ペニスの筋肉トレーニングで勃起力をアゲる手っ取り早い方法

M調教プレイ

SMプレイ中は自分意思で射精を出来ない事が多いM男子。
出来れば「我慢しろ」という女王様の命令には従順に従いたいし、満足させる以上の結果は残したい。
むしろより長く苦しんで我慢している自分に酔いたいという気持ちを持ちつつも、しっかり相手を満足させたいと考えるM男性も多いでしょう。
そこで今回は、勃起力やイカされた後の盛大な射精力を上げていきたい時に、効果的なトレーニング方法をまとめてみました。

勃起力を上げる

勃起力とは、勃起時の持続力や硬質化における強度として今回は定義します。
まず勃起とは視覚や感覚などの性的な刺激によって興奮し、ペニスの海綿体に血液が流れる事でおこります。
このペニスに流れていく血液の量が増えれば、自然と勃起した時のペニスの強度は上がり、血液を送り込む筋肉と血液を留めておく筋肉のスタミナが上がれば勃起の持続力も高まります。
具体的な勃起力を上げる方法としては、いわゆる「チントレ」と呼ばれる、お金も手間もかからない方法が現実的。
サプリや精力剤などを使う手段もありますが、勃起力だけでなく身体の健康状態にもいい影響を与えてくれる点や手軽に無理なく続けられるという点からもチントレがオススメ。
以下に詳しく見ていきましょう。

PC筋、BC筋を鍛えればOK

「PC筋」とは、男性の膀胱の下にある、排便や排尿などをコントロールできる筋肉。
この筋肉が強くなると、ペニスに送り込む血液量をアップさせる事が出来るので勃起力や硬さの向上が見込めます。
対して「BC筋」とは、尿道からおしっこや精子を押し出す役割を持った筋肉です。
こちらも鍛える事で射精する時の勢いを上げる他、おしっこや射精のタイミングを自分でコントロールできるようになります。

そして肝心な両筋肉のトレーニング方法ですが、毎日意識して肛門に力を入れればいいだけです。
おしっこをし終わった後に、ラスチョロを絞りだす時に力を入れるように、ウンチを切る時に使う所の筋肉を、5秒間意識して力を入れ続けそれを繰り返すだけでOKなのです。
体制は座っていても立っていても良いので、自分の楽な姿勢で実践してください。
この方法であれば、ご飯を食べている時や入浴時、通勤時の電車の中でもでき、キツかったらすぐにやめる事もできます。
時間もお金もかからない分、継続して長期間続ければ目に見えて効果は表れるでしょう。

勃起力を下げない方法、下げる原因

せっかく培った勃起力も加齢や私生活の変化などで低下していきます。
一番大事なのは定期的なチントレと規則正しい生活です。
加齢によって起きる低下は仕方ないとしても、生活習慣の改善でそのスピードを遅くすることも可能です。
過度な喫煙や飲酒、糖分の多い食事や血圧の上がる食事ばかりとっていると血液や血管はすぐにダメージを受けてしまうので自然と勃起力ダウンにつながります。
敢えて「これを食べたらいい」などは書きませんが、子供のころから言われ続けているように野菜をよく食べ、バランスの良いメニューを心がけましょう。
それが習慣に繋がれば、勃起力だけでなく健康面でも効果は素直に表れてくれます。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました