フェチプレイとSMプレイの境界線は?線引はここだ!

M調教プレイ

フェチプレイとSMプレイの境界線はどこだと思いますか?

答えは……

『境界線なんてありません!!』

ということになってしまいますが、“これはフェチプレイかな” “じゃあこれはSMプレイ”というものはあります。

もう少し詳しく掘り下げてみましょう。

そもそも境界別けは必要か?

まぁ。元も子もないことですが、実際にハッキリとここからここまでがフェチプレイでそれ以降がSMプレイなんてないので別ける必要がないように思いますが、“見てわかりやすい” “区別しやすい”など何となく分けた方が伝えやすいし伝わりやすいというのがあります。

そもそもSMプレイはフェティッシュなプレイだし、SM嗜好自体がフェチ思考です。

ただ、SMといえば、緊縛や鞭、蝋燭と王道を行くSMを想像し、フェチといえば、赤ちゃんプレイや体の○○のパーツが好き、見下されたい、殴られたいなど変態度が強い嗜好を指すことが多いですよね。

感覚に訴えるならSMプレイというとハードでビシバシされそうなイメージですが、フェチプレイというとS側にエッチに責められるみたいなちょっと優しい感じもします。ソフトSMちっくなイメージが強い。

SMと聞くと怖い・痛そう・何となく敷居が高い、よくわからない、変態というイメージがあって思いきれない人もいる。フェチプレイっていうと何となく始めやすい感じがする。というようなこともあって、特に分ける必要もないが、あった方がわかりやすいというだけのことだと思います。

これも、人の感覚によって違ってくるので「それは違う」という人もいれば、「そうだよね」と納得する人もいる。風俗店などのお店でそれはSMプレイに入るからそこまではウチではやらない。などがあるし、歴史的な観点から見れば違う意見も出てくるでしょう。

とても曖昧なので丸っとひっくるめてSMプレイとしているのではないでしょうか。

境界線がない曖昧なものなので絶対ではないですが、簡単にSMプレイとフェチプレイを分けてみました。

SMプレイ

・緊縛

縄でMを縛ります。緊縛が美にまで発展したのは日本発祥。

・拘束

貞操帯含む手枷、足枷など。

・鞭打ち

平手打ちも含む。スパンキングといえばSMというイメージが強い。

・拘束台や貼り付け台に拘束する

調教部屋などでお馴染み。

・木馬

三角木馬はM女などがよくまたがっている。拷問器具としては最適。

・言葉責め

罵倒したり羞恥心を煽ったり精神責めをする。

・ペット調教

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました