自信の無い包茎男を喜ばせて奮い立たせて上げられる調教方法

M調教プレイ

包茎のM男って結構多いですよね。

とある調査によると、全男性の仮性も含む包茎の割合は68%であるのに対し、M男の包茎率は75%と少し高めという程度。
しかし、これが真性包茎となると、男性全体の5%なのに対し、M男の真性包茎率は34%と6倍以上になるという結果もあるようです。

この調査結果を見ても、包茎、特に真性包茎のM男率はかなり高いという事がわかります。

となると、

Mだから包茎なのか、包茎だからMになるのか。

という疑問が生まれますが、やはり後者ではないかと筆者は考えます。

男性は包茎というだけでコンプレックスを感じる生き物。
自分は男として半人前、出来損ないのチンコ、だと自覚しているので女性に対して優位、もしくは対等な関係を築く事ができません。
しかし、人並みに女性と関係を持ちたいという思いもあります。
そこで、女性にイジメられるという形であれば男として未熟な自分でも相手にしてもらえるのでは、という考えを持ち、Mだと自覚するのではないかと思われます。

こういった事から基本的に包茎のM男は自分に自信がありません。時には卑屈な印象を感じてS女としてはイライラしてしまう事もあるのではないでしょうか。
あまりに自信がなさ過ぎて、

「お前などもう知るか!!」

と調教放棄したくなるような場合もあるかもしれませんが、そんなM男も上手にリードするのもS女のテクニックとも言えます。

そこで今回は自信の無い包茎男を喜ばせて奮い立たせる調教方法を紹介したいと思います。

▼ PR ▼
女王様と僕

包茎男が喜ぶシチュエーションとは?

まず、包茎男が喜ぶシチュエーションとはどのようなものがあるでしょうか。

「包茎?そんなの気にしないよ。だから貴方も気にしなくていいのよ」
「包茎でもいいじゃない、男はチンコが全てじゃないわよ」

包茎男にはこのような慰めの言葉をかける女性もいるかもしれませんが、実はコレは包茎男にとってはあまり嬉しい言葉とはいえません。
包茎男は長年チンコでコンプレックスを抱いているので、慰めの言葉は、

「どうせ社交辞令だろうな」

と思われる確率の方が高いのです。

それ以前にこのような慰めの言葉はまるでご機嫌取りみたいで、S女としてはあまり使いたくないですよね。

包茎男が喜ぶシチュエーションというのは、包茎である事を「慰める」のではなく「認めてあげる」事です。

「メッチャ包茎じゃん!ウケる!!みっともないチンコだねー!!」
「可愛い包茎チンチンね。イジメ甲斐がありそう!」

など、包茎である事を認めた上で楽しめそうな雰囲気を出してあげた方が喜びます。
包茎チンコでも使い道があるかも、と自信を持たせる事が出来るからです。

包茎男のための調教方法

それでは、具体的にどのような調教で包茎男を喜ばせる事ができるのか、その方法をお伝えします。

言葉責め

包茎男は自分のチンコが無様だと理解しているため、貶される程自分のチンコが認められていると喜びます。

「いい歳して赤ちゃんみたいに皮が被ってるなんて恥ずかしくないの?」
「こんな包茎チンコ初めて見たよ。ある意味天然記念物だねー笑」
「全然皮めくれないの?じゃあチンコの中ってチンカスだらけじゃん、汚いなー。このチンカス包茎マゾ!!」

など、屈辱的に感じるような言葉を投げかけてやりましょう。

また、このような言葉責めに加えて羞恥プレイも有効です。

・チンコにマジックペンで“真性包茎マゾ野郎○○”と落書きをする
・剃毛で包茎チンポを丸見えにさせる
・“包茎がするオナニーを見てみたい”と、目の前でオナニーショーをさせる
・包茎チンコにコックリングなど専用の拘束具とリードを装着して引き回しをする

といった方法で、包茎チンコが際立つような羞恥責めや命令を与えてみましょう。

尿道責め

包茎チンコは先端まで皮が被っているので、亀頭責めや裏筋責めが難しくもあります。
それを利用して、

「アンタは包茎だからココくらいしかチンコ責め出来る場所がないでしょ?」

と、唯一顔を覗かせる尿道を責めてやるのも、包茎男を喜ばせる調教の一つとなるでしょう。

綿棒やブジー、カテーテルといった器具、あるいは尿道専用のアダルト玩具を尿道へ侵入させて尿道責めに取り組みましょう。
これらの異物挿入する際は潤滑剤が必須です。ローションだと衛生的な心配もあるので、できれば医療用の潤滑ゼリーを用いるのがおすすめです。

もちろん中には尿道責めが怖いと訴える包茎男もいるかもしれませんが、

「包茎のオマエが悪い!」

と一蹴してやるのも調教の一環。自分の包茎の惨めさをまざまざと感じさせられ、Mなら喜びに変わるはずです。

ちなみに尿道責めでも前立腺を刺激する事が可能。前立腺といえばアナルプレイというイメージが強いだけに、尿道責めでも前立腺の快感を覚えさせる事ができるとなると、開発のし甲斐があるのではないでしょうか。
尿道における前立腺の場所は、膀胱の手前辺りになります。それゆえにかなり奥まで異物を挿入する事になるので、焦らずじっくり開発していきましょう。

    

包皮責め

皮かぶりの包茎男には、包皮を使った責めも喜びに繋がる調教となります。

例えば、包皮に洗濯ばさみやクリップをたくさん挟んでいくというのも面白いでしょう。

「包茎チンコに何個くらい洗濯ばさみが挟めるか実験してみようかな」

などと、包皮全体に洗濯ばさみを施してみるというのも楽しめるのではないでしょうか。
包皮を薄く摘まんで挟んだりすると結構痛みを感じるので、悶絶する包茎男を見て嘲笑ってやるのも一興です。
ひとしきり挟み終えたら洗濯ばさみに紐を取り付け引っ張り外してやるのもかなりの苦痛となり、虐げるのにピッタリです。

また、勃起する前に包皮の中にローターを挿入して、輪ゴムで固定してやるというプレイを楽しむS女も多いようです。
こうする事によって、亀頭の先端へ重点的に刺激を与える事が可能。
包茎男にとって普段皮で覆われている亀頭部分はとても敏感な場所。そこをローターで強制的に嬲られるのは悶絶必至の気持ちよさです。
さらに、ローターは包皮の中に埋め込む形となるので、勃起したくても満足に出来ないという状況に。強烈に気持ちイイけれど辛い…という状態は、今までに味わった事がない程の快楽責めとなるでしょう。

もし、包皮の中でそのまま射精してしまった場合は、

「ローターがチンカスまみれの精液で汚れちゃったじゃない。自分の口で綺麗にしなさい!」

と、舐め掃除をさせて屈辱を味わわせるといった楽しみ方もできます。

包茎というだけで調教の幅が広がるのは包茎男の強み!

自信の無い包茎男を喜ばせて奮い立たせる調教方法について紹介させていただきました。

包茎男というと、卑屈でなんとなく面倒くさいと感じる人も少なくないかもしれませんが、考え方を変えるとイジメ甲斐のある素材とも言えます。

その一番の理由はやはり包茎というだけで調教の幅が広がるからです。

今回紹介したように、包茎というだけで言葉責めのネタとなりますし、一般的なチンコを持ったM男には出来ないような調教が可能なのは包茎男の強みだと言えるでしょう。

それだけに、容姿や性癖など条件が全く同じな男性が二人いたとして、一人が通常チンコ、もう一人が包茎チンコだった場合、イジメ甲斐があるからという理由で後者を選ぶというS女は多く存在します。

出会った男が包茎だったらハズレを引いてしまった、卑屈だし調教が面倒だ、と感じてしまう方は、今回紹介したような調教で、包茎男を喜ばせつつ、包茎男とのプレイの楽しみを見いだしてみてくださいね。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました