M奴隷に着せたい!羞恥心引き立つ恥ずかしい女装向け下着特集!

M調教プレイ

私のところには「女性として奴隷調教してください」という奴隷志願者が結構多くやってきます。

最近巷では男の娘が流行っていたり、カメラで撮影するだけで女性に変換できるアプリが話題になっていたりと女性化に興味をもつ男性が後を絶ちません。しかし女性化願望のあるM男と一言で言ってもその形態は千差万別。

フルメイクに長髪のウィッグも着けて完全女装姿でやってくるM男もいれば、化粧はせずに服装だけ女性ものを身につけているM男もいます。
その中でも一番多いのが服装や顔など見た目は完全に男だけど、服を脱いだら女性ものの下着を身につけているという下着女装のM男。
完全に女装するのは恥ずかしいけれど、誰かに見られるわけでもない下着だけなら…と考える人が多いのでしょうね。

それはそれで構わないのだけれど、S女の視点から言わせてもらうと残念な事が一つ。
それは下着女装のM男はお世辞にも下着のセンスがいいと言えない事。
何故かイ○ンやラ○フの2階で売っているようなベージュの下着を身につけてくるM男が圧倒的に多いのです。冬場なんかはその上からいわゆるババシャツを着てくるM男も。

センスがないと書きましたが、嗜好は様々なのでベージュの下着やババシャツが純粋に好きならいいのです。
「母が昔着ていた姿が忘れられなくて」とか、「この肌触りに興奮するんです」って人もいるでしょうからね。

だから一応私も訊くわけです。

「なんでベージュなの?好きなの?」

「ババシャツに思い入れでもあるの?」

って。

すると大体こんな答えが返ってきます。

「どんなのを買えばいいかわからなくて、とりあえず近所で売ってたものを買ってきました」

「寒かったので着てきました」

ここまで読んで自分の事かも…なんて思った人もいるのではないでしょうか。

少し考えてみてください。

憧れの女王様からご褒美に下着を見せてもらえるとなった時、それがベージュの下着だったり寒いからとババシャツを着ていたらちょっと残念な気分になりませんか?

それと同じで、S女としてもM奴隷が調教の時、どんな下着を着けてるのかなというのは楽しみでもあるのです。

そもそも適当に選んだ下着で自分自身のテンションは上がるでしょうか?
もしかするとテンションは女王様が調教の中で上げてくれるものでは?と思っている人もいるかもしれませんが、そういうのはSM倶楽部でお願いすればいいと思います。

女性化調教において、下着の役割はとても大きいものです。こだわりの下着を身につけて調教に臨んだ方が確実にテンションもモチベーションも上がるでしょう。

とはいえ、どんな下着を選べばいいかわからないという人にとっては、女性化調教を受ける上で一番最初につまずくポイントでもありますよね。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました