音良し痛み良し見た目良し!!上手なびんたの撃ち方・撃たれ方

M調教プレイ

女性の手のひらから繰り出される強烈なびんた。痛いけれどなぜかクセになるというM男性も多いのではないでしょうか。

そんなびんたも撃たれ方によっては最高に気持ちよかったり、逆にイマイチだったりします。
また、受ける側の姿勢によっても快感度は変わってくるもの。

そこで今回は、上手なびんたの撃ち方と撃たれる側の心構えについて解説していきたいと思います。

▼ PR ▼
女王様とM男の調教サイト

上手なびんたの撃ち方

びんたに上手、下手ってあるの?と思われるかもしれませんが、ただ痛いだけだったり、頬以外の場所に当たったりと、何故か興奮に繋がらないびんたもあります。
その理由は撃ち方によるもの。では、上手なびんたの撃ち方とはどのようなものでしょうか。
以下にまとめてみました。

振りかぶりすぎない

より痛いびんたをお見舞いしてやろうと思うと大きく振りかぶってしまいがちになりますが、これは逆効果です。
スイングの最中に失速してしまいますし、狙いが定まらず頬以外の場所に当たってしまう事もあるからです。
理想的なスイングの距離は20~30cm程度。この距離が最も頬に伝わる威力が高く、なおかつ狙いを外さない距離となります。

手首にスナップをかける

びんたの威力を上げるには手首にスナップをかけるのがベストです。構える時に手首を外側へ反らせつつ、頬に当たった瞬間に手のひら側へ90度曲げます。
こうする事で手首にスナップがかかり、びんたがより強力になります。

また、これによりびんたした時の音も大きくなります。びんたされる側にとってはその音も興奮材料になるというもの。より大きな音を響かせるには手首のスナップが重要です。

上半身は力まない

より強く叩こうと思うと全身に力が入ってしまうかもしれませんが、びんたする側が力むと叩く手の動きがぎこちなくなってしまいます。
かといって全身の力だが抜けた状態でのびんたは威力が弱まってしまうもの。
そこで、下半身だけに力をかけるようにします。

まずは足を肩幅程度に開いて立ちます。そして、びんたをする方の手とは反対側の足を少しだけ前に出し腰をひねります。
上半身の力は抜いて、腰の回転と手首のスナップを利用しながらびんたしてみいましょう。
腰の回転が加わるだけで、びんたのパワーは倍増。強烈な平手打ちをお見舞いする事が可能です。

興奮度の高いびんたを撃つためにも、以上の3点を意識してみましょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました