッコがしたくなりました。親は室内で用事でもしていたのかその場にはおらず、男の子と二人だけ。ビショビショの水着姿で家に入りトイレに行くとなると、床が濡れると叱られる。そこで私は男の子に飲んでもらおうと思いついたのです。そして男の子には地面に寝てもらい、私はその上に跨がってオシッコを…多分実際に飲んだのは少量でほとんどは顔周りにかかっただけだったと思いますが、幼稚園に入るような年齢から聖水プレイをしていたのかと思うと、私は物心ついた時からの生粋のSなのだなと実感します。この出来事では親に叱られた記憶がないので、男の子も親に報告などはしなかったのだと思います』(I子さん・40代)

漫画や動画を見て

『あまり大きな声では言えないけれど、私の趣味はアダルト動画を見る事。ここ数年、イケメン男優が主演の女性向けアダルト動画も増えてきたので私としては嬉しい限り。見始めた当初は、男優とのイチャラブシーンからの濃厚セックスでイキまくる女優というシチュエーションに自分を重ねてドキドキしてたのだけど、とある作品を見てから私ってSかもと思うように。美形の男性捜査官が悪の組織に潜入したものの身バレをして、組織の鬼畜女達から屈辱の拷問を受ける、といった内容で、苦痛に歪む男優の表情に今までにない程の興奮を覚えた私。それを見てしばらくは、私ならこんな方法で拷問をしたい、こんなシチュエーションで恥辱を与えたいと妄想しながら自慰に耽る日々。そのうち、自分でも実際にやってみたくなって、つい先日マッチングアプリでM男を捕まえて実践。素人女のする事なので、アダルト動画のような本格的な事はできなかったものの、M男が切なげに懇願する表情や、涙を浮かべながら歯を食いしばり痛みに耐える姿にますますの興奮を感じた私はやっぱりSなのだと実感。最近始めたSMプレイだけど、ますますハマりそう』(Y梨さん・30代)

『男性が拷問を受けている漫画を見てゾクゾクとした感覚を覚えたのがきっかけじゃなかったかなと思います。初めてオナニーをしたのも、男性の拷問シーンを思い浮かべながらだったはず。それから好んでSM調教で躾けられる描写のある漫画や同人誌なんかを読み漁っていました。それが中学・高校生の頃で、私はS女なのかもしれないと漠然と感じていました。そういう事もあって、高校卒業後は専門学校に通いながらSM倶楽部でバイトを始めるように。漫画で妄想していた拷問やSMプレイが実際に出来る事に悦びと興奮を感じ、やはり私はS女だったのだなと思いました。専門学校卒業後もアパレル関係の会社で働きながら副業として倶楽部でのバイトも続けていたものの、倶楽部でのSMプレイの方が生き甲斐になり会社を辞めて、本格的にSM倶楽部の女王様となりました。といっても今は、趣味と実益を兼ねて、ボンデージ衣装の作成販売を行っているのでまた二足のわらじに戻ってしまいましたが、SMの世界に浸っている事には間違いなく、充実した日々を送っています』(A香さん・40代)

仕事が縁になった

『私は元々デリヘルで働いていました。SM色のない一般的なデリヘルです。そこである一人のお客さんに呼ばれたのが事の始まりでした。そのお客さんは初対面にもかかわらず、私にとあるブランドの口紅をプレゼントしてくれました。今まで常連さんからプレゼントをいただいた事は何度かありましたが、初対面でのプレゼントは初めて。それだけに少し戸惑いもありましたが、純粋に嬉しく思いました。デリヘルの基本的な流れとして、まずプレイをする前にシャワーを浴びます。なのでいつも通り浴室に向かおうとすると止められました。“女王様になって欲しいのでシャワーは浴びないでください”と言われたのです。正直意味が分からなかったのですが、私としてはお客さんさえ体を綺麗に洗ってくれればそれで良かったので、とりあえずお客さんだけシャワーを浴びてもらう事に。“服は脱がなくていいので、今差し上げた口紅を付けてもらえませんか?”シャワーから出てきたお客さんはこのように言います。私は言われるがまま、さっき貰った真っ赤な口紅を塗りました。デリヘル嬢として今までになかった展開に勝手が分からず、お客さんの指示のまま動くしかありませんでした。“思いっきり尻を蹴ってください”“ビンタしてください”と言われ、私はただただ無言で蹴ったりビンタします。そうしているうちに時間がきて、プレイを終えて私は部屋を後にしたのですが、私はとても悔しい気持ちになりました。というのも、お客さんが望んでいたのはSMプレイだとプレイの途中で理解したものの、それらしい事が全く出来なかったからです。SMプレイらしく、気の利いた言葉責めでも出来ればもっと満足してもらえたかもしれないのに、私は無言で蹴り引っぱたくしか出来なかった事に、自分の不甲斐なさを感じました。もちろんSM経験などなかったので仕方ないといえば仕方ないのですが、この出来事がきっかけで私はSMを勉強してみたいと思うようになり、動画を見るなどして研究。その後、デリヘルから鞍替えしてSM倶楽部に入店して今に至ります。デリヘル時代には無言で責めるしか出来なかった私ですが、今では私の言葉責めのファンだというM男性からの指名も多くいただくまでに。それだけに、あの時のお客さんにもう一度会って調教してあげたいなという思いが時折頭を過ぎる事もあります』(S恵さん・40代)

『私は写真家をしています。最初は趣味だったのですが、私の撮った写真がある音楽関係の人の目に留まり、ライブの写真を撮ってほしい、と言われたところから始まり、それがきっかけで音楽や舞台、イベント関係者の人脈が広がり仕事としても成り立つようになってきたという感じです。SMとの出会いは6年前、徐々に人脈が増え始めた頃、SMイベントの撮影に協力して欲しいという話をいただきました。私にとっては未知の世界でしたが、いただいた話は私にとって貴重な経験や仕事に繋がるものなので、二つ返事で承諾。いざイベントが始まると、私はその世界観に圧倒されました。舞台の上では妖艶な女王様が、ほぼ裸状態のM男を鮮やかな手つきで縛り上げます。縄を受けるM男は恍惚の表情を浮かべ、なすがままにされる事に無上の歓びを感じているようでした。私は一瞬にしてこのSMという世界に美しさを感じ魅了されたのです。このイベントを機に主催の女王様と仲良くなった私は、素人ながらに感動した事を率直に伝えました。すると女王様は私に“よかったら実際にやってみる?”と言ってくれたのです。そして紹介されたのが、女王様のプライベート奴隷でした。“こいつには何をしても構わないから”と、まず教えてもらったのが鞭の使い方。慣れない手つきで鞭打つと、奴隷が背中を仰け反らせながら呻く様子に思わず高揚感を覚えました。私は遠慮なしで何度も鞭打つと、“あなた、Sの素質がありそうね”と、今度は緊縛方法を教えてもらう事に。こうして私は、仕事で知り合った女王様に思いかけずSの素質を見抜かれて、SMのレクチャーをしてもらい、今ではたまにSMイベントのステージに立つまでになりました。まさか、写真を趣味にしていただけの人間が、それで仕事が出来るまでになり、その上S女としてSMイベントのステージに立つようになるとは思いもしませんでしたが、SMの世界は奥が深く、まだまだ魅力が色褪せる事はありません』(K穂さん・30代)

Sに目覚めるきっかけは人それぞれ、親しくなったら話してもらえる事も!

女王様やS女性がSに目覚めたきっかけについて、詳しく紹介させていただきました。
今回紹介した内容だけでも分かる通り、Sに目覚めるきっかけは人それぞれ。女王様の数だけエピソードがあると言ってもいいでしょう。

今回は匿名の取材という事でお話を伺う事が出来ましたが、女王様という存在はミステリアスでなければならないという考えも根強いので、基本的には親しくない相手に身上を話したりはしないというのが大多数の皆さんの意見でした。
でもそれは逆に言えば、親しくなれば、あるいは親しくなりたいと思ってもらえていれば、エピソードを聞かせてもらえるかもしれないとも取れます。

それだけに気になる女王様がいたら、さりげなくSに目覚めたきっかけを聞いてみてはいかがでしょうか。思いがけず教えてもらえたなら、相手の女王様は貴方ともっと距離を縮めたいと思ってくれているかもしれません!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました