女王様に縛ってもらう為に奴隷が準備すると良い事物まとめ

M調教プレイ

さまざまな技術革新や社会構造の変化によって、ちょっとした自分の行動が思いもよらないことに結びつきやすい状況にあるのが今日の世界です。

ですから単なるSM好き、ドMで女王様からいじめられることが大好物な男性にとっても、今の世の中はリスクが多い分チャンスが多い世界と言えるのではないでしょうか。

そしてそのチャンスを自分の物にしてくためには、何よりも自ら進んで行動していく精神、心掛けというものが必要になります。

そのような心がけを常に覚えている人であれば、たとえマゾヒストとして一人や複数の女王様に仕えるようになっても、全てを調教師である女王様に任せるような人にはならないでしょう。

むしろ頼まれも指示もされないのに、自らSM女王様から受けるSM調教の質を高めるために、自分で出来ることを探してそれをする努力をしていくものと思います。

そういった細かな気遣い、積極的に物事を良くしていこうという意志があるかないかで、SMプレイというものの出来は大きく変化するものです。

ただ、そこまで分かった上でも実際にマゾである自分がすべきこと、できることが皆目見当つかないという人も多々居るのではないかと思います。

そこで今回ここでは、マゾな男性が女王様に縛ってもらう際にした方が良い準備、それに使えるアイテムなどを細かく紹介していきます。

最も評価が高くリスクもある自縛

女王様から調教を受ける前に、自分で自分の身体を縛っておくことは、女王様にとっては大きなサプライズになると同時に、調教相手の評価を高くする良い機会であると言えるでしょう。

また、このようないわゆる自縛という行為は、自分の身体を本気で相手に差し出す意志を持っていないとできないだけではなく、同時に緊縛に関してある程度深い知識を持っていないとできない行為でもあります。

そのため自縛ができるマゾ男というのはそれだけで女王様から高く評価されやすいため、多くのマゾ男性にとって自縛はいつでも学ぶ価値があるものと言えそうです。

しかし、そんな便利な自縛も大きなデメリットとして、やり方によっては極めて大きなリスクが伴うということが挙げられます。

そのため特にSM初心者であれば自分自身の緊縛スキルを過信することなく、ただまだまだ自分は初心者だという考えを理由にしてでも、自縛プレイはしない方が良いと言えるかもしれません。

また、女王様からの緊縛を前に自らすでに自縛しておくということは、解釈次第では女王様の緊縛行為を否定するような行いに見えなくもないため、やはり緊縛を受ける前から自縛をしておくということは避けておいた方が良いことと言えそうです。

ただそんな自縛行為がスキルの高いマゾ男性にしかできないことであり、一般的には価値の高いことと見なされているということは、将来自分が自縛を安心してできるようになる頃に役立てるためにも、頭の片隅で覚えておくと良いかもしれません。

安全対策に便利なもの

自分の身は自分で守るのが当たり前、という考えが日本人には少し欠けているところがあるかもしれません。

ですからただSM緊縛を受ける際にも、とりあえず全て調教師、女王様に任せておけば良いだろうと簡単に考えてしまう人が多いのではないかと思います。

しかし実際のところ、そのような考えを持ってただ流されるがままに調教を受けて、重大な事故に巻き込まれてそのままエンド、などというしゃれにならない人生を過ごした人も世界には多数居るようです。

つまるところ緊縛というのはそれをする側も受ける側も、生半可に考えていると怪我では済まないものだということをよくよく覚えておかなければいけません。

そしてそれが分かっているならば、マゾ男としては女王様から調教を受ける前から、準備の一つとして緊縛プレイの安全対策に役立つアイテム諸々を準備しておくということも大切なことだと言えるでしょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました