アナル調教や拡張による体の影響とリスク

M調教プレイ

M男ならばアナル調教やアナル拡張、前立腺マッサージなどのプレイに一度は興味を持ったことがあるでしょう。
楽しく安全にプレイする上で、アナルに対する注意すべき点や影響、リスクは多く、理解しないままに行うのは危険です。
今回はそんな危険を伴うアナル周りのプレイに関して、体に現れる影響やリスクなどまとめてみました。
すでに開発済みだったり日頃プレイに取り入れている方も是非ご覧あれ。

身体への影響

アナル拡張やアナルオナニー、前立腺への刺激によって引き起こる危険性、リスク、体に表れる影響などは様々。
ここで挙げるリスクや影響について十分に把握して最低限の知識を持ったうえで行いましょう。

肛門の弛緩

アナル拡張によって、数日間は肛門の締まりが緩くなります。
どの程度拡張しているかにもよりますが、アナルでのオナニーやアナルセックスなど、ハードなプレイであれば数日は緩んでしまいます。
日が経てば肛門の締まりは元に戻るので緩みっぱなしになるということは無いのですが、その間は下痢やオナラの我慢がし辛く、漏れてしまう事もあります。
腸内の菌のバランスにも影響し、体調や肌のコンディションなどへも変化を起こす場合があります。

直腸の脱肛

アナルが弛緩すると、直腸がアナルから露出した状態となり、いわゆるアナルローズの状態になります。
本来体の中にあるべきデリケートな内臓が、外に丸出しとなっている状態なので衛生的にも良くありません。
脱肛した際は指で優しく押し戻すなど、肛門の力ではもとに戻らない事もあります。

また通常のオナニーやセックスでのオーガズムと違って、前立腺への刺激は最初こそ何も感じない部分ではありますが、拡張によってアナル性感が開花するととても強い性感帯へと変わります。
オナニーやセックスでは得られない高い快感にハマり、依存してしまう人も多いので依存性に関しても注意が必要です。

直腸の拡大

先述のアナルへの依存にある通り、太いディルドや長いアナルプラグなどの挿入を繰り返していると、確実に直腸も緩くなり広がっていきます。
アナルと違って直腸の緩みはすぐには戻らず、ウンチも直腸の拡大によって太くなっていきます。

勃起し辛くなる

アナル性感での強い快楽に依存し、アナルでオナニーやアナルセックスばかりをしていると勃起不全になる可能性があります。

ホルモンバランスの影響

アナルで得られる快感は前立腺による刺激が大きく、時間を掛けて開発していくことで性感帯となっていきます。
定期的なマッサージや拡張で次第に変化を感じるようにはなりますが、上記でも書いた通りペニスを刺激するオナニーとは違う強い快感を得られます。
前立腺で得られる快楽は女性による絶頂時と同じ仕組みで、この時分泌されるホルモンバランスも通常の男性の絶頂時とは異なるため体に悪影響を及ぼすそうです。
人によって程度は個人差がありますが、ホルモンバランスが崩れた状態が続くと体調不良や肌荒れなど健康面にとってはマイナスです。
またオーガズムや射精しても性欲が中々収まらない性欲多寡になり、常にオナニーをしていたいなど精神衛生上も良くない事を引き起こします。

前立腺炎

前立腺への刺激を求めるあまり、強く圧迫したり摩擦を長時間繰り返すことで炎症を起こしてしまいます。
オナニーよりも得られる快感が大きいため、興奮したりテンションが上がったりなどして、より快楽を求めるようになると乱暴になりがちです。
もともとアナルや腸内には摩擦や圧迫には高い耐性が無いためすぐに組織が傷つき炎症を引き起こしてしまいます。
一度炎症が出ると、腸内にある分治るのにも時間がかかります。
アナルや前立腺を休ませるクールダウンの期間が必要ですが、アナルオナニーやアナルセックスに依存している場合は前立腺のコンディションよりも快楽に溺れて炎症をさらに悪化させてしまうリスクがあります。

切れ痔のリスク

まだ拡張もしきらないうちに太いディルドやアナルプラグなどを無理に挿入しようとすると裂傷を起こし、傷口からの細菌感染、切れ痔や炎症など様々な症状を引き起こします。
特に痔は市販の薬でも治る事もありますが、慢性化してしまうと症状が悪化し、痔瘻という病気になったりガンの原因にもなります。

心・精神への影響

アナル開発などによる影響は、体の変化だけではありません。
心にも変化を与え、それが体にも表れるパターンもあります。

メス化

先述の通り、前立腺への刺激によって分泌するホルモンのバランスが崩れる事があります。
これによって女性ホルモンが男性の体内に大量にある状態だと、心と体にも女性化の反応が現れます。
ニューハーフの方が使う女性ホルモン剤の投与のように顕著に表れる事はあまりないようですが、以下のような変化が起こります。
・女性的な顔つき
・不妊、性機能の低下
・筋力、体力、肝機能の低下
・身体の柔軟性が上がる
・体毛の変化
・乳房のふくらみ

ペニスでのオーガズムを長期間行わないなどの性機能の放置を行うと、ペニスの縮小や性機能の低下も現れます。
また、M男性によく起こるのはアナルへの挿入によって「犯されている」という感覚にも性的興奮を感じるようになり、ホンモノのペニスを挿入したい願望や男性が好きになるなど後天的に男色になる事もあります。
他にも、女装や女体化へのあこがれや、乳首への性感帯開発の拡大、可愛いものが好きになったり仕草が女性らしくなったりなど性格や考え方、言動にもメス化が現れます。
男性器の挿入へ発展した場合、性病にかかるリスクも増えるのでコンドームの着用にも気を配らなければなりません。

アナルへの依存

アナルでのオナニーやセックスでの快感は依存性があり、挿入物の太さ・長さがエスカレートしていく傾向があります。
前立腺を刺激するだけでなくもっと直腸内の奥深くに届く長さのアナルプラグや太いディルドを求めるようになり、その分アナルにかかる負担は大きくなります。

私生活への支障

前立腺によるアナルオナニーやアナルセックスを繰り返すと、椅子に座ったり自転車や車に乗った時などでも快感を感じてしまうほど敏感になります。
それによって勃起や射精までには至りませんが、日常生活で唐突に快感がやってくると意識が散漫になり集中力の低下など悪影響があります。

予防策

アナル開発による体への影響の回避や症状を最小限に抑えるために、いくつか効果のある予防策を紹介します。
ここまでに書いた症状や変化を完全に防ぐすべはありませんが、気持ちの抑制

通常のオナニーで射精する

先にも書いた通り、ペニスは使わないと縮小して生殖器としての機能が弱まります。
男の体や性を保ちながらアナルでも楽しみたい場合は定期的なペニスでのオナニーまたはセックスで男性ホルモンを活性化させましょう。

アナルの十分な休息

アナルの拡張には時間がかかります。前立腺の開発にも時間はかかりますが、だからと言って毎日毎日開発に明け暮れたりすればそれだけアナルにかかる負担は大きくなります。
痛みや違和感を感じた時はもちろんですが、数日間の適度な休息を取り、無理のないバランスで楽しみましょう。

骨盤底筋のトレーニング

アナル拡張後は確実にアナルは緩くなります。
肛門括約筋という筋肉が弛緩する事で脱肛やウンチが漏れてしまう原因になるのですが、骨盤底筋を鍛える事でも改善は出来ます。
骨盤底筋とはペニスの根元にある筋肉で「PC筋」とも呼ばれる事もあります。
ここを鍛えると、連動して肛門括約筋も鍛える事が出来、肛門の引き締めはもちろん勃起状態の維持などにも効果を発揮します。

トレーニング方法は、4秒間肛門に力を入れ続け、3秒緩めるのを1セット。
毎日10セット繰り返すだけの簡単な動作で出来ます。
効果のほどは、勃起したペニスを力を入れれば上下に動かす事が出来れば、骨盤底筋・肛門括約筋ともに十分なトレーニングが出来ていると言えるでしょう。
このトレーニングでは老化による尿漏れなどにも効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました