睾丸責め・玉責めの危険性と痛みについて

M調教プレイ

女王様からのお仕置きによる、痛みを伴なった金玉への躾け。
受ける痛みを快感へと変換できるM男にとって、金玉と言う男の急所へのアプローチは女王様を喜ばせる上でも最上級のリアクションを取れると確信しています。
ですが金玉と言えば睾丸。睾丸と言えば人間の雄が繁殖し子孫を残すために重要な器官である事は議論の余地がありません。
ここへの攻撃はどれだけ危険か、睾丸を扱ったプレイに潜む危険とリスクは何なのか、特に女王様や女性に向けて知って置いてほしい重要な事柄をまとめました。

精巣の損傷

外部からの衝撃で、精巣、つまり金玉は簡単にぶっ壊れます。
分厚い皮膚に覆われ、内部では多数の膜によって守られてはいるものの、骨で守られていない分許容範囲を超える衝撃が加わると簡単に壊れてしまいます。
精巣が損傷するケースとしては、スポーツ中の激しい運動時やバイクでの交通事故が主な原因として挙げられますが、
SMプレイにおいても弾みで思わぬ事故を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
女性の力だったとしても、ヒールで踏みつけられたり不意に体重がかかった際には十分精巣の損傷と言う事態は起こりえます。

仮に精巣が損傷してしまった場合、陰嚢が内出血により赤黒く腫れてすぐに気付くことが出来ます。
内出血は陰嚢だけにとどまらず、肛門や陰茎まで広がる事もあるので下半身の違和感を感じたら腫れや色の変化を確認してみましょう。
見た目に現れなくても、下腹部に鈍い痛みが残ったり、頭痛は吐き気なども引き起こす事もあるそうです。
一時的でなく、長期にわたって痛みが続くようであれば、すぐに医師の診察を受けましょう。
病院では泌尿器科を受診し、どこを、どういう衝撃を受けたのかしっかりと説明してください。

なぜ激痛が走るのか

痛みの表現は様々ありますが、男性が感じる痛みの中で一番受けたくないダメージが睾丸です。
なぜここまで痛みを感じてしまうのか、そのメカニズムを見ていきましょう。

脳への伝達が早い

睾丸が衝撃を受けてから痛みとして脳に伝達されるまで、時速約460キロのスピードで情報が届くそうです。
痛みとして認識し、いち早く防御態勢を取ることで次に来るかもしれない攻撃を防ぐためである説がありますが、
むしろ膝から崩れて身動きが取れないほどの激痛で、無防備になってしまう事の方が多いです。

感覚神経が密集している

睾丸を含めて男性の股間には感覚神経が集まって出来ている分、
外部からの衝撃には敏感になっている事から非常に強く濃厚な痛みを得てしまうのです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました