チンコを縛って射精我慢プレイの注意点

M調教プレイ

射精管理は射精なんていつでもできるという常識が覆される調教です。

自分の体なのに他人に任せなければなりません。

でもS女、M男にとってはなくてはならない調教です。

緊縛はSMの代名詞ともいえるほど、世間一般にも浸透しています。

そしてSMが好きな人の間でも緊縛は特別なものとして人気があります。

ですが、人体は縛られるようにはできていないので、適当に縛るとうっ血したり、神経を痛めたりなど怪我をしてしまう可能性もあります。

緊縛をする前にどのように縛ったらいいのか、安全な緊縛の仕方を知っておきましょう。

そして、M男ならチンコに緊縛したい、されたいと思いますね。

S女はチンコ緊縛をして射精をできないようにしたいと思います。

射精の原理として、玉袋の中で精液が作られ、そこから精液が送られてチンコを通り、チンコの先から飛び出します。

なので、玉袋の根元を縛ると射精がしづらくなります。

これで射精我慢をさせられると長時間我慢できます。

しかし、刺激され射精したくてもできない、玉も竿もパンパンに膨れている状態が長時間続くのはあまり良くありません。

血流も滞るので、うっ血し変色もし、最悪壊死してしまいます。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました