女王様はどんなM男が好き?どんなM男が嫌い?

M調教プレイ

女王様はM男を快楽へと導く存在ですが、女王様もひとりの人間です。好き嫌いは当然あります。人としての最低限のマナーや礼儀も大切です。これがなってないとそもそも調教もうまくいかないと思います。

自分の大好きな女王様に嫌われないために、自分が一番となるために、女王様の好き嫌いを把握しておくと調教を受けるとき有利に働くかもしれません。

こんなM男は嫌い

自分は違うと思っているアナタ!「あれ、これちょっと当てはまるかも」なんてことがあるかもしれません。何気なくやっている行動、何気なく話している内容は大丈夫ですか?全く当てはまらないなら問題ないですが、一度チェックしてみましょう。

ただ受け身なだけのM男

「はい!お任せします。私を気持ちよくしてください。その方法知ってるでしょ?」と言わんばかりにひたすら受け身のM男。女王様とM男は彼女と彼氏、妻と旦那みたいな関係じゃありません。「欲しい」「全部わかってるよね」みたいな受け身、もらい待ちなんてされても困るだけです。お互いのことをちゃんと理解して、自分でもどうしたいのか意思表示をしていかないと調教はうまくいきません。

エゴマゾ

受けることはマゾかもしれないが、自分の意志を押し通すところがエゴマゾ。相手がどう思っているかとか、迷惑がっているなど周りのことはお構いなし。自分しか見えていない自分の欲求を叶えるのが第一、女王様も自分の欲求を叶えるための道具の一つという迷惑なM男。

エゴマゾは自分しか見えていないので、相手がこうして欲しいに違いないと勝手に勘違いして接してくるのも同じ。相手の為を思ってという名の押し売り。

とにかく誰のことも見ていません。自分のことばかり。

身体はマゾ、心はサド

女王様からすると面倒臭いタイプです。身体はマゾなので責めの調教を好みますが、心はサドなので上から目線でこられたり、プライドが高く普通の人同士のやりとりがうまくいかなかったり。負けん気が強いので一方に折れなかったりします。でも体はイジメてほしいという複雑な状況。接するのにものすごく困ります。

汚いM男

当然ですね。女王様に限ったことではないと思いますが、見るからに汚い男はたとえ大金を持っていようが、権力があろうが引いてしまうのではないでしょうか。風俗店ではそんなこと言ってられないかもしれませんが、「ご奉仕させてください」「お掃除させてください」なんて見るからに汚く、ドブ臭い口臭のM男に言われてもオエッときます。デブでハゲでチビでもいい、清潔感だけは忘れるな!と女王様はおっしゃいます。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました