貧弱M男をメリケンサックでボコボコに!格闘プレイ体験談

M調教プレイ

『格闘プレイが大好きです。女王様、ボコボコにしてください。ストレス発散用のサンドバッグになります』

SMサイトでM男を探していたある日。私の目に留まったのはこんな書き込みだった。
ここ最近調教したM男は「痛い事、苦しい事は嫌です。気持ちいい事だけしてください」といった類ばかりだったので、物足りなさを感じていた私はこのM男とコンタクトを取ってみた。

M男の名前はヒロシという。40代の自称、冴えないおっさんとの事だった。
私はM男に対して特に容姿にこだわりはない。むしろ容姿に自信があって生意気な男よりも、コンプレックスを抱えながら低姿勢に振る舞う男の方がいじめ甲斐があって楽しい。
という事で私はこのM男、ヒロシとアポイントメントを取る事にした。

やって来たのは小柄で細身の男だった。自分で言っていた通り、冴えないおっさんという言葉がピッタリ当てはまる雰囲気で、芸能人でいえばカラテカの矢部やエスパー伊東みたいな感じだ。

「はじめまして」
「よろしくお願いします」
簡単な挨拶を済ませてある場所へ向かう。
というのも、事前のやりとりでヒロシからこんな提案をされていた。

『メリケンサックを使って殴ってもらえませんか?』


ボクシンググローブは使った事があるし、サンドバッグになりますとの事だったので、今回もそのつもりだっただけに、メリケンサックは思いもよらなかった。
私にとっては初めての事で、持っていなかったのでそれなら折角だし、初対面の時に一緒に買いに行こうという事になったのだ。

待ち合わせ場所から移動する事、約20分。事前にヒロシが調べてくれていたアーミーショップへやってきた。
アーミーショップというだけあって、店頭には軍服や迷彩色のバッグなどが多数陳列されていた。ガラスケースの中にはエアガンやモデルガンも並ぶ。
私にはよくわからない世界だったけれど、最近サバゲー(サバイバルゲーム)なるものが流行っているらしく需要があるのだそう。
そんな店内の片隅にメリケンサックのコーナーがあった。おしゃれなデザインを施したものや指を二本入れるだけのコンパクトなものなど、数種類のメリケンサックがあったが、一番オーソドックスな指を四本入れるタイプのシルバーのものに決めた。
「ねぇ、これも欲しいんだけど」
ついでにその近くにあった指錠も手に取り、レジへと向かう。
こういうお店の店員はイカつくてタトゥーでも入っているイメージがあったけれど、眼鏡で小太り、どちらかというとオタクっぽい店員だったのがちょっと意外だった。
長身の女と、ヒョロガリな男がメリケンサックと指錠だけを買っていくというのは店員からどう見えているのだろうか。
今からこのモヤシくんはメリケンサックでKOされるのかな?などと思われているのだろうか。
もしかしたら私たちのように、打撃用の武器や拘束具を買いに来るカップルは多いのだろうか。
そんな事を考えつつ、ヒロシが会計を済ませるのを待っていた。

「お待たせしました」
「じゃあ行くわよ」
ヒロシが店員から商品の入った袋を受け取ると私たちは次の場所へ向かった。アーミーショップからほど近いホテルだ。
プレイをするのに特に部屋へのこだわりはないので空いている部屋を適当に選ぶ。案内に従って入った部屋はベッドと浴室、トイレなど必要最小限なものが揃っているだけのシンプルな空間だった。

「早速だけど服、脱ぎなさい」
「はい」
「パンツは穿いていていいわよ」
他の調教の場合は全裸にする事もあるのだけど、それは射精を期待させる調教をする時のみ。今回は打撃系の格闘プレイという事で、射精は最初から視野には入れていないという意味も含め、パンツだけは穿かせる事にした。
全裸になったヒロシの体はやっぱり貧弱で、うっすらあばらが浮き、腹は中年そのものでだらしなく垂れていた。本当にサンドバッグとして耐えられるのか、という疑問もあったけれど本人がして欲しいというのだから、耐えてもらうしかない。

「確認だけど顔も殴っていいの?」
格闘プレイで注意しなければならないのは殴ったり蹴ったりする箇所だ。大怪我につながるという事もあるけれど、場所によっては痕が残らないようにするのも格闘プレイを行う上で気をつけなければいけない。
特に顔は痕を隠しようがない。仮に包帯などで覆ったとしても、他の箇所より目立つので周りに心配されてしまう度合いが高い。
いくらサンドバッグにされたいといっても、第三者に怪しまれたり病院沙汰になるような怪我をさせてしまうのは避けるべきだと考えている。
「今日から一週間連休なので多少なら大丈夫です」
一週間で痕がひく程度なら問題ないという事で、話はまとまった。

「じゃあ始めるよ。早速メリケンサック使ってもいいよね」
「お願いします」
私はさっき購入したメリケンサックを取り出し、指にはめた。思っていたよりもずっしりと重く、存在感がある。
私は握りしめる部分を指の付け根辺りにあてがい、第一関節から折り曲げつつ巻き込むように握りしめた。そうする事で、メリケンサックがより手に馴染み威力が増す。
とりあえず使い勝手を試すのに不意打ちでヒロシの腹をパンチしてみた。
「うぐっ!」
油断していたヒロシの口から情けないうめき声が漏れる。そして同時に前屈みとなり腹を押さえていた。
「まだ一発目よ?こんな事でギブアップしないでね」
「もちろんです…もっと殴ってください。顔も大丈夫なの…でっ…グフッ!」

言い終える前に今度は顔を裏拳で殴ってやった。普通のパンチに比べて裏拳は肘と手首のスナップを利かせるだけなので、殴りやすい。メリケンサックを着けているだけあってそこそこの威力も出たようだ。
痕が残りにくいように比較的肉の多い頬辺りを殴ったものの、喋っている最中だった事もあり口の中を切ったのか、口から血を吹き出し苦しんでいる。
「あはは、こんなんで血吹き出すとかマンガみたいな奴だね!」
その様子が滑稽過ぎて思わず笑ってしまったと同時に私のSのスイッチがさらに入ってしまった。
「次はもっと本気でいくからね!」
そう言って私はヒロシの喉元を左手で押さえながら腹に本気のパンチを繰り出した。
ドス!
ドス!
ドス!
メリケンサックがヒロシの腹にめり込むのがわかった。
「うぐぐ…」
喉元を押さえているせいでヒロシはまともに声も出せない。殴るたびにえずくような喉の動きが左手に伝わってくる。10発ほど連続して殴った頃だろうか、えずきが痙攣に変わったところで左手を離し、一度解放した。

「おう゛ぇ、おう゛ぇ」
ヒロシは胃液を吐きながら前のめりに倒れ込んだ。胃液は口内の血と混じり合い、まるで血反吐のようだった。
「おい、サンドバッグ。この程度で休むんじゃないよ!」
私は意識を失いかけているヒロシの髪を掴み、顔を上げさせると再度裏拳で何発か顔を殴ってやった。
「あ゛…あ゛…、はぃ…」
まだなんとか意識のあるヒロシに今度はメリケンサックと一緒に買った指錠をはめてやる。吐き気と呼吸が落ち着くまで待った後、私はヒロシを再び立たせた。

「じゃあ再開だね。しっかり立ってんのよ!」
後ろに手を回した状態で指錠をはめたヒロシ。手の自由を奪うだけで防御力はかなり下がる。ほぼ無防備状態でどこまでパンチを受けられるのか、とても楽しみだった。
まずは腹に連続で叩き込む。ほぼ無防備とはいえ、さっきみたいに呼吸は封じていないので耐久力はあるようだ。ふらつきながらも足で踏ん張り打撃を受け止める様にS心をくすぐられた。
時折顔にもパンチを食らわせてやる。リズミカルに殴ると予測で身構え防御するので、あえてリズムを狂わせて殴ってやると「おげっ」とマヌケな声を出すのが面白い。
15分くらい殴り続けただろうか。私も疲れてきたところでその手を止める。
ヒロシの腹は赤黒く変色し、その至るところにメリケンサックの痕が残っていた。顔面は少し手加減したもののやはり若干腫れていた。

「今日はこれくらいにしておいてあげる」
「ありがとうございます…」
格闘プレイの終わりを告げるとヒロシはその場に崩れ落ちた。ヒロシも限界だったのかもしれない。私は指錠を外して解放してやった。
「腫れてるところはちゃんと冷やすのよ」
と、あらかじめ持参していたアイシングスプレーで腹と顔を冷やし、ホテルのフロントで氷を手配した。
「今日はそれなりに楽しめたわ。またストレス発散したくなったら会いましょ」
そう伝え、私は先にホテルを出た。その後、ヒロシとは3回ほどこのような格闘プレイを楽しんでいる。

格闘プレイでメリケンサックを使ったのはヒロシとのプレイが初めてだったけれど、素手やボクシンググローブで殴るのとは違った感触で新鮮だった。
ただ、威力が高いので肉付きの薄い場所を殴ってしまうと骨折の可能性もあるので注意が必要。
また、プレイの前に食事は厳禁。だって、プレイ中に殴られた拍子で食べたものを全て吐き出したらプレイが台無しになるでしょ?極力胃の中は空っぽの状態で格闘プレイに臨むのがベストだと思う。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました