【入れ墨・タトゥー】初心者からハードまで楽しめる入れ墨調教【徹底解説】

M調教プレイ

SM調教と一言でいってもそのジャンルは様々です。中には、「えっ?こんなのもSM調教のジャンルに入るの?」と思うものも多く存在し、その一つとして挙げられるのが入れ墨調教です。

最近ではオシャレやファッションとして入れる人が増えている入れ墨ですが、それでもまだまだ反社会的なイメージが強いので、一般的に受け入れられにくいものです。

一方SMも、バラエティ番組などの影響で広く認知されつつありますが、本格的なSMとなるとやはりまだまだ奇異の目で見られるもの。

こうして見ると、入れ墨とSMには共通するものを感じられますね。

実際にSM愛好者で体に入れ墨を施している人は多数います。

SM愛好者の多くが入れ墨に惹かれる事を考えると、入れ墨調教がSM調教の一つとなるのも理解できるのではないでしょうか。

そこで、今回は入れ墨調教について解説していきたいと思います。

SMにおける入れ墨とは

冒頭で触れた通り、現在、入れ墨はオシャレやファッションの一つとして取り入れられつつあります。

また、ヤクザが施す入れ墨には箔をつけるため、威圧感を出すためといった意味が込められています。

では、SMにおける入れ墨にはどのような意味や役割があるのでしょうか。以下にまとめてみました。

主従関係の証

入れ墨は一度入れると容易には消せないもの。だからこそ、入れる時には相当の覚悟が必要ですし、入れさせる方もそれなりの責任を負う事になります。

敬愛し服従を誓う女王様の名前を体に刻む事は、

『生涯貴女様の奴隷として完全服従を誓います』

くらいの覚悟をもった究極の主従関係の証となるのです。

そのため、主従関係の証として施す入れ墨には、

『○○女王様命』

『○○女王様専属奴隷』

といったように、女王様の固有名詞を彫る事が多いようです。

辱め

敬愛する女王様の名前を入れられる、というのはM男にとっても悦びとなり得ますが、辱めるだけに入れられる入れ墨というのは、ただただ惨めという以外他ありません。

でもそれが、隷属する女王様の命令なら従うしかないのが奴隷の役目です。

ペニスには

『変態チンポ』

アナルには

『ケツ穴便器』

その他

『年中発情スケベ犬』

『クソ豚畜生』

など、卑猥で品性下劣な言葉を彫られるのは屈辱そのもの。しかし、真性M男はこのような惨めな言葉を彫られた体を見て、己の情けない境遇に歓びを覚えてしまうのです。

入れ墨は江戸時代、罰として施されていたという歴史もあります。苦痛を伴い、それと同時に見せしめにもなるので、当時の刑罰にはとても理に適っていたのかもしれません。

この入れ墨刑は地域によって様々な方法で行われていましたが、その中でも広島地区で行われていた入れ墨刑は大変屈辱的だったようです。

というのも一度罪を犯すと額に「一」の文字を。二回犯すと「一」に一本線を咥えて「ナ」の文字に。三回目は「大」、そして四回罪を重ねると「犬」の文字にされてしまうという事で、こんな方法を思いついた人はきっとSっ気があったに違いありません。

当時の罰に倣って、M奴隷が何か粗相を犯した時に入れ墨を施すのも、SMにおける入れ墨の役割といえるでしょう。

さすがに額に施すのは難しいとしても、粗相を犯すたびに体へ屈辱的な文字や絵を彫られるのは、鞭打ちのような本格的な罰より効果があるはずです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました