引っ張っても垂らしても挟んでもOKな舌責め調教

M調教プレイ

人間は他の動物と同じように食べ物を食べる際に舌を良く動かすものです。

それは胃に食物を流し込むためだけではなく、味覚情報を脳に送って、料理がもたらしてくれる美味という快楽を味わうためです。

そしてその舌、またはベロとも呼ばれる器官には、実に多くの神経が通っているのです。

中でも舌の前方を占める三文の二近くの神経は、普段から料理を味わうなどのために集中して用いている部分であるため特に敏感です。

よってここを弄るという行為は実は、同じように神経が多く通っていて敏感な性器を弄ることに等しい行為であると言えるのです。

このことをよく知っている人物の多くは、舌を使ったプレイを好んで行う傾向があります。

たとえばディープキスやベロチュー、舌責めなどのプレイは舌で感じやすい男女が最も好むプレイではないかと思います。

特に舌責めというのはその言葉自体がマニアックなためにあまり知られていないもののようですが、一度ハマるとそれがなければ満足できないほど気持ちの良いものとされています。

そこでここではそんな舌責めプレイの世界に注目し、具体的に舌責めプレイ、舌責め調教を楽しむための方法を、マゾ男性向けにじっくり解説していきましょう。

舌を引っ張る拷問調教

舌を抜くという言葉があるように、人間の舌は引っ張ればまるで抜き取ることができるような構造をしているように見えます。

実際は舌を抜き取るなどということはまず不可能なことですが、実際に舌を強く引っ張られるのは、本当に抜き取られてしまうんじゃないかと不安になるくらいに恐ろしいことです。

なのでそのような不安や恐怖を自ら望んで受ける者など普通は居ないはずですが、ことマゾ男に至ってはそのような恐怖や不安を信頼している女王様から与えられることに興奮してしまうことが多々あるようです。

舌を引っ張られると痛みはもちろん嘔吐感を味わい、しかも会話ができないため情けなく鳴くことしかできなくなります。

まさにその様は家畜以下のような扱いで、この人間として扱われないような感覚に強い快楽を感じる変態マゾがSM業界には居たりする点、とても興味深いところではありますね。

舌に蝋燭を垂らしたら

SM業界で用いられる蝋燭というのは、素人が理解しているような普通の蝋燭を指すことはありません。

普通のホームセンターなどで大量に市販されている蝋燭は、火をつけて溶けた蝋も、まるで沸騰しているかのように熱いものです。

そのためこれを用いてSM調教をするようなことはまずあり得ないことで、実際にそんなことをしている人物が居たとしたら、それはSMについて全く知識のないド素人と見なしていいでしょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました