【舐め犬として躾けられた僕の調教日記Vol.1】

M調教プレイ

世の中にはいろんな性癖がありますが僕は実はずっとノーマルでした。

ノーマル…と言っても本当はノーマルなのではなく、自分の本当の性癖を知らなかっただけなのかもしれません。

僕は自分の性癖がわかったことで、後悔したこともあったが、それ以上に自分の欲望が満たされたことに対する達成感がたまらず、抜け出せなくなってしまった。

なのでこの日記を読むあなたにも、この日記を読んで自分が知らなかった自分を見つけることができるきっかけとなればいいなと思って僕が実際につけていた日記を少しばかり修正して、ネット上に残すことにしてみました。

まず僕の自己紹介からすると僕は27歳のごくごく普通のサラリーマンだ。

この日記をつける前の恋愛歴やセックス歴としては通常の27歳の男と変わらない生活をしていたと思う。

そんな僕と女王様は年度末の金曜日に居酒屋で出会いました。

よくある男女の成り行きでホテルに行くことになったのだがそこで彼女がドSだということを知った。

そもそも僕はノーマルだと思っていたし、そんなプレイしたこともなかったので最初は興味本位だったが、その後の女王様からの繰り返される調教ですっかり身も心もドMに成り下がってしまった。

そんな女王様との調教も会うたびに本格化していき、なんだか僕は女王様との関係を形として残したくなり、調教日記をつけることにした。

ここからはそんな僕の調教日記をご覧いただこう。

4月12日

今日から調教日記を書くことにした。

続けられるかはわからないが頑張って書いていこうと思う。

ここ最近の調教事情だが、女王様は僕にプチ女装をさせて出かけるのにハマっているみたいだ。

初めは些細なことで、ブラジャーをつけたり女性用のパンツを履いたりして買い物に行ったりすることでドキドキしていた。

家に帰ると下着姿の写真を何枚も撮られたが最近は少しエスカレートしてきた。

この間は女王様が普段着ているYシャツを着て下はパンツスタイルで書店に行かされた。

店員は気付いていないようだったがかなり恥ずかしく羞恥心を煽られた。

女王様は僕に女装させることをすごく楽しんでいるみたいで「いつかレズプレイもしたいわね」と言っていた。

女王様はもしかしたらそっちの気があるのかもしれない。

それでも僕は女王様についていくことを決めているので何の偏見も持たない。

今日のところはこの辺にしておこう。

4月13日

今日は土曜日なので女王様とゆっくり…というかロング調教の日だった。

ピチピチのレオタードを着せられ首輪、足枷…

勿論僕の息子はすでにビンビン…女王様にヒールで踏みつけられているときだった。

ピンポーン

女王様がはーいとインターホンに応答したかと思うと僕に取りに行きなさいと命令されました。

勿論僕は格好が格好だし「それだけは嫌です無理です」と言ったのだが、女王様の命令は絶対…

僕は諦めて玄関に向かいました。

そこにいたのは男性の宅配スタッフで僕の全身を見て当たり前ですがびっくりしていました。(というか絶対引かれていた)

後から気づいたのだが荷物の指定日時がその日の午前中となっていたので女王様の巧妙な作戦だったのだろう。

そのあとは女王様からたっぷりとご褒美をもらい、もう僕の体からは何も搾り取れなくなった。

次に女王様と会うのはゴールデンウィーク、それも温泉旅行に行くことになった。

5月1日

今日から1泊2日、女王様と温泉旅行に行く。

今は隣で女王様が寝ていてとても幸せな空間で1日目の日記を書いている。

今日は普通に温泉旅行…で勿論終わるはずはなく、言わば調教旅行だった。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました