くすぐり責めによる悶絶苦痛!簡単だけど奥の深いくすぐり責め!

M調教プレイ

M男を虐める方法、調教する方法の中でも入りやすくそしてやりやすく、初心者でも受け入れやすい方法としてオススメのしたいのがくすぐり責めです。どれだけ身をよじっても許しを乞うて求めてもらえず悶絶する姿というのもいいものです。

でも、くすぐるだけなので笑うことはあっても、責めというほどツライことではないように思えませんか?

しかし、くすぐることは拷問にもなるほどの行為なのです。
くすぐり続けられると笑い続けて、呼吸が苦しくなっていきます。
運が悪いと呼吸困難に陥り、死にいたることもあります。

一度体験すると想像以上に苦しいことが分かります。
ですが、その苦しさは比較的セーフ圏でのプレイで体験しやすくまた、手軽に行う事も出来るし
工夫を凝らしてより楽しむこともできるのでお勧めです!

そんなくすぐり責めのプレイ方法をお伝えしていきたいと思います!

▼ PR ▼
女王様と僕

くすぐり責めのやり方

くすぐられるM男を動けないように縛ります。
ベッドや柱などに拘束具や縄などで留めましょう。
動かれると責め続けることができません。
くすぐられると体をよじって、よけようとするのを防ぐためです。

さて、いよいよ実際にプレイを始めますがどうするかというと…

単純にくすぐるだけです。

とても分かりやすく、そして単純なんですがそれこそが一番です!
ただもちろんそこにはこだわりを持ってM男を攻めていきたいですよね。

その際にどういう所にこだわりを持つかというと…

くすぐるための手段

ここを色々と工夫していくことでM男の反応を色々と楽しむことができます!

くすぐり手段1 手

まずは単純にすぐに用意できる手でのくすぐりです
自分の手さえあればすぐにできるし、くすぐる箇所も細かい所をコントロールできるので便利です。

ただ、問題があって詰めが伸びていたりすると危ない、くすぐったがりでない場合指でくすぐっても
反応が鈍い、くすぐったさを感じてもらいづらい、またどうしても暴れるとM男でも力はあるので
究極までくすぐりをしづらく身をよじられるので妨害されやすいという所があります。

そんなときのためにおススメなのが、あらかじめくすぐる場所にパウダーをまぶしておく事です。
指の摩擦を減らして滑りやすく引っ掛かりづらくすることで、ぎりぎりのフェザータッチもしやすいですし相手が多少動いても
指の滑りを継続させやすくなります。手でくすぐる際には試してみてください。

くすぐり手段2 筆・刷毛

くすぐりアイテムとしては王道の筆や刷毛、ハケ水車なんて下品なバラエティ装置もあったほどで
くすぐったがられやすく、また相手の体との距離もあるので多少暴れられても安全にくすぐる事が出来ます。

デメリットとしては安物だと弱いけど高級なものだと高いところ、そして相手がくすぐったがって暴れた際に折れたり
相手の体にちょっと危険があるところですがM男ですし多少怪我しても大丈夫でしょう。

上手く筆や刷毛の先っちょの部分を相手の敏感な所にちょっと当たるようにして
毛の先端のばらつきでくすぐったがらせるのが筆や刷毛でのくすぐりのコツです。
相手が動く事も含めてそこはテクニックと慣れが必要になりますね。

くすぐり手段3 ハンディモップ

いわゆるクイックル的なアレです、なんと言ってもこのアイテムのおすすめポイントは
くすぐり以外の普段も使える!もちろんプレイの時は新しい先端に変えてあげて欲しいですが
家に気軽に置いておけるという点がメリットになりますね!

そして当然ながら範囲が広い!広範囲を同時にくすぐる事が出来るので思いのほか鈍いタイプのM男の意外な所もくすぐれて、くすぐったがらせることが可能です!
そしてくすぐり方も距離に気を付けて回したり振るだけなので案外簡単にくすぐれる、初心者でも便利なアイテムと言えます!

デメリットとして多少なりともお金がかかってしまうのはありますが
それも普段使いにも使えるメリットで帳消しにできるのが良い所ですね。誰でも気軽に手に入れられて気軽に使えるのでお勧めできます!

くすぐりプレイで注意する所

ここからは実際にプレイした体験からくすぐりプレイで注意したい点についてご紹介します。
しっかり楽しむのと、同時に気分よく何度も楽しめるようにしていきましょう。

くすぐりプレイの注意点①:笑い過ぎ

くすぐりプレイで悶絶してセーフワードが言えない、合図が出せないなどの笑い過ぎが一番に注意する所です。
余りに激しくし過ぎても緩急をつけて、一息つけるようにもしくは可愛いからと調子に乗ってM男をついイジメすぎてしまう場合でも
時々休みを与えてあげて様子はしっかり確認しましょう。
暴投で記載したように過呼吸に陥ってしまうなどのケースや失神など、笑っているだけなのに案外危険は多いです。

くすぐりプレイの注意点②:おもらし

くすぐりで笑い過ぎているときは色々と緩くなってしまいます、聖水プレイと違って準備をしていない不意のお漏らしの場合
後始末が大変なのでそこは気を付けたい…ですが最初は判らないものですよね。もしM男が緩い情けない男だった場合、もしくはアナル拡張などをしている場合には笑い過ぎで緩むのに警戒をして、あらかじめシートなどを敷く、出させておくなどの対策をするほうがいいでしょうう。

くすぐりプレイの注意点③:突き指など

M男と言え男性、重いし力も強いので最初に書いたように暴れた場合にはこちらが怪我をする可能性があります。相手が怪我をする場合もあります。特に指でくすぐる場合には爪を折ってしまったり突き指をしてしまったりのケガには注意しましょう…いくらM男を可愛がっていたとしても、怪我をさせられてしまうのは避けたいところ。かなり激しく暴れる、身をよじるタイプなら拘束を強くするなどの工夫をしましょう。

くすぐり責めは単純で責めやすく、苦痛も与えられるけどただただ苦痛ではない攻め方なので覚えておいて、入り口にするのも良いかも知れません。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M調教プレイ
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました