拳挿入の精悍さ!M男性を調教したアナルフィストまでの道!~Lord to Analfist~

M調教プレイ


アナルフィストといえばアナルマニアなら誰もが憧れる拡張の最終形態ですよね。アナルは好きだしアナルプレイもした事はあるけれど、アナルフィストまでには至らない、というM男性は多数いる事でしょう。
その理由はアナルフィストまでの課程がとてつもなく長いから、という事に尽きるでしょう。

私のところにもアナル拡張をしてください、とやってくるM男性はたくさんいるけれどアナルフィストできるまで続けられたのはほんの一握りです。

それだけ、アナルフィストを経験するという事は覚悟と根気と時間が必要というわけ。

でも、逆に言えばアナルフィストができるまで拡張できた時の達成感や悦びは半端なものではありません。

アナル好きのS女性たちにも一目置かれますし、M男性のステータスとしては最高クラスのものになるでしょう。

そんなアナルフィストですが、興味のある人にとっての疑問といえば、

「どんな課程で行うの?」

「どれくらい期間がかかるの?」

という事ではないでしょうか?

そこで、今回は以前私が調教したM男性の中から、アナル未経験からアナルフィストが出来るまでに調教した、【義男・40歳(仮名)】の話を元に、アナルフィストまでの道のりを詳しく解説していきたいと思います。

アナル未経験のボクはまず何をすればいいの?


先に紹介した通り、義男はアナル未経験でした。興味はあるけれど自分でするのは怖い。というより何をどうしたらいいかわからない、という事で私の元へやってきたのです。

そんな義男にまず私が教えた事は、

・アナル洗浄の方法

・アナルマッサージの方法

です。

えっ?アナル拡張するならバイブとかディルドとか挿入しないの?と思われるかもしれませんが、まずは道具を挿入する前の下準備が大切です。
拡張の最中に便意を催さないようにするためのアナル洗浄、スムーズに挿入・拡張へ移るためのマッサージは、どちらも今後アナル拡張を行う上で欠かせない重要な作業となります。

また、アナル拡張は定期的に行わなくてなりません。さすがに毎日はやりすぎですが、1週間に1,2度のペースで行うのが理想的です。そうなると毎回私が拡張を行う事ができないので、セルフ拡張の必要性が出てきます。

アナル拡張に勤しんでいる人のほとんどは時にS女性にお願いする事はあっても普段は自分で行っているはずです。

こういった事からまずは義男がセルフで拡張を行うためのプログラムを考えました。それが以下の通りです。

・休日の土曜か日曜のどちらかに拡張日を設ける

・時間と体力に余裕があれば水曜日も拡張を行う

・拡張の際はアナル洗浄とマッサージっを必ず行い、直径2~3cmのプラグを30分~1時間挿入する

・痛みを感じたらすぐに中止する

最初の一ヶ月はこのプログラムを実行するように指示をしました。彼と同じく未経験の人はここから挑戦してみるといいでしょう。

アナル拡張1ヶ月~半年:この間は怪我に注意


初めてのアナル拡張から1ヶ月後。義男はセルフ拡張にだいぶ慣れたようでした。2~3cmのプラグはどうだったかを聞くと、

「最初は2cmで精一杯だったけれど、後半になって3cmのプラグも入るようになりました」

との事。

拡張は順調に進んでいるようだったので次のステップに移ります。

・3~4cmのプラグを使って拡張する

・プラグ挿入の時間を2~3時間にする

前回のプログラムよりプラグの太さをランクアップさせ、挿入の時間を延ばしました。

最初の1ヶ月で3cmのプラグが入るようになるなら半年あればもっと太いものが入るのでは?と思うかもしれませんが、無理は禁物です。

どうしてもこの期間はアナル拡張に慣れてくる事もあり、もう少し頑張ればもっと太いプラグも挿入できるかもしれないと考えがちになります。その結果アナルを傷つけ、逆に拡張の進捗を妨げてしまうのです。

とはいえ、時にはこのようなアクシデントも経験値の一つとして必要な事だとも言えます。

子供だって自転車に乗れるようになるまでに何度も転んで怪我をする上でコツをつかんで上達していきますよね。それと同じで、最初はサイズの加減がわからず時に出血してしまう事もあるけれど、その課程で自分のアナルの状態やどれくらいの太さのものが入るかといった加減をつかむ事ができます。

ただし、出血した際は適切な処置が必要です。すぐに拡張を中断し、必要なら軟膏などの薬を塗って最低でも一週間は拡張を休むようにしましょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました