女王様が体の大きな男性を上手く縛るコツ

M調教プレイ

緊縛とはご存じの通り、麻縄などを使って縛り上げ身体の自由を奪う、人気のSMプレイです。
縛り方には無数の種類があり緊縛の世界はたいへん奥深いもの。

日本の縄文化の歴史は江戸時代からと古く、有名な「緊縛師」「縄師」が多数存在します。
緊縛写真は多くの人々を魅了しており、「Kinbaku」「Shibari」という言葉が国外で通用するほど、アートやカルチャーとしても世界中に広まっています。

緊縛の魅力

緊縛は性器を直接刺激するわけではないので、ダイレクトな性感はほとんどありません。
そのためか緊縛をされたいというM男性はそこまで多くないようです。

ただ単に拘束プレイをしたいならば、ワンタッチで拘束可能なSMプレイ用の拘束具が簡単に入手できますから、わざわざ縄を使って複雑に縛り上げる必要はないわけです。

それではいったいなぜ緊縛をするのか?
緊縛でエクスタシーを感じたことのある人はよく「抱きしめられて安心するような感覚がある」「心が解放される」と言います。
身体は縛られているのに、精神は解放されたように感じるとはなんとも不思議ですね。
高度な緊縛プレイには、ただ手錠をかけるだけの拘束プレイとはまた違った深いコミュニケーションが存在するようです。

少しずつ縄が身体に巻かれぎゅっと締め付けられていく感覚。
時折「痛くない?」と優しく気遣われながらも、どんどん自由は奪われていく。
すっかり縛り上げられた時にはもう自らの意思で身動きをとることはできず、ただされるがままになるだけ・・・
とても官能的で、心が満たされるのもわかる気がしますね。

もちろん、麻縄や赤いロープで縛られた痴態は視覚的にも興奮するもの。
羞恥プレイ、ムチやロウソクを使った苦痛系、身体を縛った上で服を着て外出する野外プレイなど・・・あらゆる場面において、緊縛はより一層プレイを盛り上げるためのスパイスでもあります。

実際に縛るときのコツ

女性が男性に縄をほどこす場合、男性のほうが身体が大きいことが多いため、大変そうだとか力が要りそうだなどと思うかもしれませんが、特別そんなことはありません。

ただし、本格的な緊縛を行ってみたいのであれば、講習会などに参加してきちんとプロから習うことが理想です。
腕力のない女性が自分よりも重たい相手を自己流できつく縛り上げたり吊るしにチャレンジするのは大変危険ですので注意しましょう。

緊縛の危険性

緊縛プレイにおいて何より大切なことは安全に気を配ることです。
ハードな責めが好みのM男性もいますし、そうでなくとも女王様の仕置きには喜んで耐えるのが奴隷のつとめ。
しかし緊縛は大変危険をともなうプレイで、一歩間違えれば後遺症が残ってしまうことも。最悪の場合命の危険にさえ繋がりかねません。

緊縛された相手は、身動きをとることができません。
自分の身のすべてを女王様に委ねることになります。

緊縛する側はそのことを肝に銘じ、主人として安全に留意しなければなりません。
以下に緊縛プレイにおける代表的な危険症状を記載します。

・チアノーゼ
きつく縛ったり無理な体勢をとらせることにより、血流が滞り、肌が紫色に変化する症状です。
受け手にしびれなどの症状がなくても速やかに縄をほどき、マッサージなどを行い血流を促すようにしましょう。

・皮下出血
糖尿病などの持病があって血管がもろいと、それほどきつく縛っていなくてもひどい内出血を起こしたり、縄のかかっていない部分に内出血が見られることがあります。
症状に違和感を感じた場合は縄をほどき、後日でも診察を受けるのがベターです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました