【変態痴態SM体験談】アナル処女、女王様と初めてのSMプレイ♪

M男調教体験談・告白

私は今回初めてのお店にいらっしゃる女王様と濃密SMプレイをしてまいりました。

初めてということもあってとても緊張していましたが、女王様が丁寧な接客で緊張をほぐしリラックスした状態で念願のアナルプレイが出来たので私は大変満足しております。
それと同時に、時間が過ぎるのが早く、すぐにでも次の調教をしていただきたいと感情がたかぶってしまい鎮めるのに苦労しました。
楽しいことはすぐまた同じ思いをしたいと感じるものですね。すっかり女王様の虜となってしまい、マゾとして女王様に使っていただこうと精進しようと思っています。

初アナルを開発された

アナルプレイが初めてで排泄意外に使ったことがなかったのですがアナルを犯されるというのに興味がありずっとやってみたいと思っていました。

普通の女性にはお願いできないし、出来たとしてもペニバンを付けて女王様になりきってもらうにはかなりハードルが高かったので風俗に行きくことにしたのです。

初めてということもあって、痛いかもしれないよという気遣いをしてくれました。
一番細いペニバンをゆっくりアナルに入れ静かに動かし初体験を迎えました。

初めての感想は。。。

気持ちいいというより違和感。

女王様によるとアナル開発をしていけばだんだん違和感も感じなくなり気持ちよくなってくるとのことなので、開発をしていこうと思います。

緊張もしていたし初めてということもあってアナルでイクことはできませんでしたが、たくさんお話をしてSMも特別なものじゃないと思えたし、自分の欲求が変じゃないと思えました。

女王様と言えば「怖い・キツイ、だけど美しい」という妖艶なイメージがありますが、SMの話しや他のマゾ男の話などを聞くうちに親近感を持ち、こんな人に調教されるなら強い感じで責められたいと感じるようになるのです。女王様すごいです。

経験の浅い私ですが、今回のプレイや聞いた話で感じたことをお話ししようと思います。

アナルプレイ初心者m男向けのサイト

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました