女王様が体の大きな男性を上手く縛るコツ

M調教プレイ

緊縛とはご存じの通り、麻縄などを使って縛り上げ身体の自由を奪う、人気のSMプレイです。
縛り方には無数の種類があり緊縛の世界はたいへん奥深いもの。

日本の縄文化の歴史は江戸時代からと古く、有名な「緊縛師」「縄師」が多数存在します。
緊縛写真は多くの人々を魅了しており、「Kinbaku」「Shibari」という言葉が国外で通用するほど、アートやカルチャーとしても世界中に広まっています。

▼ PR ▼
女王様と僕

緊縛の魅力

緊縛は性器を直接刺激するわけではないので、ダイレクトな性感はほとんどありません。
そのためか緊縛をされたいというM男性はそこまで多くないようです。

ただ単に拘束プレイをしたいならば、ワンタッチで拘束可能なSMプレイ用の拘束具が簡単に入手できますから、わざわざ縄を使って複雑に縛り上げる必要はないわけです。

それではいったいなぜ緊縛をするのか?
緊縛でエクスタシーを感じたことのある人はよく「抱きしめられて安心するような感覚がある」「心が解放される」と言います。
身体は縛られているのに、精神は解放されたように感じるとはなんとも不思議ですね。
高度な緊縛プレイには、ただ手錠をかけるだけの拘束プレイとはまた違った深いコミュニケーションが存在するようです。

少しずつ縄が身体に巻かれぎゅっと締め付けられていく感覚。
時折「痛くない?」と優しく気遣われながらも、どんどん自由は奪われていく。
すっかり縛り上げられた時にはもう自らの意思で身動きをとることはできず、ただされるがままになるだけ・・・
とても官能的で、心が満たされるのもわかる気がしますね。

もちろん、麻縄や赤いロープで縛られた痴態は視覚的にも興奮するもの。
羞恥プレイ、ムチやロウソクを使った苦痛系、身体を縛った上で服を着て外出する野外プレイなど・・・あらゆる場面において、緊縛はより一層プレイを盛り上げるためのスパイスでもあります。

実際に縛るときのコツ

女性が男性に縄をほどこす場合、男性のほうが身体が大きいことが多いため、大変そうだとか力が要りそうだなどと思うかもしれませんが、特別そんなことはありません。

ただし、本格的な緊縛を行ってみたいのであれば、講習会などに参加してきちんとプロから習うことが理想です。
腕力のない女性が自分よりも重たい相手を自己流できつく縛り上げたり吊るしにチャレンジするのは大変危険ですので注意しましょう。

緊縛の危険性

緊縛プレイにおいて何より大切なことは安全に気を配ることです。
ハードな責めが好みのM男性もいますし、そうでなくとも女王様の仕置きには喜んで耐えるのが奴隷のつとめ。
しかし緊縛は大変危険をともなうプレイで、一歩間違えれば後遺症が残ってしまうことも。最悪の場合命の危険にさえ繋がりかねません。

緊縛された相手は、身動きをとることができません。
自分の身のすべてを女王様に委ねることになります。

緊縛する側はそのことを肝に銘じ、主人として安全に留意しなければなりません。
以下に緊縛プレイにおける代表的な危険症状を記載します。

・チアノーゼ
きつく縛ったり無理な体勢をとらせることにより、血流が滞り、肌が紫色に変化する症状です。
受け手にしびれなどの症状がなくても速やかに縄をほどき、マッサージなどを行い血流を促すようにしましょう。

・皮下出血
糖尿病などの持病があって血管がもろいと、それほどきつく縛っていなくてもひどい内出血を起こしたり、縄のかかっていない部分に内出血が見られることがあります。
症状に違和感を感じた場合は縄をほどき、後日でも診察を受けるのがベターです。

・血栓症
長時間同じ姿勢をとることで血の流れが悪くなり、血管内に血の塊ができてしまい、それが肺や脳に流れること。「エコノミークラス症候群」と同じ症状です。
緊縛した状態での長時間の放置プレイは危険なので避けましょう。
縄をほどいた後に万が一、気分が悪い、動悸、呼吸が苦しいなどの症状が出た場合は、素人判断はせずすぐに病院へ。

・神経麻痺
神経が極度に圧迫されることにより、しびれが残ったり力が入らなかったり、うまく動かせなくなる、といった症状が起こることがあります。
症状が起こりやすいのは縄をかけられることの多い腕や脚です。
たいていはすぐに治まりますが、ひどい場合は数ヵ月以上症状が続くこともあります。

ここまでお読みになって、危ないな、緊縛はやめておこう・・・と感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、SMプレイに危険はつきもの。
きちんとパートナーとコミュニケーションを取り無茶をしなければ過度に怖がることはありません。
無理がないか声をかけたりよく観察して、相手の状態を確かめながら縛っていきましょう。

受け手の男性はキツく縛られてもつい「大丈夫です」と言ってしまうかも知れませんが、危険防止のため、きちんと自分の状態を女王様に伝えることが肝要です。

縄選び

縄は6~8㎜径のものを使用しましょう。それ以下の細い縄だと食い込みすぎて血流障害などを起こしやすいためです。
もっともスタンダードな麻縄は「なめし処理」などの手入れが必要となります。
綿ロープは扱いやすいですが、多少の伸縮性があるため力加減が難しく、思いがけずキツク縛りすぎてしまうことがありますのでご注意を。
身体の大きな男性の場合、縄の長さも必要になりますので、長さ・本数ともに余裕を持って縄を準備しておきましょう。

おススメの縛り方

M男性を緊縛する方法としては大きく分けて3種類あります。
ひとつ目は「後ろ手縛り」や手首足首を縛るといった、拘束し身動きを取れなくさせるための縛り。

ふたつ目は「亀甲縛り」「菱縄縛り」といった「飾り縄」です。
これらの縛り方はほかの縛り方と組み合わせないと拘束力はなく、主に羞恥心や性的興奮を煽るための縛りといえます。

みっつ目は「陰茎縛り」「玉縛り」などの男性器に縄をかける縛り。
女性を緊縛するときにも「股縄」と言って性器を縄で刺激することがありますが、睾丸やペニスを緊縛できるのは男性ならではですね。

・亀甲縛り(菱縄縛り)
もっともポピュラーな「亀甲縛り」。
いかにも変態らしい緊縛姿にM男なら大興奮してしまいますね。
自縛も可能なので、自分で縛ってオナニーしなさい、などの命令をすることもできちゃいます。
亀甲縛りはそれだけでは拘束力がないので手足は自由に動かせます。上からコートを一枚羽織れば外からはわからないので、そのまま外出して羞恥プレイや露出プレイというのも定番です。

・後ろ手縛り
基本的な縛り方のひとつで、是非覚えておきたいのがこの後ろ手縛り。
上半身をしっかり拘束するので抵抗することができなくなります。亀甲縛りやほかの縛り方と併用することも多いです。
このような拘束性の高い縛り方をした上で長時間の責めをしたい場合、特に身体の固い男性には無理のない腕の位置で縛るようにしましょう。

・M字開脚
特定の縛り方ではなく拘束された側の状態を指す言葉で、脚をM字に固定し性器周りを露わにさせる緊縛全般を言います。
椅子に縛り付けたり、テーブルなど少し高さのある台の上で緊縛し、じっくりアナルやペニスを調教してあげるのもいいですね。

・陰茎縛り、玉縛り
ペニスの根元だけを縛り締め付けて苦しめたり、竿全体に縄をかけて縛ったり、と自由に楽しめるのがペニス緊縛。
玉縛りは、二つの睾丸の皮をピンと引っ張ってそれぞれ固定するように縛り上げます。
陰毛があると縛りにくいのできちんと剃っておくことをおススメします。
M男性はもちろん、チンポをイジメるのが大好きな痴女にもたまらないですが、興奮してしまい長時間強く締め付けすぎないように注意しましょう。

緊縛は回数を重ねるごとに締め具合もわかり慣れてくるものですので、安全には注意しながらどんどんプレイに取り入れ楽しんでみてくださいね!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました