[男性驚愕]素晴らしき睾丸切開の世界。方法やプレイについて解説

M調教プレイ

緊縛も鞭打ちも飽きてきた。もっと過激な陵辱をしてみたい。と考えているS女性も少なくないのではないでしょうか。

しかもM奴隷もちょっとマンネリ化していて反応もイマイチだし、最近なんだか反抗的だったり生意気な一面が目立つ、なんて時には苦痛と恐怖で再度「お前はM奴隷だ」と立場を分からせてやりたくなるはずです。

そこで提案したいプレイは睾丸切開。玉袋を切り開いて金玉を露わにするプレイで、金蹴りや玉潰しといった金玉責めの一種でもあります。

今回はそんな睾丸切開の魅力やその方法についてまとめてみました。

睾丸切開は男としての尊厳を奪う究極の金玉責め

男性にとって睾丸はペニス同様己の象徴でもあります。そんな睾丸を傷つけられると肉体的な苦痛はもちろんの事、男としてのアイデンティティまでも破壊されたという感覚に陥り、精神的ダメージも非常に大きくなるでしょう。

M奴隷に「男」は求めていないS女性にとっては、プレイ中に垣間見せる「男」の一面が煩わしく感じてしまう人もいるのではないでしょうか。
また、M奴隷が生意気な態度をとる時は大抵「自分は男でいざとなれば女の貴女には負けない」という気持ちを無意識であっても抱いているものです。

いずれの場合も最初は金蹴りや局部縛りなどで躾けるのが
一般的ですが、それでも改善しない出来の悪いM奴隷にはさらなる苦痛を与えて体で覚えさせるしかありません。

そこで有効なのが睾丸切開です。睾丸に刃物を入れられるというのは男性にとっては恐怖以外の何物でもありません。その時だけ我慢すれば何とかやり過ごす事ができる金蹴りや局部縛りとは比べものにならない程の苦痛も覚悟する事になります。
その上、己の象徴でもある睾丸に刃物を突き立てられ、中身を露わにされ、玩具にされるという屈辱までも味わわされるのです。

男としての尊厳、そして存在価値すらも奪い尽くす究極の金玉責めともいえる睾丸切開。これを受けたM男は、「男」を捨てた一匹の畜生となり下がるでしょうし、もう二度と女王様に反抗しようとは思わなくなるでしょう。

直に金玉を観察できる好奇心くすぐられるプレイ

外観から見る事のできる金玉は厳密に言うと玉袋であり、実際の金玉はその中に入っています。男性の玉袋を触ると球状の物体を2つ感じる事ができると思いますが、これが金玉です。金玉はとてもデリケートで熱やちょっとした刺激にも弱いため、人間の皮膚の中で最も厚いと言われている玉袋でしっかりと守られています。

と聞くと、好奇心旺盛でSっ気の強い女性なら直に金玉を観察してみたい、観察しながらM男がどんな反応をするか見てみたいと考える人もいると思います。
そんな願望を現実にできるのが、睾丸切開です。切り開く時の感触、裂け目から見える景色、直に金玉を手に取ってみた時の触り心地や温度、色などどれを取っても好奇心をくすぐられるものとなるのではないでしょうか。

実際に睾丸切開を行うには

では実際に睾丸切開を行うにはどのようにすればいいか。ここでは順を追って解説していきたいと思います。

必要な物を揃える

睾丸切開を行うにはまず必要な物を揃える事から始まります。ここで最低限用意しておきたいのは、切開用のメスです。通販を活用すると比較的簡単に手に入るので、用意しておきましょう。
その他には切開を終えた後、縫合する必要があるのでその準備もしておきましょう。縫合針と糸、持針器などがセットになったものが売っているので、それを使うと便利です。
また、消毒用のアルコールやゴム手袋も感染症を極力抑えるためにも準備しておいた方がいいといえるでしょう。

実際に睾丸へメスを入れてみる

必要なものを揃えたら実際に睾丸へメスを入れてみましょう。ゴム手袋をはめ、消毒用アルコールで睾丸とその周辺を消毒します。そして金玉を左右に分けた状態にし、その中心部にメスを入れて縦方向へと裂いていきます。
金玉を取り出すなら長さ2,3センチは切り込みを入れるといいでしょう。

最後は縫合を行う

睾丸切開が終わった後は縫合しましょう。専用の縫合針と糸を使って縫い合わせる事で、リスクは極力低くする事が可能です。

より睾丸切開を愉しむために

睾丸切開を行うだけでも十分M男に苦痛や屈辱を与える事ができますが、その程度では生ぬるいと感じる人もいるはず。という事で、より愉しむための方法も紹介したいと思います。

拘束

睾丸切開を行うというと恐怖や痛みで逃げ出してしまうM男も多いでしょう。また、覚悟はしているつもりでもいざその時になりメスが睾丸に入ると、我慢できずに暴れてしまうという事もあります。
こういった事があると純粋に愉しめないですし、刃物をもっている時に暴れられてしまうと思わぬ事故に繋がりかねません。極力安全に行うためにも、手足を拘束した状態睾丸切開するのがよりプレイを愉しむためのコツです。
M男からしても、拘束される事でもう絶対に逃げられないという覚悟と諦めの気持ちが高まり、それが被虐の快感に繋がりやすくなるようです。
ただし、事前に合意なく拘束して睾丸切開を行うのはトラブルの元になりかねません。必ず事前に相手の同意を得てから行うようにしましょう。

直嬲り

本来金玉は人間の皮膚の中で最も厚いと言われている玉袋で厳重に守られています。にもかかわらず蹴られたり握りつぶされたりすると悶絶するほど痛いもの。そんな過保護に守られている金玉の防御力をゼロにして直に嬲るとどうなるでしょうか。想像しただけで、嗜虐心をくすぐられますよね。
切開した箇所から金玉を取り出し、まずは優しく触ってみましょう。そして徐々に力を込めて握りしめたり、指先で弾いたりすると今までに聞いた事のないような悲鳴を上げ、苦痛に喘いでくれる事間違いありません。
とはいえ、あまり強く握りすぎると刺激が強すぎるため、アドレナリンが大量放出され、人によっては心臓に負担がかかり死に至る事もあるそうなので、相手の体調を確認しながら行いましょう。

去勢

睾丸から金玉を取り出したらやっぱり去勢もしたくなりますよね。M男からしても金玉まで出されたからにはこのまま去勢されてみたい…という気持ちが芽生える事もあるかもしれません。
しかし、実際に去勢まで行うとなると、取り出した金玉の根元を糸で縛り、止血を行いながら金玉を切除するという方法がありますが、技術も必要ですし睾丸切開以上に危険が伴います。
当人同士が心の底からしっかり納得し、リスクも承知の上で、万が一の事があっても然るべき対処方法を整えてから行うべきです。
そこまでの準備はできていないという場合は、疑似去勢に留めておきましょう。取り出した金玉にメスやハサミを当てて切るフリをして再び玉袋に戻して縫合。これだけでも目隠しなどしてその工程を見せなければ、M男は本当に去勢されたような気分になるはずです。

睾丸切開は危険も隣り合わせ

睾丸切開について詳しくお話しました。好奇心旺盛なS女性にとっては魅力的なプレイでもありますが、危険も隣り合わせな行為だというのは伝わったかと思います。それゆえ、様々なトラブルにも気をつけなければなりません。そこで、より安全でトラブルを避けながら睾丸切開を楽しむ方法を紹介します。

必ず相手の合意を得る

基本中の基本ですが、相手の合意なしでは最悪警察沙汰となってしまいかねません。必ず相手の合意を得て行うようにしましょう。口約束だと言った言わないになってしまうので同意書を作成してもいいでしょう。

信用できる相手と行う

たとえ同意書を作成して行ったとしても法的拘束力はないため、万が一の事故が起こった場合の責任の所在はもちろんの事、M男性が同意をしていたとしてもいざ本当に切開されたら、思っていたのと違うと被害者に転じる可能性もあります。こういったトラブルを避けるためにも信用できる相手と行うのが望ましいです。

経験豊富な相手を探す

信用できる程の関係性を築いた相手はいないけれど睾丸切開してみたいという人は経験豊富な相手を探す事をおすすめします。経験者で試すのがいいでしょう。ペニスや睾丸にピアスや入れ墨が施されていたり、ニードルの痕がある相手であれば、睾丸切開は喜んで受け入れてくれるプレイであり、実際に局部責めの経験がある事も明らかなのでトラブルも比較的避けやすいでしょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました