「ちょっと疲れたな…」メンタルの回復に女王様の調教

M調教プレイ

SMプレイを楽しむには、まず健康な体と健康な心が必要です。
しかし、超ストレス社会と言われる昨今では健康的な心身を保つのも一苦労。。。

いろんな欲が落ちて何にも興味がなくなってきたと感じたら、心がSOSを出しています。

そんな時は、“何もせずゆっくり家で休んだ方がいい。”と考えるかもしれませんが、家に居て何もしないことで心が回復するのかと言ったらそれは少し違います。
体は回復するかもしれませんが、何もしなかったことでかえってストレスを感じてしまうことがあります。

それでは意味がありません。

心を回復させるのは女王様とのコミュニケーション。これはM男性にとっての心の回復方法です。

元気を出す方法のひとつとして…

人は元気な時はたくさん遊ぼうと考えますが、元気がなくなると急に遊ばなくなります。
楽しいことが楽しいと感じられなくて何もかもが憂鬱になるからです。
生活のためにギリギリのラインで会社に行き仕事をし疲弊しきって、体力気力共にゼロになり家でぐったり倒れる。
義務を気力でやりきるのに精一杯になるので他のことにまで気が回らない。
そんな時こそ遊んだ方がいいのです。

そんな気分じゃない…けど、ちょっと頑張ってみる

そんな気分じゃない時は何もしたくない意欲低下の時なのはわかっています。
娯楽にも魅力を感じなくなってくると、何もかもが出来なくなり、出来なくなっていく自分に苛立ちを感じてしまいます。
そんな時は、“気が向かない…”かもしれないけど女王様に会いに行ってください。

会いに行く力がある場合は

ハプニングバーや風俗店などどこでもいいと思います。女王様と遊べる場所、会える場所に出かけましょう。
特に自分が何もしなくてもただの傍観者でも楽しい空間に居ると気分が紛れるので行動できるなら外に出かけましょう。
SMマッチングサイトなどでパートナーとなっている女王様と約束をするのもいいですね。不特定多数のM男性を調教している女王様より自分専用で調教してくれている女王様とプレイするなら人目を気にすることもありません。

いつもと違う場所に身を置くということは大きな気分転換になります。それが1回、2回で終わってしまうのではただの気休めにしか過ぎないので、遊びに行く数は多い方がいいです。自分の行動できる範囲内でできるだけ多く外に出て重い日常と遊びの日常を平等に出来るように時間を取っていきましょう。

会いに行く力すら出ない時は

今はマッチングサイトを使えば女王様とお話が出来る時代。とても便利になりましたね。
お話をするだけなので風俗店で高額な料金を支払ったり、別途でホテル代や差し入れ(これは自由)でお金をかけるといったことは一切ありません。

アプリ内やLINEでのメールのやりとりを楽しむことを、適当(自分の負担がないよう)に、今の自分に合ったタイミングでやりとりすることが出来ます。

ただ単に日常会話を女王様と楽しむも良し、変態メールのやりとりをし合うでも良し、メール内で調教をしてもらうも良し。全て自由です。
疲れて困っているM男性を見れば女王様も無理強いはしないでしょう。

元気が回復してメールより一歩先に行きたいとなった時にその先に進めばいいだけです。

メール調教や言葉責め調教が好きな女王様はいっぱいます。
そんな女王様を見つけて、体を休めながら、心の回復が出来る場所としてSMマッチングサイトを使っていくのも新しい方法ではないでしょうか。

他では話せないこと、隠していることもオープンに出来る何でも言い合える女王様がいるのは心のケアにとても重要なことです。

日常生活に疲れ切ったM男性に大事なのは…

日常生活に疲れ切って、もう限界だと感じたときに女王様の助けが必要な理由は、女王様の前では存分に変態であってもいい、甘えまくってもいい環境にあるからです。
疲れたときに、どんな自分でも素の自分を受け入れてくれる女王様の存在がM男性には必要不可欠です。
心の奥深くに閉じ込めたモヤモヤを吐き出すように自分に素直でいていいのです。

しかし、ここで間違えてはいけないのは女王様はあなたの良きパートナーではありますが、専門的な心理カウンセラーでもなければ直接問題を解決してくれるわけではありません。
あなたの心の特殊性癖な部分にアプローチして回復の手助けをしてくれるだけです。
それは一時的なものかもしれないし、大きく日常を変えるきっかけになるかもしれない。
どう転がるかはわかりませんが、弱った心に元気をくれる手助けには必ずなってくれることでしょう。

SMプレイは元気な時もそうじゃない時もM男性の心の支えになれたらと思います。

ちょっと疲れたな…。元気が出ないな…。何にもやる気が起きないな…。と感じたら女王様と楽しい話しを自分のペースでゆっくり始めてみてはどうでしょうか?

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました