女王様に赤ちゃんプレイでたっぷりかわいがってもらった特殊なエイジプレイ体験談!

M調教プレイ

今回は赤ちゃんプレイについてお話したいと思います。

赤ちゃんプレイというと性的興奮の要素が少なくてイマイチ興味が持てないという人が結構多いもの。M男の中でも好き嫌いが分かれるプレイでもあります。

けれど好きな人はとことん好き。他の性感的なプレイには一切目もくれず、赤ちゃんプレイ一筋!というM男もたくさんいるのです。

そんな赤ちゃんプレイの魅力から赤ちゃんM男を喜ばせるにはどうしたらいいかなど、赤ちゃんプレイについて私なりの見解を書いてみました。

赤ちゃんプレイの魅力


赤ちゃんプレイというと文字通り、ただただ赤ちゃんになりきる、というだけのプレイです。
これだけ聞くと何が面白いのかわからないという人も多いでしょう。それなのに専門店もたくさんある程ファンが多いのは、赤ちゃんプレイには唯一無二の魅力があるからです。

魅力その①:何も考えなくていいし何もしなくていい

大人は普段生活している中で、様々な選択を迫られます。

身近なところで言えば、

「今日は何を着ていこう」

「昼ご飯は何を食べよう」

からはじまり、仕事中は

「どの仕事から終わらせるべきか」

と考える人もいるでしょう。趣味のゲームをしたらしたで

「このイベントはどんな戦略で攻略するのがベストか…」

なんて考えていたりします。

一見無理なく行っている選択ですが、実はものすごくストレスになっているのです。一説には大人が一日に行う選択は9000回とも言われているだけに、知らず知らずの内に精神的な負担がかかっているのは理解できるのではないでしょうか。

その点、赤ちゃんは基本、ママから与えられた物事を一方的に受け止める生き物です。

「お着替えの時間ですよー」とママが言えば着替えさせてもらうのをただ受け入れるだけですし、オムツの中にオシッコやウンチをしたらママが取り替えてくれます。

おなかが空けば泣く赤ちゃんもいますが、察しのいいママなら空腹を見計らってミルクや離乳食を与えてくれます。

このように赤ちゃんは何も考えなくていいし、何もしなくていいのです。

現代社会は特に何かと選択を迫られる事が多い時代。そんな中で何も考えなくていい、何もしなくていいというシチュエーションは精神的な癒やしとなります。

魅力その②:とことん甘えられる

質問です。女性が男性に甘えるのは気持ち悪いですか?

と聞いたら、多分半数以上は「そうでもない」という答えが返ってくると思います。

けれど逆に男性が女性に甘えるのは気持ち悪いですか?

と聞いたら、その答えは逆転するでしょう。

いくら男女平等の社会になりつつあると言ってもまだ、男は女を守るものという意識が根付いているので、男性が女性に甘えるのはみっともない、不快感があるという考えが大半を占めています。

でも、女性に甘えたい男性は一定数存在します。そういった男性は、彼女や奥さんに甘えたいけれどドン引きされたらどうしよう…などと我慢している人がほとんどです。

ですが、赤ちゃんプレイであればママであるS女性が全て受け入れてくれるので、どこまでもとことん甘える事ができます。普段女性に甘えたいけれど甘えられない男性のオアシスが赤ちゃんプレイなのです。

赤ちゃんプレイにハマる人はこんな人


では、どんな人が赤ちゃんプレイにハマるのでしょうか。私の経験上、以下の2パターンがとても多かったです。

社会的地位の高い人

会社の社長、弁護士、お医者さん。赤ちゃんプレイ好きの中にはこんな職業のM男がたくさんいました。
彼らに共通しているのが、誰かに指示を出す立場にいるという事です。社長なら社員、弁護士ならパラリーガルやクライアント、医師なら看護師、という風に。

指示を受ける側は与えられた事をそのまま遂行するだけですが、指示を与える方はどんな指示を出すかを考えるのに頭の中では相当数の選択をしています。先でも書いた通り、これはかなりのストレスとなります。

また、社会的地位の高い人は責任者としての重圧も半端なものではありません。

そんな彼らにとって何も考えなくていい、何もしなくていい赤ちゃんプレイは究極のストレス発散であり、のめり込んでしまうのだと考えます。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました