自信の無い包茎男を喜ばせて奮い立たせて上げられる調教方法

M調教プレイ

包茎のM男って結構多いですよね。

とある調査によると、全男性の仮性も含む包茎の割合は68%であるのに対し、M男の包茎率は75%と少し高めという程度。

しかし、これが真性包茎となると、男性全体の5%なのに対し、M男の真性包茎率は34%と6倍以上になるという結果もあるようです。

この調査結果を見ても、包茎、特に真性包茎のM男率はかなり高いという事がわかります。

となると、

Mだから包茎なのか、包茎だからMになるのか。

という疑問が生まれますが、やはり後者ではないかと筆者は考えます。

男性は包茎というだけでコンプレックスを感じる生き物。

自分は男として半人前、出来損ないのチンコ、だと自覚しているので女性に対して優位、もしくは対等な関係を築く事ができません。

しかし、人並みに女性と関係を持ちたいという思いもあります。

そこで、女性にイジメられるという形であれば男として未熟な自分でも相手にしてもらえるのでは、という考えを持ち、Mだと自覚するのではないかと思われます。

こういった事から基本的に包茎のM男は自分に自信がありません。時には卑屈な印象を感じてS女としてはイライラしてしまう事もあるのではないでしょうか。

あまりに自信がなさ過ぎて、

「お前などもう知るか!!」

と調教放棄したくなるような場合もあるかもしれませんが、そんなM男も上手にリードするのもS女のテクニックとも言えます。

そこで今回は自信の無い包茎男を喜ばせて奮い立たせる調教方法を紹介したいと思います。

包茎男が喜ぶシチュエーションとは?

まず、包茎男が喜ぶシチュエーションとはどのようなものがあるでしょうか。

「包茎?そんなの気にしないよ。だから貴方も気にしなくていいのよ」

「包茎でもいいじゃない、男はチンコが全てじゃないわよ」

包茎男にはこのような慰めの言葉をかける女性もいるかもしれませんが、実はコレは包茎男にとってはあまり嬉しい言葉とはいえません。

包茎男は長年チンコでコンプレックスを抱いているので、慰めの言葉は、

「どうせ社交辞令だろうな」

と思われる確率の方が高いのです。

それ以前にこのような慰めの言葉はまるでご機嫌取りみたいで、S女としてはあまり使いたくないですよね。

包茎男が喜ぶシチュエーションというのは、包茎である事を「慰める」のではなく「認めてあげる」事です。

「メッチャ包茎じゃん!ウケる!!みっともないチンコだねー!!」

「可愛い包茎チンチンね。イジメ甲斐がありそう!」

など、包茎である事を認めた上で楽しめそうな雰囲気を出してあげた方が喜びます。

包茎チンコでも使い道があるかも、と自信を持たせる事が出来るからです。

包茎男のための調教方法

それでは、具体的にどのような調教で包茎男を喜ばせる事ができるのか、その方法をお伝えします。

言葉責め

包茎男は自分のチンコが無様だと理解しているため、貶される程自分のチンコが認められていると喜びます。

「いい歳して赤ちゃんみたいに皮が被ってるなんて恥ずかしくないの?」

「こんな包茎チンコ初めて見たよ。ある意味天然記念物だねー笑」

「全然皮めくれないの?じゃあチンコの中ってチンカスだらけじゃん、汚いなー。このチンカス包茎マゾ!!」

など、屈辱的に感じるような言葉を投げかけてやりましょう。

また、このような言葉責めに加えて羞恥プレイも有効です。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました