M奴隷に着せたい!羞恥心引き立つ恥ずかしい女装向け下着特集!

M調教プレイ

私のところには「女性として奴隷調教してください」という奴隷志願者が結構多くやってきます。

最近巷では男の娘が流行っていたり、カメラで撮影するだけで女性に変換できるアプリが話題になっていたりと女性化に興味をもつ男性が後を絶ちません。しかし女性化願望のあるM男と一言で言ってもその形態は千差万別。

フルメイクに長髪のウィッグも着けて完全女装姿でやってくるM男もいれば、化粧はせずに服装だけ女性ものを身につけているM男もいます。
その中でも一番多いのが服装や顔など見た目は完全に男だけど、服を脱いだら女性ものの下着を身につけているという下着女装のM男。
完全に女装するのは恥ずかしいけれど、誰かに見られるわけでもない下着だけなら…と考える人が多いのでしょうね。

それはそれで構わないのだけれど、S女の視点から言わせてもらうと残念な事が一つ。
それは下着女装のM男はお世辞にも下着のセンスがいいと言えない事。
何故かイ○ンやラ○フの2階で売っているようなベージュの下着を身につけてくるM男が圧倒的に多いのです。冬場なんかはその上からいわゆるババシャツを着てくるM男も。

センスがないと書きましたが、嗜好は様々なのでベージュの下着やババシャツが純粋に好きならいいのです。
「母が昔着ていた姿が忘れられなくて」とか、「この肌触りに興奮するんです」って人もいるでしょうからね。

だから一応私も訊くわけです。
「なんでベージュなの?好きなの?」
「ババシャツに思い入れでもあるの?」
って。
すると大体こんな答えが返ってきます。
「どんなのを買えばいいかわからなくて、とりあえず近所で売ってたものを買ってきました」
「寒かったので着てきました」

ここまで読んで自分の事かも…なんて思った人もいるのではないでしょうか。
少し考えてみてください。

憧れの女王様からご褒美に下着を見せてもらえるとなった時、それがベージュの下着だったり寒いからとババシャツを着ていたらちょっと残念な気分になりませんか?
それと同じで、S女としてもM奴隷が調教の時、どんな下着を着けてるのかなというのは楽しみでもあるのです。

そもそも適当に選んだ下着で自分自身のテンションは上がるでしょうか?
もしかするとテンションは女王様が調教の中で上げてくれるものでは?と思っている人もいるかもしれませんが、そういうのはSM倶楽部でお願いすればいいと思います。
女性化調教において、下着の役割はとても大きいものです。こだわりの下着を身につけて調教に臨んだ方が確実にテンションもモチベーションも上がるでしょう。

とはいえ、どんな下着を選べばいいかわからないという人にとっては、女性化調教を受ける上で一番最初につまずくポイントでもありますよね。

そこでS女の私がM奴隷に着せたい女性化調教、女装プレイにピッタリの下着をいくつか紹介したいと思います。

ベビードール

ベビードールはワンピースのようなふんわりとしたシルエットが特徴的な下着です。露出度は少なくなるもののナイロンやポリエステルなどの透け感がある素材で作られているものも多く、チラリズム的なエロティックさを感じさせてくれます。
また、刺繍やフリル、レースがふんだんにあしらわれているデザインは女性らしい可愛さを演出できるので、キュートでありながらどこかエロティックさが感じられる小悪魔的な女性に変身したいというM男にはオススメの下着です。
清楚な雰囲気を醸したい時は白やピンクを、小悪魔的要素が強い方が好みであれば赤や黒、紫といったカラーを選ぶとより印象が引き立ちます。

ガーターベルト

ガーターベルトは元々、太ももまでの長さのストッキングがずり落ちないようにするために作られた実用的なアイテムでしたが、パンティストッキングが一般化した現在では、本来の必要性は低くなりました。
その代わり、パンティとストッキングの間の太もも部分の素肌、いわゆる絶対領域が強調される事からセクシーな雰囲気を演出するために用いる事が定着しています。
女王様が身につけている高貴な下着というイメージも強いので、M男の分際で手を出すのはおこがましいと感じる人も多いかもしれませんが、個人的にはあまり気にしませんし、どうしても気になるようなら白やピンクといった女王様があまり身につけないものを選ぶといいでしょう。

ちなみにカタログの写真などでは下着の上からガーターベルトを装着しているものが多いですが、これは見栄えを良くするためで、実際はガーターベルトとストッキングを着用してから下着を穿くのが正しい装着方法です。

スリーインワン

スリーインワンはブラジャーとウエストニッパーとガーターベルトが一体化したもので補正下着の一種です。
胸回りの肉をバストに集め、なおかつウエスト部分を引き締める効果があるので、これ一着で女性らしい体つきを手に入れる事が可能です。
男性が胸の谷間を作る時は基本的にパットを利用するだけに、自分の肉で胸を作る事ができるというのは女性化希望のM男にとっては嬉しいポイントではないでしょうか。
ただし、ぜい肉の少ない細身のM男だとあまり恩恵がないので、このスリーインワンはだらしないボディのM男向けといえるかもしれません。
こちらもガーターベルトと同じく女王様が身につけるイメージがあるので、気になる人は選ぶカラーに気をつけましょう。

穴あきパンティ

恥ずかしい下着の代表格といえばやっぱり穴あきパンティでしょう。M女性に穿かせても十分恥ずかしいですが、女装希望のM男に穿かせるともっと恥ずかしい事になります。なぜなら穴からチンチンがはみ出てしまうから。
女装しているのに男の象徴であるチンチンがはみ出るなんて、恥辱的ですよね。そんな姿を女王様が見つけたら放っておくわけがありません。
「パンツからでっかいクリトリスが丸出しじゃない。貴女のクリトリスは何でこんなに大きいの?」
なんて言葉責めでさらに羞恥心を煽ってもらえるはずです。
バックの方まで穴が開いているものなら、お気に入りの下着を身につけたままペニバンでアナルマンコを犯してもらうという事も可能ですよ。

偽膣パンツ

女性になってみたいという願望をもつM男なら誰でも一度は膣が欲しいと思った事はありますよね。そんな願望を現実のものにできるのがこのこの偽膣パンツです。
下着で行える女体化調教の究極と言ってもいいでしょう。下着というジャンルではありますが、見た目は膣が丸見えなので、これまで紹介した下着とは違った興奮やはずかしさがあります。
種類によってはパンツの中にペニスを収納できる筒がついていて、その先端がチューブで膣の上の尿道口に繋がっており、排尿できるタイプのものもあります。

私はこの偽膣パンツを女装したM男に穿かせて鏡の前に立たせた事がありますが、自分の股間に膣がある事を目にするだけで、自分は女性だという実感が強くなったといいます。まさに「女性として調教してほしい」というM男にはピッタリの下着と言えそうですね。

以上、M奴隷に着せたい女装向けの下着を紹介させてもらいました。身に着けてみたい下着はありましたか?
下着については女王様から調教の際に指定される事もあるかもしれませんが、そういう場合でない限りは自分が身に着けてみてドキドキワクワクするものを選ぶようにしましょう。
SM調教にはイマジネーションも大切です。自分好みの下着を選ぶ事が自分の理想の女性像になりきるためのイメージを膨らませる事に繋がるのです。
店頭で買うのに抵抗があるようならインターネットでもたくさん売っているので、是非自分好みの女装下着を探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました