M男性歓喜のランジェリー!可愛い奴隷にプレゼントしたら喜ばれる女装用ランジェリー特集!

M調教プレイ

女性の身だしなみでもあるランジェリー。M男性の中でもランジェリーに性的興奮を覚える人は多いはずです。
でも、女装子や下着フェチでないかぎりランジェリーショップにまで行って手に入れたいかと言われると、それほどでもないし、そもそもランジェリーに興奮するというより、ランジェリー姿の女性に興奮するのであって、ランジェリーに関して具体的な知識はない、という人がほとんどではないでしょうか。

そこで今回は、ランジェリーにあまり縁がないM男性でもより興味や知識を深めてもらうために、M男性を喜ばせるランジェリー特集をしたいと思います。

ランジェリーはちょうどいいサディスティックを演出できる

SMプレイの時に女王様が着るものといえばボンデージを思い浮かべる人がほとんどだと思います。ですが、ボンデージを好む男性は思うほど多くありません。その理由は、

「なんか怖そうだから」

との事。

プレイに慣れたM男性なら、ボンデージは崇拝の対象であり、これ以外ありえない、と考えるかもしれません。
けれど、そこまでに至っていないM男性の方が格段に多く、ボンデージは少し取っつきにくい印象を持つM男性が大多数を占めるのです。

かといって、女王様が全裸になるのは何か違う。女王様は憧れの存在なので、全てをオープンにされるとちょっと冷めてしまうのがM心ではないでしょうか。

じゃあ服を着てプレイしてもらえればいいのでは?とS女性の立場からすると言いたくなりますが、それはそれで少し特別感に欠けてしまう。シチュエーションプレイならいいけれど…

なんて声が聞こえてきます。

このように、M男性はあえて目の前の女王様に意見する事は少ないにしても、女王様の衣服に対して面倒くさいほどこだわるもの。うんうん、その通りとうなずいているM男性も多いはずです。

でも、こんなワガママ放題のM男性も納得できる衣服が一つだけあります。それがランジェリーです。
ボンデージのような威圧感は少ないので取っつきやすいですし、全裸のようなあからさまな露出はなく、品性が感じられます。
また、普通の洋服と違って特別感もあるのでこれから始まるSMプレイという非日常に期待感を高まらせる事ができます。

このように、ランジェリーはちょうどいいエロティックとサディスティックを演出できるアイテムなのです。

M男性を喜ばせるランジェリー5選

ランジェリーといっても様々な種類がありますが、どのようなものがM男性に喜ばれるのでしょうか。

ここではランジェリーの中でも特にM男性に人気の高いものを5つ紹介します。

ビスチェ

ブラジャーとウエストニッパーが一体化したビスチェは、ふくよかな胸にくびれたウエストという女性らしいボディラインを作ってくれるので、体のラインを美しく見せてより官能的な雰囲気を演出したい女王様に愛されています。

M男性としても、女王様には美しく完璧であってほしいという思いは誰でも少なからず持っていますよね。

それだけに、調教の際にビスチェをまとった女王様が現れたらそれだけで勃起してしまうのではないでしょうか。

美しい体のラインを奴隷に見せつけたい女王様と、官能的スタイルの女王様を崇拝したいM男性。どちらの期待にも応えられるビスチェ。
その種類はシースルーのものやレースがあしらわれているものなど、多岐にわたっているので女王様には調教ごとに違ったものを身につけてもらうのもいいですね。

ガーターベルト

本来はストッキングがずり落ちないようにするために使われていたガーターベルトですが、いつしかセクシーランジェリーとして扱われるようになりました。

その理由としてはレース使いのデザインが多く、セクシーさを感じさせるからだと考えられます。

また、ガーターベルトとガーターストッキングの間の太ももの素肌部分、いわゆる絶対領域にフェティシズムを覚えるという人も多いでしょう。

それゆえに、ガーターベルトは特に脚フェチのM男性を喜ばせるランジェリーとしてはピッタリです。

その他にも、ガーターベルトには女教師、女社長、エリートOLといった社会的立場の高い女性が身につけるというイメージもあります。なので、こうしたハイソな女性の奴隷というシチュエーションでプレイをする時には重宝します。

キャミソール

セクシーランジェリーの定番とも言えるのがキャミソールです。それゆえに、若い女王様から熟女な女王様まで幅広い層で着こなす事が可能です。

デザインも透け感のあるものやレース調のものなど、バリエーションに富んでいるので、M男性の好みに合ったものが容易に見つかるのも嬉しいポイントでしょう。

また、素材にはサテン地のようなツルツルした肌触りのものが使われている事も多く、サテンフェチなM男性にとっては女王様に着て欲しいランジェリーNo.1でもあります。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました