M男と女王様の露出プレイ体験

M男調教体験談・告白

静岡県湖西市の宿泊施設で男女約120人が「乱交パーティー」

こんなニュースを見て思い出したので、体験談を投稿させていただきます。
これは乱交パーティーではないのですが、衆人環視の中、女王様から屈辱の野外調教をされた時の話です。

「今日からお前はチン太ね」

僕は女王様に雄犬として調教されていました。
経緯を語ると長くなるので割愛しますが、簡単に言えばネットで知り合い、雄犬奴隷にしていただいたという流れです。

調教では全裸に首輪、アナルには尻尾型のプラグ。これが雄犬の正装でした。

「お前は犬なんだから人間語は喋るんじゃないわよ」
「犬が二足歩行するわけないでしょ?四つん這いとお座り、チンチンポーズがお前に相応しい姿勢よ」

正装だけでなく当然犬らしい振る舞いも強いられます。もし少しでも人間らしい振る舞いをしてしまうと、厳しい罰が待っていました。

 

「オナニーしてもいいと言ったけれど誰が手を使えと言った?犬が手を使ってするわけがないわよね?罰として一ヶ月射精禁止ね」

「は?射精しちゃったの?本能丸出しのクソ犬は躾をしないとね」

犬の僕は人間のように手で射精するのは御法度。勝手を知らなかった最初の頃は射精制限の罰を受けた事もありましたし、それでも射精してしまった時には躾として鞭打ちの刑に処されました。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました