女王様が好むSMコスチュームとは?

M調教プレイ

女王様のコスチュームと言えばSMプレイでの女王様を象徴するアイテムとして欠かせない物です。
むしろコスチュームが好きでSMプレイにおぼれるM男性もいるほどで、その要素やポテンシャルは計り知れません。
今回はそんな女王様が着るコスチュームについてのお話。
この世界で女王様と呼ばれている方たちは、SMプレイでどんなコスチュームを好んで着るのか。
実際に女王様としてサービスを提供している女性に聞いてみました。

▼ PR ▼
女王様と僕

プレイでは好きなコスチュームを着る?

特にお店に来たM男性とのプレイでは、その男性の好みに合わせて衣装やコスチュームも変えるとの事でした。
そのために私服も合わせてSMプレイで使える衣装はおよそ100着以上。
手袋やバンド、アクセサリーなど、見た目のために使うアイテムを合わせるとさらに増えるのだそうです。
お客さんによってはタイツの色にもこだわりを持つ人もいるため、そういう要望に合わせたうえで変えていくので、
自分の好みでコーディネートする機会はすくないとの事でした。

着る機会の多いコスチュームは「セクシー系」

本物のSM愛好家ではないがM気質な男性もお店には多くやってくるという。
そういった男性も合わせると、キャットスーツやビキニorハイレグのような露出が多かったり身体のラインを強調するコスチュームは良く着るといいます。
そしてコルセットやロングブーツに代表される、編み上げデザイン系も多い。
まさに女王様という記号として、一目見て分かりやすいコスチュームは一般の人にも好まれるのだそうです。
胸やお尻、太ももなどのムチムチ感を強調するため締め付けの強いコスチュームがほとんどで、着慣れている女王様でもやはり苦しくなる時もしばしば。
ですが、プレイをしていくうちに気持ちが高ぶり、自身も快楽に満たされて行きそれどころじゃなくなるのが常なのだそうです。
そして、そういうお客さんが多い分、着慣れているため準備が楽といった理由から、こういったコスチュームはある意味好み、との事でした。

好きな素材は?

コスチュームの素材に関しても、来てくれるお客さんに合わせてコーディネートするので特に自分の好き嫌いで変えることは滅多にないとの事。
むしろラバーや皮など、その素材に執着している人は女王様本人に対しての愛情よりも強いため、逆に嫉妬のように思う事もあるそうです。
自分が磨いてきた女王様であるべき威厳やプレイのテクニックよりも、その素材の方がお客さんを魅了している、という事らしいです。

好みのコスチュームの色は?

SMの世界に身を置くのであれば、ほとんどの人が黒が好きとの事でした。
女王様も黒、奴隷も黒。たまにシチュエーションやリクエストによって白いスーツを着たり紫色のコルセットを付ける時もありますが、基本は黒または赤だそうです。
あまりにも黒色に包まれた生活をしているのでやはり黒色が好きになるのは仕方ないとも言っていました。
黒色とは、やはり大昔から威厳や強者、悪魔的な意味や象徴もあるため、SMでのイメージも黒が刷り込まれていったそうです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました