Mオス奴隷を前立腺調教で何度も拘束悶絶アクメさせる為の3つのステップ

M調教プレイ

一昔前のマゾ男は鞭を打たれたり緊縛で体を締め付けられたりすることに悦びを感じる人が多かった気がします。
しかし今時のマゾな男はどちらかというと外から刺激を与えられることより、中から刺激を与えられることを好む傾向があるようです。

たとえば前立腺調教はここ数年特に人気が高いプレイで、これを実践してもらうことで何度も絶頂を感じているマゾ男が最近は実際にとても多くなっています。
そこでここではそんな人気な前立腺調教で、実際に何度もMオス奴隷を悶絶アクメさせるための三つのステップをご紹介したいと思います。

綿密なカウンセリングと長時間の愛撫

男女共にSMプレイでより強い快感を味わいたいと願うなら、まずはSMお互いに深く強い信頼関係を構築することが必要不可欠です。
もしも信頼関係が上手く構築できていない状態のままプレイを続行してしまったら、最初はスムーズにことが進んでも、次第に快感を味わうことに限界が感じられるようになるでしょう。

ですからSMプレイはそれを行う前に出来る限り綿密なカウンセリングを行うように気を付けておいた方が良いと思います。
カウンセリングといってもなにも専門的な知識が必要というわけではなく、たとえばプレイをする際の要望を聞き取るだけのことです。

マゾ男によっては実はこんなプレイは怖くて無理だとか、これが苦手といったことがありますので、そういったNGプレイについてはよく聞き取っておくのが良いでしょう。
またもちろん、ここをもっと攻めてほしいだとか、こういうことをされることに興奮するといった希望についてもよく聞き取っておくことです。

こういったプレイの前の言葉のやり取りによる準備は、想像しているよりもずっと意味も効果もあることですから、積極的に行っていくようにした方が良いでしょう。
さらにカウンセリングを終えたあとで実際にプレイを始める前に、できるだけ長い時間をかけて愛撫を行うなど、いわゆる前戯を行うことがとても大切です。

女性に長い前戯を行うことの重要性は広く色々な場所で話されていることですが、こと前立腺調教を求めるマゾ男を相手にする場合でも、それと同じように前戯がとても重要な効果を持つことはよくよく覚えておいた方が良いでしょう。
前戯を長く行うことで精神的にも肉体的にも、前立腺調教を受けるための準備をより良いかたちで整えることができるため、こういった前準備の時間は取りすぎるくらい取っておいた方が良いと考えられます。

ゆるやかな挿入と時間をかけた調整

前立腺調教を行う際に用いるアイテムとして最もポピュラーなものといえばエネマグラやアネロスなどの前立腺開発専用の調教アイテムでしょう。
そういったアイテムを使う際は他のSM調教道具のように、初めから強い刺激を与えようなどとは考えないことがとても重要です。

なぜかといえば他のハードなSM調教と違って、前立腺調教を行う場合は傷が付きやすい腸内を刺激することになるため危険な上、優しい刺激の方がかえって大きな快感を与えることが多いからです。
そのためエネマグラなどのアイテムを実際にアヌスから挿入する際には、じっくりと時間をかけてゆるやかにスムーズに挿入を行えるように努力することが大切です。

マゾ男によっては挿入の段階で違和感を感じたり痛みを感じて、それ以後アナルプレイ全般に苦手意識を感じてしまうということがよくあるものです。
また、実際に直腸にアナル開発、前立腺開発用のアイテムを挿入することができても、その後むやみに力を入れてかき混ぜたりはしないことも大切です。

意外と頑丈に出来ている女性器などとは違って、男女共に直腸は傷つきやすくデリケートなものであり、しかもそこから快感を引き出すためには細かな調整が必要になります。
特に前立腺を刺激するためには、前立腺がある位置に刺激を的確に与えるための、刺激する場所や力の入れ具合を把握することが必要になります。

このような調整は人によってかなりの時間がかかるため、あまり焦ることなくじっくり時間をかけて行うことが一番のおすすめです。

拘束や言葉責め等の激しい攻め

ここまでに解説したような比較的ゆるやかで丁寧な調教の数々を終えてきたならば、すでにその時点で自然に前立腺を刺激することが出来ているようになっているでしょう。
そしてそこまで到達できたなら、最後にすべきことはやはり激しく刺激を与えるということです。

と言っても無暗に手を動かして刺激を与えるのではなく、少しベクトルを変えて、たとえば身体を緊縛で拘束してみたり、過激な言葉責めを何度も行うなどの攻めを行うのが良いでしょう。
そういった外から強い刺激を与えることと内側からじっくりと前立腺を攻めることを合わせていけば、全身でイクことを男性に覚えさせることができて、自然と拘束されたまま連続で悶絶アクメを感じられるようになるでしょう。

もちろんこういった体験ができるようになるためには十分な準備期間やある程度の才能と努力が必要になりますが、そういった刺激と快楽を真剣に求めて行動することはとても有意義なことだと言えます。
ここまでに解説してきた三つのステップを上手くこなして、女王様はマゾ男を上手く調教できるように、マゾ男はそのような調教を受けることができる出会いをまず手に入れられるように励んでみてほしいと思います。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました