【フェチなプレイに興奮!!自由を奪われるのは縄だけじゃない!!】

自由を奪われるのが好きな人って多いですよね。
代表的なもので言えば緊縛や拘束なんてそうですし、精神的に自由を奪われるのが好きな人だっています。
M女性やM男性…どういった心理や願望を持っているのかもSの方からすると気になるところもあると思います。
緊縛となればガッツリSMプレイになるから嫌だけど、拘束プレイとなるとソフトSMの中の1つとも言えるので興味があるという人は非常に多いです。
そこからどんどんSMプレイにハマらせていくのもアリですし、パートナーとのマンネリ解消になるのでこの自由を奪う拘束プレイというのはとてもおすすめです。

緊縛や拘束と言えばロープや麻縄がイメージできると思うのですが、実際初めてそういったプレイを行う際にいきなり縄は…と戸惑う方も多いと思います。
そういった方に向けて縄だけではない、自由を奪う道具に付いて考えていきたいと思います。
今回は割とソフトな感じで初心者向けの記事となってしまうのですが、中には少しだけハードな内容も含まれると思うので、経験者の方にも楽しんでもらえると思います。

【はじめに】

拘束プレイを行うにあたって注意して欲しいことがあります。
それが無理をしないということです。
拘束をすることによって痕が残る場合もありますし、体調が悪くなってしまうこともあるのです。
詳しくは他の記事でも説明している記事があると思うので検索してみて欲しいのですが、もし気分が悪くなったりした場合はすぐに相手に伝えて、中断するようにしましょう。
セーフワードなどを決めておくのもおすすめです。

【縄以外に自由を奪う道具】

それでは早速ですが、縄以外の自由を奪う拘束プレイに使用できる道具について紹介していきたいと思います!

ネクタイやベルト


少女漫画なんかによくあるやつですね。
ソフトSMの始まりなんかにも多いのではないでしょうか?
基本的には手首の拘束に使用することが多いネクタイやベルトは長さも太さも丁度いいですし、すぐにできる拘束なのでおすすめです。

タオル


こちらもネクタイ同様、よく見かけるソフトSMに使用されるものですね。
ネクタイよりも結びにくいですが、縛られる側の負担も少ないです。
手首や足首に使用することが多いのではないでしょうか。

手錠


大きめのドン○ホーテやゲームセンターに行くとUFOキャッチャーで手錠が置いてあるのを見かけたことがありませんか?
私の友人はそのUFOキャッチャーをふざけてカップルで取ってそのままセックス中に使用したと言っていました。
冗談半分で取ってみない?と言ってみるのもいいかもしれませんね。

他にも手錠にはモコモコのクッションのようなものが付いているタイプの手錠も存在しますし、レザーになっている物も存在するのでつけている側への負担軽減や、あまり怖いイメージを与えないようになっている作りのものもありますので沢山調べてみてくださいね。
中には本物さながらの手錠があったりもします。

4点拘束手錠


このタイプの手錠はよくラブホに設置されていることが多いので、ラブホに行った際にはベッドの脇を確認してみてください。
マットレスの下で4つの手錠から伸びる紐が繋がっていて装着するとベッドの上で大の字のような形になり動けなくなります。
工夫次第でM字開脚なんかにしてしまって恥ずかしい体験をするのもいいですね。
M時開脚と言えばM字開脚専用の枷があったりもするのでこちらも検討してみてはいかがですか?

テープ類


普段から使用するもので例えるならガムテープやビニールテープで好きなようにベッドや椅子に固定することですが、肌が弱い人も中にはいるので事前に体用のテープを使用するのをお勧めします。
テーピングやガーゼを止める際などに使用するテープがあればそちらを使用し、それも肌に合わない人にはこちらのテープをおすすめします。

ボンテージテープ


ボンテージテープは粘着剤を使用しておらずテープ同士の静電気を使って固定するというテープです。
頑丈さも二重三重に重ねることによってかなりの強度になるので心配要りません。
これなら肌が弱い人にも使用できますし、髪の毛にもくっつかないので顔などにそのまま巻き付け、目隠しや口元に使用するのも興奮度間違いなしです。
色の展開も豊富なので、一番興奮する色を選んで購入してみてくださいね。
ちなみに私はやっぱり王道の黒か赤をお勧めしますが、色の白い人には赤、黒い人には黒が似合うんじゃないかなと思います。※独断と偏見です(笑)

ラップ


ラップで体をぐるぐる巻きにしたときのあのピタッとした感じ、たまらなくエロいですよね。
触られるとまた違った刺激で、巻かれている側もいつもより興奮してしまうこと間違いなしです。
視覚的にも感覚的にもテンションが上がってしまいますし、どの家庭にもあるものなのですぐにでも始められますよね。
ただ、夏に巻くといつもより大量の汗をかくと思うので、蒸れなどに気をつけてこまめに水分補給して下さいね。

ラバースーツ・キャットスーツ


ラバースーツもぴったりとしたものや素材によっては自由を奪うことができるスーツです。
女王様のイメージが強いですが、M女性やM男性にあえて着させて楽しむラバーフェチもいます。
ぴったりと体に張り付いているラバーにエロスを感じのでしょうね。
お互いにラバースーツを着て体をこすり合わせるドッキングを行って楽しむ方法もあります。
中には大事なところにチャックが付いているものもあり、そのまま挿入可能という便利なラバースーツも存在します。

布団の圧縮袋


圧縮袋を使用して自由を奪うという手もあります。
ただこのプレイは非常に危険なプレイでもあるので注意して行うことが大事です。
中に入って空気を完全に抜かれると息ができなくなるので数十秒、数分ごとに休憩をしながら行うのがいいでしょう。
どんどん肌に張り付いてくる工程を見ることが非常に興奮するプレイですね。

バキュームベッド・バキュームラック


なかなかお目にかかることのできないバキュームベッドですが、1万円ほどで購入ができます。
ただ、海外のサイトを利用して購入することが多いと思うので、ウイルス対策などは自己責任でお願いします。
調べていると日本語のホームページも存在したので検索してみてくださいね。

このバキュームベッドは基本的に中に入り呼吸穴やチューブなどを使って呼吸がしっかりできると確認をしてから掃除機で中の空気を抜いて真空状態にするものです。
素材はラバー製のものが多く、カラーも黒や赤などの色物から、透明のものまであるので自分の好みで選ぶことができます。
ベッドタイプのものや圧縮袋タイプのものなど、タイプも様々です。
全身を中に入れるのは怖いと思うのであれば顔だけ外に出す方法や、オプションなどで顔だけ外に出すタイプを選択できる場合もあります。

【おまけ:拘束具セット】


これからソフトSMを始めてみたいというカップルにお勧めなのがソフトSMの拘束セットです。
Amazonなどで販売されているのですが、値段も1000円〜2000円とお手頃な価格で多いもので15個ほどの道具がセットになっているものもあります。
見た目もいかにもSMという怪しいものからピンクや白などをベースにしたかわいいものもあるので初心者さんにはおすすめです。

【まとめ】

後半にかけて少しハードな内容にもなりましたが、私的にロープ以外の自由を奪う道具を選んでまとめてみました。
最初は身近にあるものから始めてみて、どんどん自分達に合った道具を試してみてくださいね。
最後までお付き合いありがとうございました。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました