いくつ言える?縛り方の種類!

M調教プレイ

緊縛は数あるSMプレイの中でもとても人気があります。
また、緊縛単独ではなく、緊縛してから他のプレイと組み合わせることが多いです。

さてその緊縛はどんな縛り方があるのでしょうか?
有名な亀甲縛りは知ってる人も多いでしょうね。
でもそれは本当に亀甲縛りなんでしょうか?

亀甲縛り

その名の通り亀の甲のような形の縛り方
六角形の形になるように縛ります。
胴体全体を縛る形となりますが、手足は動きます。

菱縄縛り

亀甲縛りとよく間違えられる菱縄縛りはひし形になるように縛ります。
胴体全体を縛る形となりますが、手足は動きます。
だいたい亀甲縛りではなく、菱縄縛りをしていることが多いです。
こちらの方が簡単に縛れます。

股縄

股に縄をかける形の縛り方です。

後ろ手縛り

手を後ろに回して縛ります。
体の柔らかさによって手の重ね具合や形、位置が変わります。
その人のきつくなりすぎない状態を保つようにしましょう。
ムリに上の方にしたり、腕同士を重ねようとすると関節や腱などを痛めてしまいます。

胸縄

胸元を強調したりする縛り方です。
単独ではなく、後ろ手縛りと組み合わせることが多いです。
緊縛する人の好みによって縄のかけ方がかなり変わります。

その他の縛り方

他にも様々な縛り方がありますが、実をいうと名前のついていない縛り方が圧倒的多数です。
脚をM字開脚したり、手と足を一緒に縛ったりなどには名前があるようで、統一された名称はありません。

どんな縛り方でも受け手の体のことを考えて縛らないと怪我などの原因になります。
その時はよくても後々に響くこともあります。
きつすぎたり、緩すぎたりしないようにしましょう。

首にかける時は最新の注意を払いましょう。
基本的に後ろ側にはかけることがありますが、締め付けない程度にかけます。
吊りをするときはさらに注意しましょう。
一気に上に吊り上げたりせずに少しずつ上げていきましょう。

実際の緊縛プレイを見たり、講習を受けたりするのが一番です。
ネットの情報だけでは不足しがちな情報もかなりあります。
見よう見まねでやるのは自縛するだけにとどめておきましょう。

様々なことに注意して楽しい緊縛ライフを送りましょうね。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました