[男性驚愕]素晴らしき睾丸切開の世界。方法やプレイについて解説

M調教プレイ

緊縛も鞭打ちも飽きてきた。もっと過激な陵辱をしてみたい。と考えているS女性も少なくないのではないでしょうか。

しかもM奴隷もちょっとマンネリ化していて反応もイマイチだし、最近なんだか反抗的だったり生意気な一面が目立つ、なんて時には苦痛と恐怖で再度「お前はM奴隷だ」と立場を分からせてやりたくなるはずです。

そこで提案したいプレイは睾丸切開。玉袋を切り開いて金玉を露わにするプレイで、金蹴りや玉潰しといった金玉責めの一種でもあります。

今回はそんな睾丸切開の魅力やその方法についてまとめてみました。

睾丸切開は男としての尊厳を奪う究極の金玉責め

男性にとって睾丸はペニス同様己の象徴でもあります。そんな睾丸を傷つけられると肉体的な苦痛はもちろんの事、男としてのアイデンティティまでも破壊されたという感覚に陥り、精神的ダメージも非常に大きくなるでしょう。

M奴隷に「男」は求めていないS女性にとっては、プレイ中に垣間見せる「男」の一面が煩わしく感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

また、M奴隷が生意気な態度をとる時は大抵「自分は男でいざとなれば女の貴女には負けない」という気持ちを無意識であっても抱いているものです。

いずれの場合も最初は金蹴りや局部縛りなどで躾けるのが
一般的ですが、それでも改善しない出来の悪いM奴隷にはさらなる苦痛を与えて体で覚えさせるしかありません。

そこで有効なのが睾丸切開です。睾丸に刃物を入れられるというのは男性にとっては恐怖以外の何物でもありません。その時だけ我慢すれば何とかやり過ごす事ができる金蹴りや局部縛りとは比べものにならない程の苦痛も覚悟する事になります。

その上、己の象徴でもある睾丸に刃物を突き立てられ、中身を露わにされ、玩具にされるという屈辱までも味わわされるのです。

男としての尊厳、そして存在価値すらも奪い尽くす究極の金玉責めともいえる睾丸切開。これを受けたM男は、「男」を捨てた一匹の畜生となり下がるでしょうし、もう二度と女王様に反抗しようとは思わなくなるでしょう。

直に金玉を観察できる好奇心くすぐられるプレイ

外観から見る事のできる金玉は厳密に言うと玉袋であり、実際の金玉はその中に入っています。男性の玉袋を触ると球状の物体を2つ感じる事ができると思いますが、これが金玉です。金玉はとてもデリケートで熱やちょっとした刺激にも弱いため、人間の皮膚の中で最も厚いと言われている玉袋でしっかりと守られています。

と聞くと、好奇心旺盛でSっ気の強い女性なら直に金玉を観察してみたい、観察しながらM男がどんな反応をするか見てみたいと考える人もいると思います。

そんな願望を現実にできるのが、睾丸切開です。切り開く時の感触、裂け目から見える景色、直に金玉を手に取ってみた時の触り心地や温度、色などどれを取っても好奇心をくすぐられるものとなるのではないでしょうか。

実際に睾丸切開を行うには

では実際に睾丸切開を行うにはどのようにすればいいか。ここでは順を追って解説していきたいと思います。

前後の記事

コメント

  1. しょーた より:

    この記事を読んで、去勢されたいという願望が更に強くなってしまいました。
    だれか、僕の玉を去勢してみたい方いないでしょうか?

  2. ドMしょーた より:

    睾丸切り取られちゃうのはM男究極の願望です
    だれか、僕の金玉切り取って、男としての人生を終わらせてください
    本当に切り取りたい方と出会いたいです

  3. toypenis より:

    玉袋を切開されるのを想像すると勃起します。僕は亀頭に針を6本貫通させられたままオナニーシャセイしたことはあるけど金玉責めは、玉が逃げないように玉の根本を縛って洋式便器と便座の間にはさんで自分の体重(52㎏)をかけて潰そうとしたことくらいかな…去勢はされたくないのでちゃんと縫合してほしいなんて思うけど贅沢?ちなみに僕は美少年好きのゲイです。

TOP
タイトルとURLをコピーしました